私の仕事論

30代が仕事において無気力を感じるのはなぜか?

世の中のほとんどの人は日々の生活をしていくために仕事をすると思うんです。

今は大学生をやっている人も大学を卒業すれば、仕事をする事になると思います。しかし、そんな仕事において無気力を感じてしまう事ってあると思うんですよね。

そして、仕事で無気力を感じるのって実は30代がとても多いのです。

 

今回はその原因と解決法について書いていきたいと思います。

仕事に慣れて来た

 

新卒として会社に入って仕事を始めた時って何もかもが新しい事だったと思うんですよ。

 

エクセルの使い方からビジネスマナーまであらゆる新しいものを吸収していっていたのが、入ってすぐの頃なんですね。

しかし、これも30代になると変わってしまうんですよね。

30代になってくると、仕事にも慣れてしまいます。ベテラン一歩手前みたいな状態。これってもちろん良い事だと思うのですが、

 

「慣れ」が原因で仕事で無気力を感じる場面というものも出て来てしまうんですよ。仕事って新しい事があるととても楽しいですよね。不安もあるけど、楽しさもある。

自分が知らない世界を見ているようなそんな感覚が楽しくてしょうがない時だってあったと思うんです。

関連記事:仕事がつまらない原因を解説しよう。

 

だからこそ、30代で1回、仕事で無気力になってしまうんです。

 

  • 「あれ?なんでこんな事をしているのだろう?」
  • 「今までは新鮮で楽しかったけど、最近はなんか惰性で仕事をしている…」

 

そんな人っていると思うんですよね。惰性で仕事をするようになってしまったら、

その時には既に「仕事で無気力を感じる瞬間」に片足をいれているような状態なんですよね。これはもちろん仕方のない事でもあると思うのですが、

 

それでも仕事で無気力になってしまう状態ってあまり良いものではありませんよね。

関連記事:仕事でうんざりする瞬間。

本当は好きな仕事ではなかった

 

仕事を始めた頃は何も思わずやっていた事が30代になってくると、「俺がやりたい事ってこれだっけ?」と考えるようになるんですね。

 

仕事にも慣れ、一通りの事は自分で出来るようになった。でも、今やっている仕事は本当に自分がやりたかったものなのだろうか?この仕事のために生まれてきたのだろうか、考える。

そんな事を考えてしまう人ってたくさんいると思うんですよね。

 

私たちには「自分の人生について考える時間」というものが必ずやってきます。これで自分の人生は良いのだろうか?と思う時が必ずあるんですね。

 

そういう時期が到来するのが、仕事のも慣れてきて、余裕が出て来た30代なんですよ。

良い意味でも悪い意味でも慣れてきてしまい、考えてしまうのが30代。季節性の鬱みたいなものよね。

 

人間は本当に好きな事をやっていないと、どうしたって無気力に感じてしまうものです。皆さんも嫌いな事をいつまでも続ける事なんて出来ませんよね?

 

そういう事なんですよ。

 

でも、「いまの生活があるから」という理由で自分が好きだと思える事をやろうとしないんですね。家族もあるし、年収が下がったらイヤだし…

関連記事:転職をすると年収が下がるのか?

 

と思ってしまい、転職する事さえも出来ない人がいるのです。

関連記事:転職を失敗してしまう人はやり方を間違えている!

 

意外と自分にあっている仕事ってわからないものなんですよね。本当に好きな仕事は何なのか?という事をわかっている人って少ないものなんです。

 

それは自分の性格をわかっていないからという事が原因だったりもするんですよね。

 

だからこそ、『グッドポイント診断』等で自分の性格を診断するという手もありだと思うんですよね。

 

客観的な情報から自分にあった仕事を探すという事も大切な事なんです。それによって、仕事で無気力を感じる事もなくなると思うのです。

関連記事:転職診断なんて当たるの?と疑問に思っているみなさんへ、私の結果を公開。

本当に信じられる仲間がいなかった

 

これも仕事で無気力を感じる原因だと思うんですよね。

仕事がどんなに辛くても、社内に良い人間が多ければ、仕事で無気力を感じる事なんてありません。

 

先日も、会社的にはかなり辛い仕事内容をしている社員さんにあってきたのですが、その方も

 

「仕事が辛くても、本当に信頼出来る仲間がいるから辞めないんです。」とおっしゃっていました。

それくらい会社に信頼出来る人がいるのか?という事って大切なんですよね。仕事って人なんですよ。

 

そういう人がいれば、仕事で無気力を感じる事って少なくなっていくと思うんです。

 

仕事って言ってみれば、なんでも「人と人」ですよね?そこが欠損していると、無気力になってしまうんです。

 

皆さんはどういった職場で働いていますか?

仕事で無気力を感じるのであれば、人が原因かもしれない。私の場合はね、信頼なんて全くできない人たちと働いていました。

お昼休みに上司とか同僚とご飯を食べる人もいるだろうけど、私の場合は「絶対に嫌だ」という感じでした。すぐにジョナサンへ逃げ込んでいた。

14時くらいの変な時間にお昼休憩を取って、端っこの方の席で1人で休んでいる。そんな状態でした。

お昼休憩は1時間だったけど、1秒足りとも無駄にせず、休憩していました。

そうじゃないと、やっていけないくらい職場の人たちが嫌いだったのです。うん。荒んでいたな、当時は……。

関連記事:私はサラリーマンなんてつまらない、と思ったけどそうじゃない人もいるよ。

 

30代から仕事を変えても良いんじゃない?

 

今回は仕事で無気力になるのはなぜか?という事について書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

これって結構難しい問題だと考えがちですが、実は仕事で無気力になる原因って単純かつ明快なものだったりするんですよね。

逆を言えば、そういった点を改善し、職業を変える等の行動を取る事により変わってくるものもあると思うのです。

 

30代になると、仕事で無気力感を味わう事だってあるんですよね。ただ、30代と言うと、転職をするにも迷いが生じるような年齢でもある。

 

だから、転職せずに、そのまま同じ会社で過ごしてしまう人が多いのです。でも、無理に我慢する必要はない。

 

30代という年齢でも、好きな事をするべきなのです。「この仕事で生きていきたい」と心から思える仕事をした方が良いのです。

 

人生は1度しかないのですから。私だって秒速で会社を辞めた人間。でも、今は楽しいよ。幸せよ。

無気力じゃないよ。生きたいように生きれば良いのよ。

関連記事:転職に踏み切るタイミングはいつが正しいの?

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。