投資家のお金論

不動産業界人が教える本当におすすめのFF式ストーブ!

私も不動産業界に入ってしばらくたちましたが、やはり不動産業界において重要になってくるのが、設備関係の話なんですよね。

東京の1Rとかだったらクロスを張り替えたり、キッチン、流し台、建て付け等を一通り修繕するだけで良いのですが、

 

寒い地方だとそういうわけにもいかないんですよね。

寒い地方だとどうしてもストーブが必要になってきてしまうんですよ。私も先日北海道の某地域にいっていたのですが、

なんと気温−17度という極寒の世界。

そうなってくると、どうしてもFF式のストーブというものが必要になってくるんですよね。

 

リビングだけでなく、各部屋に様々な種類のストーブを置いているという人も多いのではないでしょうか?

でも、どのストーブが良いの?ってわからない、おすすめって何なの?という人がたくさんいると思うんですよね。

価格の事もありますしね。ストーブとか普通に平気で10万円とかしますから。

 

そこで、今回はおすすめのFF式ストーブについて書いていきたいと思います。

 

 

FF式ストーブの王様「コロナ」

 

 

皆さんはFF式のストーブというと、何を思い浮かべますか?ある程度知っている人であれば、絶対にコロナだと思うんですよね。

 

コロナは確かに他社の格安ストーブに比べたら高いのですが、暖かさでいったらやはりダントツですし、壊れないという点からもコロナを選ぶ人が多いんですよね。

 

例えば、

これはコロナの中でもPRシリーズと呼ばれるものなのですが、これはおすすめですね。

なぜおすすめなのか?

まずはこれですね。FF式のストーブって暖かい事は事実なのですが、暖まりすぎてしまうという側面があると思うのです。

でも、このFF式ストーブだとワンタッチで最大火力を80%に抑えてくれるんですよね。

img_feature01

つまり、無駄に室内を温めるという事をせずに済むのです。これによって、FF式ストーブにかかる余計な費用も抑える事が出来るんですよ。

 

また、ノズルが詰まってしまうという経験をされた方も多くいると思うんですよね。ストーブって高額な商品であるだけにノズルが詰まってしまった時の修理代や、交換費だって高いのです。

 

でも、コロナのFF式ストーブであれば、そんな事ないんですよね。オイルバック機構の電磁ポンプを使っているので、

消火時の油ダレを防止する事ができ、結果的にそれがノズルの詰まりを防止してくれるのです。

 

img_feature04

 

これって大きいと思うんですよね。

年月が経ってから詰まってしまい、交換しようとしても「既に廃盤です。」と言われて交換出来ないという事も結構起こります。

それであれば、最初から詰まりが少ないものを選んだ方が良いと考える人もいるでしょう。長期的な視点でFF式ストーブの購入を考えると、

 

コロナという選択をするのもありかと思います。確かに安いものなんていくらでもあるのですが、

それを買ってしまった結果壊れ、「修理出来ないので、新しいものを買う」なんて事になったら結局高い買い物になってしまうんですよね。

 

ちなみにコロナのPRシリーズはススの発生も抑制されています。

関連記事:不動産売却時の「短期譲渡所得・長期譲渡所得」はきちんと知るべき。

 

 

FF式ストーブの新興勢力「トヨトミ」

 

 

おすすめのFF式ストーブという事で書いているのですが、先ほどはコロナを紹介しましたよね。

でも、コロナって高いな!という印象を持っている人もいるかと思うのです。

 

そんな人に、私は「トヨトミ」のFF式ストーブをおすすめしているのです。

 

寒冷地では少し大きめのサイズを買うという人がが多いので、ある程度の広さの家に住んでいるのであれば、

こういった少し大きめのサイズのFF式ストーブもおすすめしています。

 

では何が良いのか?

まずはトヨトミのFF式ストーブには独自のエコモードがあるという点ですよね。

普通のストーブだと、だんだんと室温が下がるという機能はないのですが、トヨトミの場合は違います。

img_B

20度mでゆっくりと下げていくので、寒さを感じにくいという特徴を持っているんですね。

最近では不動産投資家の方も高額なコロナではなく、安価なトヨトミを使っているという人は多いです。

 

もちろん、安いからこそ「壊れやすい」と言われる事が多いトヨトミですが、私が実際に経験するところでは、

トヨトミ=故障しやすいというイメージはあまりありません。

 

使い方さえ間違っていなければ、問題ないと思いますよ。

 

また

トヨトミのFF式ストーブをおすすめする理由の一つとして、低騒音化されているという事も挙げる事が出来るでしょう。

img_barner

FF式ストーブを買ったものの、うるさい!と感じてしまったら不快ですよね。

だったら、静かに運転してくれるモデルを買ってみるのもありだと思うのです。

 

 

今回はおすすめのFF式ストーブについて書いてみました。

余談ですが、トヨトミでは

 

こういった可愛いデザインのものも発売されているので、部屋を可愛めに作りたい!と考えている人なんかだと、

上記写真のようなストーブもありですよね。

 

でも、まあおすすめのFF式ストーブといっても、最終的には自分が好きだと思えるものを買うのが一番です。

ここに記載した以外の商品もたくさんあるので、比較検討して買ってみてください。

関連記事:不動産投資をする時には、節税が大切。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。