仕事

仕事は理不尽な事があって当たり前?本当にそうなのかな。

仕事をしていると、どうしても理不尽な事ってあると思うんですよね。

特に、取引先との関係性における理不尽さはサラリーマンなら誰でも経験した事があるのではないでしょうか?

私もそういった事ってあるんですよね。

私は不動産業界にも関わっています。業界が業界だけに、理不尽な事って非常に多いのです。

 

しかし、これが内部の人間との関係性における理不尽さだったりすると、辛くなってしまうと思うんですよね。

仕事における理不尽さを職場で感じる事なんて「当たり前」だと思われてるかもしれません。

 

確かに、そういった考えが100%間違っているわけではありません。ある程度は許容する時も大事ですよ。精神衛生的にもね。

ただ、それで辛くなってしまうという人だって現実にいると思うんですよね。

 

上司って理不尽なもの

 

仕事において上司という立場の人間はどうしても下の人に対して上から目線になってしまう事が多いんですよね。

 

上司として適格な資質を持っていない人でも、部下がはいってくれば上司としての振る舞いをしなくてはいけなくなってしまいます。

 

ですが、上司だってプレッシャーを感じている事が多いため

 

「なめられたくない」と思い、部下に必要以上に理不尽な要求をしてしまう事って多いんですよね。

あ、知っていますか?

鬱になってしまうタイミングって実は「部下が出来た時」という事が非常に多いのです。

だからこそ、上司は上司で可哀想ではあるのですが、理不尽なことをされた部下側は仕事で理不尽な事を、しかも内部の人間に言われてしまうと、どうしても辛くなってしまいますよね。

 

私が以前所属していた会社でもそうでしたよ。仕事では理不尽な事ばかりでした。

 

例えば、書類を提出した私に対して上司が「これじゃだめじゃないか!もっとこうして!」といった内容が

 

明らかに行き過ぎた内容」だった事もあります。しかも、結果的にやはり行き過ぎな上司の指導は仕事上でも正しい事もなく、

 

「ここまでしなくていいよ。誰にそんな事言われたの?」と別に上司に言われたのです。あいつは何だったんだ……。

 

こういう仕事での理不尽さって本当にイライラしますよね。なにをわかっていっているんだ?とよく思ったものです。

でも、仕事においては上の言う事が絶対というのが基本的な文化だと思うんですよね。

 

つまり、上司がいる限りはそういった仕事での理不尽さに遭遇する機会って多いのです。

関連記事:優しい上司の下で良い部下は育つ

 

 

仕事での理不尽さは会社にも左右される

 

とはいえ、仕事での理不尽さって会社によるところが大きいと思うんですよね。

同じように理不尽な側面があったとしてもその度合いに関しては会社によって大きく異なってくるのです。

 

私の場合はその中でも、きっと仕事での理不尽さの度合いが大きい会社だったのでは?と昔の事を思い出しつつ思いますね。

まあ、昔からの大手企業でしたから……。就活の時には内定を喜んだけど、実態はね……。

 

私の場合、なぜ仕事で理不尽な事を言われていたのか?というと、これって会社の業務内容だと思うんですよね。

 

以前所属していた会社はそもそも取引先とは「敵対関係」になってしまう事が多いような職業だったのです。法律関係の事もよく勉強しましたね…

 

だからこそ、その鬱憤が部下にいってしまうような素地があったと思うんですよね。

 

取引先との関係が常に「WIN×WIN」ではない会社って、

どうしてもそういった仕事での理不尽さを発散する場所というものが必要になってきてしまう傾向があると思っているんです。

 

歴代の先輩方に聞いても「ありえない理不尽さの中、それを乗り越えるのが仕事」というよくわからない論理を展開していましたからね。

 

まあ、だからこそ辞めたのですが。

そんな武勇伝みたいなものを業後の飲み会でもされましたから。「私たちは苦労したんだ。お前も苦労するのが当たり前だろ」みたいなね。

知らないよ。そんなの……。

関連記事:とんでもなく理不尽な上司と付き合う方法

 

仕事で理不尽さを感じない方法って何だろうね?

 

 

では、仕事で理不尽さを感じない方法とはなんだろうか?

これって難しいんですよね。きっと多くの人は「自分の考え方が変われば良いんだ。」と思っていると思う。

 

でも、それは本当に正しいのでしょうか?仕事で理不尽な事をされる状況に慣れていく事が皆さんにとって正しい事なのでしょうか?

 

きっと違うと思うんですよね。人間は高等な動物だから、理不尽な状況に慣れることができる。

 

でもさ、仕事で理不尽な状況において、自分が我慢する必要なんてどこにもないんですよ。辛いと思っているのであれば、

辞めてしまえば良いと思うんですよね。

 

今って、転職後の想定内定社数を算出してくれる転職力診断@typeや想定年収が算出出来るMIIDAS(ミーダス) など、

 

特徴を持った転職サービスが多く出ています。私なんて想定年収が「700万円」を超えていましたから……。ブロガーから転職しようかな……。笑

 

だからこそ、仕事で理不尽な状況に遭遇したら環境を変えてしまうというのも一つの手だと思いますよ。

 

人間って今置かれた環境で頑張ろうとするものですが、そんな事をしていると鬱になってしまいます。

 

環境を変えれば変わる事だってあるんですね。

 

置かれた場所で咲きなさい?そんな事してたら鬱病になります。でも書きましたが、置かれた場所で咲こうとする必要なんてないんです。

 

自分らしく、働いてください。

我慢してお金をもらうことが「社会人の正義」なのだろうか。違うよね。私だったら嫌です。

仕事は本来は楽しいものであるはず。仕事は理不尽なことがあって当たり前じゃない。もっと楽しい「何か」があるはずです。

関連記事:モンスター上司がいるなら、すぐに逃げろ。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。
よく読まれている記事