仕事の悩み

「飲み会で説教をする上司の心理」を元サラリーマンが解説。

会社に所属していると、どうしても飲み会にいかなければいけない時ってあると思うんですよね。そんな時って、やっぱり上司というものがいるのです。

私も上司との飲み会ってよくいきましたね。前職の時に。

 

でも、こういう会社での飲み会に行くと、決まって説教が始まるんですよね。

「俺の時代はこうだった」「君たちはこうしていかなければいけない」そういった説教を飲み会でされる事って多いと思っているのです。

関連記事:ブラック企業に転職するのはあまりに非効率だと思う。

 

ただ、こういった飲み会での説教って正直、本当に面倒なんですよね。

そこで、今回は飲み会で説教する時の上司の心理について書いていきたいと思います。

 

 

部下より上でいたい

 

これってあると思うんですよね。飲み会で説教する上司って案外大した事がない人が多いんですよね。

会社内で「あの人は凄いな」と思う人のほとんどって部下に対して上から目線で話す事がないのです。でも、あれなんですよね。

 

だからこそ、部下より上でいたい!と思う普通の人は飲み会で部下に説教をする事で「俺の方が上だ」という事を部下に示すのです。

関連記事:上司が嫌いだからという理由で辞めるのは悪い事?

 

これって面倒なんですよね。飲み会って別に説教をされるために行くものじゃないじゃないですか?

会社にいる時に説教をされる事は別に良いと思うのです。でも、友好な関係を築く場であり、職務時間でもない飲み会の時に説教されてしまうと、

 

「なんでこんな時まで説教されなきゃいけないんだ」となるわけなんですね。

「あなたの説教を1時間も2時間も聞くためにビールを飲んでいるわけじゃないんですよ」と言ってあげたい。

 

こういう時って、上司としては「部下よりも上でいたい」という小さなプライドが出て来ている時だと思うんですよね。

上司だって部下の事を怖がっている人がたくさんいるんですよ。

 

「部下からなめられたらどうしよう?」そんな事を思ってしまう人がたくさんいるのです。もちろんこっちからしたら、

 

「説教するために呼ぶなら飲み会なんて誘わないでくれ」と思うものなんですよね。

説教されるのが大好きで仕方がないドMの人だったら別ですけどね。私は嫌です。ドMですけど、嫌ですよ。

 

私の友人でも会社の飲み会に行くと、必ず「新人のくせに。」と説教されたといっていました。

 

これって本人にとっては大きなストレスになるんですよね。飲み会での説教が実は一番精神的にも面倒なのです。

 

私自身も「俺の時代はこうだった。サラリーマンはこうあるべきだ。」みたいな話をずっとされた時に

 

あと1回面倒な事を言って来たら目の前のピザ投げてやる」と思ったものです。(結局そのラスト1回がなかったのですが。)

 

臆病な自尊心が飲み会での説教に繋がるんですよね。

飲み会で説教をしている姿を奥さんとかに送りつけてやりたいですよね。「オタクの旦那さんは飲み会でこんな上司なんですよ」と。

関連記事:高圧的な上司に耐える必要性なんてあるのか?

 

ストレス発散

 

会社がブラックであればあるほど、日々ストレスを抱えて生きているんですよね。

でも、そういったストレスってどこに吐き出して良いのか?って意外と難しい問題だったりするんですよ。

吐き出しどころがないんです。家に帰っても、掃除とか育児とかやらなきゃいけないでしょ?そうすると、飲み会で説教をするのが手っ取り早いんですよ。

関連記事:仕事によるストレスで寝れないという人がやるべき事

 

だから、部下に対して、飲み会で説教するわけなんですね。なんて情けない上司なのだろうか……。

 

部下って上司には基本的に楯突かないじゃないですか?そうですよね?会社での立場もありますし、家族がいる人だったらそんな事なおさらしないでしょう。

 

もちろんそういった状況がそもそもおかしいという事はあるのですが…

 

だからこそ、飲み会で説教をする事によって、ストレスを発散するのです。

最初は褒めてくれていた上司とかも飲んでくると、説教に変わっている人ってのは多いものです。

関連記事:ダメな上司の特徴?そんな会社辞めた方が良い。

 

 

私が「神経質先輩」と呼んでいた某先輩もそういった人で、最初は褒めるんですよね。でも、飲み会が終盤になってくると、

 

「君は◯◯だ。なんでだ?」といってくるのがいつもの事だったんですよね。本当にあの時間を返して欲しいと今でも思いますね。

 

飲み会での説教に付き合う事ほど、無駄なものはありません。

時間を返してくれよ。上司の細長くて、汚い顔を見る度に吐き気がしていたよ……。

 

ストレス発散に使われていると思っているなら本当に辞めた方が良いと思うんですけどね。そういった上司と一緒にいても、

 

何か得るものってありません。

 

サンドバックになっているだけなんですよ。上司のね。

関連記事:私が転職したきっかけ

THE・サラリーマン育成

 

これもあると思うんですよね。

飲み会で説教してくる時って「こいつはこんな人間に仕立てたい」という謎の正義感というか、強迫観念にとらわれている時だと思うんですよね。

 

私は特に前職が「THE・サラリーマン」という感じの職業だったので、本当にこれを感じたんですよね。

 

会社にとっても上司にとっても、サラリーマンっぽくする事って実は管理する上でとても楽なんですよね。

うちの会社でも飲み会で上司に奢ってもらったら

 

昨日はありがとうございました!!!!!!」と響き渡るような声で上司にお礼をいうという文化があったんですよね。

こわいこわい……。軍隊ですか?どこの屈強な兵士でしょうか?

 

そこまで言わせたいなら奢らなければいいのに、とよく思ったものです。

軍隊ばりに「ありがとうございましたあああ!!!!!!」と言われなければいけない飲み会とかさ、楽しいのか?

 

THE・サラリーマンになりたい人は良いのでしょうが、そういったものがあわない人には飲み会での説教って面倒なんですよね。

私は大嫌いでした。そういう上司も、文化も苦手でしたよ。

 

その時間で本を読めるし、プログラミングをやっているので、コードも書けるし、なんでも出来るのです。飲み会の説教に使う時間なんて本当に無駄だと思いませんか?

関連記事:仕事をズル休みするくらいの緩さがあって良い。

辞めてしまえば良いのに

 

これは思う事なんですよね。上司が会社の飲み会で説教をする理由って本当にしょうもないことが多いんですよ。

 

大手の古い企業とかにこういった飲み会での説教って多いような気がします。私もそうでしたから。

関連記事:転職を失敗してしまう人はやり方を間違えている!

 

今って、転職市場も良好ですし、想定年収を知る事が出来る『MIIDAS(ミーダス) 』や強み診断が出来るグッドポイント診断など、

多種多様な転職サービスがあるのです。

 

だからこそ、飲み会で説教する人がいるなら辞めてしまっても良いわけです。

別にさ、飲み会で「君の悪いところは我慢がないところだよ」という上司の説教を聞くためにいまの会社を選んだわけじゃないでしょう?

 

人生は短い。1度切りの人生なんです。だから、もっと自分の時間を大切に扱った方が良いんですよ。

 

丁寧に生きた方が良いのです。

どうせ飲むなら、キンキンに冷えた美味しいビールを「カンッ」とぶつけて、笑いながら飲みたいじゃないですか。

 

そうでしょ?

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。