仕事の悩み

なぜ仕事が苦しいと感じてしまうのでしょうか?

仕事って大変なものなんですよね。

大学を卒業してから就職した人も、高校を卒業してから就職した人も、それぞれに辛いものってあると思うんですよね。

 

仕事をしていて苦しいと感じてしまう事があると思っているのです。

しかし、仕事が苦しいとどうしても辛いものなんですよね。日曜日の夜に憂鬱になってしまう事だってあるでしょう。

 

では、なぜ仕事が苦しいと思ってしまうのでしょうか?そんな事について書いていきたいと思います。

 

 

好きな仕事ではない

 

 

これはあると思いますね。

仕事で大変だなと感じる時って、きっと皆さんにもあると思うのですが、これって自分が好きな仕事であった場合、

 

仕事が苦しいとは感じないものなんですよ。仕事が苦しいと感じるのであれば、それは好きな事をやっていない証左だと思うのです。

関連記事:転職を失敗してしまう人はやり方を間違えている!

 

皆さんも好きな事をやっている時ってどれだけ時間が経とうとも、ストレスを感じる事なんてなかったと思うんですよね。

 

例えば自分の好きなゲームをやっている時だったとします。

時間は10時間。普通に考えたら長時間の労働と同じなんですよね。でも、ストレスを感じる事ってないんです。

 

苦しいと感じる事だってないでしょう。これと同じなんですよね。

だからこそ、仕事が苦しいと感じているのであれば、自分の好きな事を仕事にした方が良いんですよね。

 

よく「好きな仕事をするべきではない」といってくる人がいるかと思うのですが、これって間違っていると思うんですよね。

 

好きな事を仕事にしなければ、仕事は苦しいままだと思いますし、ストレスになってしまうと思うんですよね。

関連記事:上司に仕事を辞める報告をする時に大切な事。

 

 

面倒な上司がいる

 

仕事が苦しいと感じる時って、職場での人間関係が原因の時もあるんですよね。

特に多いのが面倒な上司に出会ってしまった場合でしょう。

関連記事:優しい上司の下で良い部下は育つ

 

私もこれはあったんですよね。やたと細かい神経質な上司が私の上にいまして、何につけても神経質に言ってくるんですよね。

 

あの時は本当に仕事が苦しいと感じていました。上司が出勤してくると、何だか目の前の景色がグニャっと曲がるような感じが当時はしていました。

それだけ当時の気持ち悪くて、神経質な上司のことが大嫌いだったのでしょう。あの角刈りみたいな髪型を思い出すだけでも腹が立つ。

 

ただ、上司って選べないものじゃないですか。上司って会社に入ってみなければわからないものですし、それが普通なんですよね。

 

だからこそ、起業して自分でビジネスをするという事が1番の解決方法である事は確かなんですけど、それが難しいと考える人が多いんですよね。

 

そうなってくると、やはり企業の事をよく熟知している人に紹介してもらうのが苦しい仕事を避ける現実的な方法だと思うんです。

今はリクルートエージェント等の紹介制の求人サービスが多く登場しているのです。

 

こういったところってある程度企業の事を知っている人が紹介してくれるので、上司とのミスマッチ・会社とのミスマッチが起こりにくいのです。

 

ちなみにウズキャリだと、ブラック企業を排除する仕組みもあるので、そういった意味でも良いエージェント会社ですね。

うーん。とはいえ、良い上司に出会えるのか?というのは運なんですけどね。誰もが「良い上司の下で働きたい」と思っているものじゃないですか。

でも、現実にはそうはいかない。やっぱり変な上司に当たってしまうことはある。ぶん殴ってやりたくなるような人物が自分の上にいる場合もある。

 

だからね、そんな時にはもっと気軽に「居場所」を変えるべきだと思う。もっと流動的で良いんですよ、人材は。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

 

 

プライベートの時間がない

 

これも仕事が苦しいと感じる原因なんですよね。

仕事ってやはりストレスが溜まってしまうものなんですよ。では、なぜ多くの人はそれでもうまくやっていけているのか?というと、

 

プライベートの時間があるからなんですよね。仕事が辛いと感じても、プライベートがしっかりあれば、

仕事が苦しいと感じる事も少なくなるのです。仕事が終わったら、新宿とか池袋に集まってフットサルをしたり、ちょっと高めのエステに行ったり。

私なんかも海外旅行に行くことによって、気分転換をしているような気がします。

関連記事:辛い仕事は辞めるべき理由

 

ただね、ブラック企業って今の日本でも本当に多く存在します。昭和の時代に置いていくべきだったブラック企業が今の時代も存在しているのです。

すると、一定数はどうしてもブラック企業に就職する事になってしまうんですよね。

 

 

仕事が苦しいと感じるという事はストレスが溜まるという事なんです。そして、ストレスによって、多くの人は他の会社にいってしまうんですよね。

 

ただ、プライベートがしっかりとある会社だってあるんですよ。ブラック企業に就職する事がなければ、普通に休みの日にストレスを発散する事だって出来るのです。

関連記事:ブラック企業の基準を自分なりに考えてみた。

 

 

仕事が苦しい?我慢しなくて良いのです

 

仕事が苦しいと思う事って誰でもあると思うし、それを我慢していま成功している人だってたくさんいると思うんです。

どれだけ胸が苦しくなっても、努力して、我慢して、今の地位にいる人だっているよ。

 

ただ、それで病気になってしまう人もいるんですよね。鬱病になってしまう人だっているのです。

 

関連記事:置かれた場所で咲きなさい?そんな事してたら鬱病になります。

 

そこまでして仕事が苦しいという状態を我慢する必要ってどこにあるのでしょうか?そう思ってしまうのです。

 

今は、自分にあっている仕事だってリクナビネクスト運営のグッドポイント診断を使えば客観的にわかるじゃないですか。

仕事が苦しいと感じない仕事につく事だって出来るのです。だからこそ、我慢する必要なんてないんですよね。

本当に自分に合った仕事をした方が良いのですよ。我慢することが大事なことだってあるよ。

私も経営者として努力してきて、「ああ、つらいな」と思いながら我慢したことだってある。だから、必ずしも「我慢しない方が良い」とは言えない。

 

でも、仕事が苦しい、と思うなら「逃げる」という選択肢を考えてみても良いんじゃないかな。責任感なんて持たずに逃げてしまえば良いんですよ。うん。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。