転職

仕事では我慢が大事、なんてもう古すぎる

我慢が美徳とされる日本社会の中で「仕事は我慢が大事」なんてこともよく聞きますが、正直そんな考えはもう古いと思います。

 

我慢をし続けて本当にその仕事は自分にとって良い仕事になっていくのでしょうか?

 

我慢してその仕事にきっと「慣れてしまう」だけです。

我慢を積み重ねて体や心を壊す前に

また、我慢を積み重ねて会社に洗脳される前に考えてみてほしいことをまとめました。

 

仕事は3年我慢しないと、とは

 

よく聞くのは「転職するにしても仕事は3年は我慢しないと次の就職先が見つからない」というものです。

これも全くもって古い考えです。誰がこの論理を展開したのだろう。本当に誰でも言いますよね。

3年は……」って。

 

現に私の周りの友達は社会人1年目で仕事を辞めた友達が何人かいますが、

転職活動を経て、きちんと他の会社に就職できています。何の問題もなく、第二新卒として就職しているんですよね……。なんだったんだ、3年説は。

 

もちろん社会人1年目で入った会社よりも自分の居心地のいい再就職先に就職しています。

もっと早く転職をすればよかった、と言っていました。

 

3年我慢しないと」というのは昔、もっと今よりも転職活動が難しかった頃の話をしているのであって、

未だに3年は仕事を我慢しないと、と言っている人は頭の古い人からの受け売りがほとんどです。

 

実際に転職活動について調べてみたことはありますか?

たとえばMIIDAS(ミーダス) なら今この瞬間にも転職活動を始めることができます。

 

簡単な質問に答えていくだけで今のあなたの経歴や能力からあなたがどれだけの年収をもらうのが妥当なのか、ということを調べてくれるサービスです。

転勤のない職業

 

適正年収を教えてくれるだけでなく、それと同時にその適正年収の結果に対して複数の会社からオファーがくる仕組みにもなっています。

 

インターネットが普及した今、転職サービスもとても充実していて、転職は昔よりずっとしやすくなっています。

 

「仕事は3年我慢しろ」と言っている人が転職サービスがいかに充実してきているかを知らないだけなのです。

 

「すぐに仕事を辞めるのは根性がない」という人もいるかもしれませんが、

それは我慢し続けた人が「自分が我慢したんだからみんなも我慢して仕事をするべきだ」という押し付けなのです。

言ってみればプライドですね。

自分も苦労したからこそ、その人にも同じように苦労してほしいっていう考え方なんじゃないかな。

どうも人の幸せを喜べない人が多くて悲しいよね笑

 

でもしなくてもいい我慢をする必要はないのです。

仕事をずっと我慢してきた人たちは「我慢するしか選択肢がなかった人たち」です。

 

選択肢があるなら我慢しないで済む選択肢を選択する方がよっぽど利口で効率的です。

99%の会社はいらないと堀江さんがいうほど、会社には生産性のない時間がたくさんありますからね。

関連記事:転職をすると年収が下がるのか?

 

我慢してると自分が壊れる

 

仕事を我慢し続けていると絶対に自分の心と体を壊します。

そして一番怖いのが、その自分が壊れていることに自分が気づけないことなのです。

 

我慢をするのは大人として当たり前、仕事なんだからしょうがない、そんな風に思うのが正しいと思ってしまっているから、

自分が我慢しすぎていることをどんどん認められなくなっていくんですね。

  • 土日はなぜか無気力で動く気がしない
  • 頭痛や吐き気がよくする
  • 夜眠れない

などといった症状はありませんか?

 

それはうつ病の症状です。

特に仕事に行く前に吐き気がする、なんていうのはかなり危険な状態です。

 

私も仕事によるストレスが原因で体を壊したことがありました。

胃が痛くて動けなかったんです。

 

体と心は繋がっています。

ストレスがかかると絶対に体に異変が表れるのです。健全な身体に健全な精神が宿る、という言葉は間違っていないのです。

 

これくらいでへこたれてちゃいけない」って思いがちな人!

そういう人ほど危ないんですよ。我慢してはいけないのです。我慢し続けると、どこかで電源が突然切れて、無気力状態になってしまう。

関連記事:うつ病になりやすい人の特徴とは?ストレスを減らして生きよう。

 

我慢しなくてもできる仕事はある

 

仕事で我慢しないと、毎日の生活のお金を稼げない、と思っている人は多いでしょう。

もちろん生きていくのに毎日稼ぐことはとても大切なことです。私だって「無収入」では生活することができない。

 

ただ、我慢しすぎて自分の体や心を壊してしまうようなら結局それは収入を安定させることにはつながらないのです。

 

だとしたら、やはり自分がストレスを感じない仕事でちゃんと稼ぐことが大事なのです。

 

今は在宅ワークでも稼げるようになっている時代です。

 

稼ぐ方法なんていくらでもありますし、わざわざ仕事で我慢して消耗する必要なんてないんですよね。今の会社に依存する必要性なんてどこにもないのです……。

 

在宅ワークに切り替える事が出来る会社だって増えてきましたし、今は個人でも稼げるような時代になっているんですよね。

 

日本においては我慢する事が正しい事であり、それこそが社会人としての在るべき姿だとされているようなところがあると思うのですが、

 

本当はそれが正しい形ではないように思うんですよね。在宅ワークでも稼げるし、個人の稼ぐ手段なんていくらでもある時代に生まれたのですから、

 

仕事が辛いのに、我慢する必要なんてどこにもないと思っているのです。

 

それでやっていく、という心構えさえあれば在宅ワークだけで生計を立てられるようにもなりますし、

実際、プロブロガーと呼ばれる人たちはブログだけで生活をしています。

みんな知らないだけなんですね。Youtuberだって同じです。「ゲームだけで生活できる人なんていない」と思っているかもしれませんが、実際にはいるんです。

楽しくゲームをやって、それでご飯を食べている人だっているのです。

関連記事:アフィリエイトが詐欺だと思ってる人が多いのは、知ろうとしないからなんだよね。

我慢をせず、ストレスのない仕事を

 

仕事は我慢しなければいけないもの、それができてこそ大人で、立派な社会人だ、という風潮はいまだにありますが、

そうやって我慢していても会社はあっけなく倒産してしまう時代になってしまっています。会社なんて簡単に消えてしまうものですから。

 

だから仕事を我慢していても、その会社が何も返してくれないことだっていっぱいあるんです。

それなら、やはり、自分でストレスのない仕事をつかんでいく方が、短期的にも長期的にも安全な選択なのだと思います。

今は転職をしようと思ったら、別に転職をする事が出来る時代だと思うんですよね。

リクルートエージェントでエージェントと共に転職活動をする事だって出来ますし、リクナビネクストのグッドポイント診断とかを使えば、

 

自分に合った仕事を診断してもらった上で転職をする事が出来るわけです。多くの選択肢が存在しているのですから、

 

仕事で辛い事を我慢しなくても良いと思うのです。自分の人生は自分で決めていくべきなのです。

関連記事:第二新卒で転職に失敗してしまう人の特徴

 

では今日はこの辺りで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。