バイト

高校生でバイト禁止の学校ってあるけど、なんか違うでしょと思う。

高校生って色々お金が必要になってくるような時期なんですよね。

高校生になると、新しい服だって欲しいし、レジャー施設に遊びに行きたい!なんて人も実際たくさんいるのではないでしょうか?

 

しかし、その一方で「高校生のバイトは禁止」となっている高校も多いんですよね。私が通っていた学校も高校生のバイトは禁止でした。

まあ、実際にはマクドナルドとかでこっそり働いている人はいましたけどね……。先生が来店して、「ベーコンレタスバーガーセット1つ」と注文されたという面白いエピソードが忘れられない……。

まあ、でもさ、高校生は勉学に励むべきだ、みたいな人はいるんですよね。

でも、本当にそうなのでしょうか?高校生はなぜバイトが禁止なのでしょうか?なんか違うと思うんですよね。

なぜ高校生はバイトが禁止なのか?

 

そもそも、高校生でバイトが禁止のところって多いのですが、なぜでしょうか?私立とかだと特に高校生はバイト禁止にしている人が多いんですよね。

 

まずはその理由から。

①バイトをすると勉強出来ない

 

高校生がバイトを禁止されている理由としてまずはこれがあると思うんですよね。高校生って期末テスト等があるものなんですよね。

 

でも、バイトをしていると、そういう時期にバイトをしなければいけない事もたくさんあるんですよね。高校生が多くバイトをしているようなところだと、

 

同じような時期にテストがある事が多いので、勉強をしたくても、バイトに行かなければいけない事だってあるんですよ。

 

もちろんこれには正しい面もあると思うんです。ただ、バイトを禁止された高校生はバイトの代わりの時間に勉強をしているのでしょうか?

「よし、バイトがないから勉強しよう」ってなる?高校生ってそんなに真面目だったっけ?違うよね。

きっとしていないと思うんですよね。だったら、気分転換のためには高校生でもバイトをしてみれば良いと思っているのです。

 

②責任が取れない

 

これもあると思いますね。高校生だと、どうしても仕事上での責任が親にいってしまうんですよ。自分で責任を持って働く事が出来る年齢に達していないために、

 

仕事上での責任問題が発生した時には責任を追う必要があるんですよね。

高校生って大人と子供の間いる存在だと思うんですよね。だからこそ、問題が1番起きやすいのもこの世代なのです。

 

でも、だからといって、高校生のバイトを禁止する必要性はないと思うんですけどね。

 

高校生は確かに大きな責任を取れるような年齢ではありません。しかし、だからといって「バイトはだめ!」といってしまうと、

きちんと働くのが大学生からになってしまうじゃないですか?

 

だったら、高校生の時からバイトをしてみても良いと思うんですよね。経験的にも高校生の時から働く事が出来るって大きいと思うんですよ。

③学校の評判が落ちる

 

これもあると高校生のバイトを禁止している理由だと思いますね。高校生って正直いって何をするのかわからないじゃないですか?

 

だからこそ、何かが起こってしまった時に学校の評判まで悪くなってしまうのです。

おたくの生徒さんはどうなっているんですか?◯◯高校の生徒はひどいですよ。」と言われてしまう可能性だってあるのです。

 

学校は評判というものを1番大切にしますからね。これを揺るがすような自体を起こしそうなものはなるべく排除したいのが学校なのです。

関連記事:もしも私が高校生だったらどう生きる?

高校生のバイト禁止は成長を止めている

 

これはあると思うんですよね。確かに高校生にバイトを禁止していれば、学校として心配事が少なくなるでしょう。

 

しかし、子供が成長出来るのか?といった側面から考えれば、高校生のバイトを禁止するのって何か違う気がするんですよね。

高校生でも出来るバイトだってたくさんありますし、自分の労働で稼ぐ事が出来るという事を認識する事が出来るので良いと思うんですよね。

 

高校生のバイトは禁止にしている学校が多いと思いますが、高校生はバイトをする事によって、色んな事を知るようになるんですよ。

 

お金とは何か?お金があるとどうなるのか?そういった事がわかるようになるのが、高校生のバイトだと思うんですよね。

そこから好きな事が見つかるという子供だっているでしょう。

 

実はバイトというものが大きな分岐点になる事だってたくさんあるんです。

関連記事:もしも私が高校生だったらどう生きる?

 

高校生はバイト禁止でも出来る仕事がある

 

ただ、そうはいっても高校生のバイトを禁止している学校においてバイトをしている場面を見つかってしまったりしたら、

大変だと思うんですよね。

でも、今ってバイトを禁止されている高校生でも出来るバイトってあるんですよね。

代表的な高校生でも出来る職業だとライターとか今は特におすすめしています。

 

クラウドソーシングとか良いですよね。ライターやプログラミング等の案件を受託する事で、

収入を得る事が出来るんですよ。誰でも簡単にお金を稼ぐことができるのです。年齢的な制限のないサービスもあるしね。

高校生ってバイトがしたい!といっても、そこまで高額な報酬が欲しいわけじゃないんですよね。10万円も月に稼ぐ必要がないわけです。

社会人にとっての1万円と学生にとっての1万円って価値が違いますから……。

 

だったら、クラウドソーシングで稼ぐ事も悪くないと思っているのですよね。

それに、クラウドソーシングで稼ぐと、「企業に属さずお金を稼ぐ方法」というものを知る事が出来ます。

普通のバイトだと、そういった事って出来ませんからね。

関連記事:LINEバイトが仕事選びの在り方を変える?

 

高校生でバイトが禁止されていても、出来る仕事って実はあるんです。

マクドナルドで働けば、社会で働くってどういうことなの?ということがわかるかもね。それはそれで素晴らしいことです。

でも、それ以上に「仕事に対する対価としてお金を稼ぐこと」を理解した方が良いと思うのです。

これからの時代はフリーランスや起業という選択肢が当たり前になってくる。そんな時代でどうやって生き残っていくのか。

そんなことを考えるためにも、クラウドソーシング等で働いてみれば良い。

関連記事:脱サラして起業するならプログラミングを学ぶべき。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。