起業と経営

フリーランスはバーチャルオフィスを持っていた方が良い。

フリーランスになる人って最近は本当に増えてきたように思います。ライターとして食べているという人もいれば、

エンジニアとして稼いでいたり、後はデザイン系の人でもフリーランスとして働いている人っていますよね?

 

でも、フリーランスの人って別に一人ならオフィスも必要ないし、別にオフィスなんてあっても無駄だなと思っている人ってたくさんいるんですよね。

 

ただ、私はフリーランスであれば、バーチャルオフィスを持ったいた方が良いと思うんですよね。なぜか?

そんな事について書いていきます。

何かを売る時にバーチャルオフィスは役に立つ

 

最近だとminneやAmazonでオリジナルの商品を販売して生計を立てているという人も随分増えてきたのではないでしょうか?

 

しかし、その一方で「商品を発売する時の危険」も存在しているという事に皆さんは気がついていますか?

 

商品の販売者になる場合って「特定商取引法」に基づいて住所を公開しなければいけない決まりになっているんですよね。

 

そんな時に、バーチャルオフィスがないとどうなってしまうのか?

 

  • クレームが直接来る
  • 押し掛けてくる場合もある
  • 自宅の場合、転居出来ない

 

こういうリスクってあると思うんですよね。もちろん会社を作れば良い話なのですが、登記費用だけで20万円以上は株式会社ならかかってしまうんですよね。

これってフリーランスとして駆け出しの頃ってキツいんですよね。

 

フリーランスになったからといって稼げるというわけではありません。独立しても稼げない人なんてたくさんいます。

だからこそ、売上に関係のない経費って出来るだけ抑えたいと思うのがフリーランスだと思うんです。

イニシャルコストではなく、ランニングコストですし……。

もしも何かを販売して売りたいと思っていたりとか、現状フリーランスとして販売しているものがあるのであれば、

バーチャルオフィスを作ってしまうのが一番良いと思うんですよね。そして、その住所で登記とかも出来るので、

 

個人事業主として開業してお店(インターネット上でも同じ)の販売者情報にはバーチャルオフィスを書いておけば良いのです。

 

これだけでも、だいぶリスクが軽減されると思いますよ。

関連記事:フリーランスになりたい人がやっておくべき準備を考えてみる。

女性フリーランスは特にバーチャルオフィスがおすすめ

 

女性フリーランスって女性である事がメリットになる事も多いのですが、その一方でフリーランスとして活動している事を良い事に、

 

恋愛対象として接しようとしてくる人だっているんですよね。こういった場合って女性は本当に苦労すると思います。

 

私の知り合いの女性経営者でも襲われそうになったという人がいました。有名なところだと、「ハヤカワ五味さん」もそうですよね。

ゴミと引き換えに400万の請求書が送りつけられてきた話 〜起業1年のクソ事案/神事案5選〜」という記事を私は有料で購入したのですが、これも中々にひどかった……。

 

こういったリスクを軽減するという意味でもバーチャルオフィスってフリーランスには大切だな!と思ったわけです。

最近は本当に物騒な事件が多くて、居場所を突き止めて犯罪に手を染める人までいますよね。

 

フリーランスでバーチャルオフィスを持たずに自宅住所で営業するという事も可能なのですが、それだと自宅がバレてしまいます。

そうなってくると、やはりある程度のリスクというものは考えなくてはいけないと思うんですよね。

関連記事:フリーランスとニートの線引きって難しいよ。

信頼性がある

 

バーチャルオフィスというと、

 

「どうせしょうもない土地でしか登記出来ないんでしょ?」と思いませんか?

でも、そんな事ないんですよね。都内の一等地のビルに登記する事だって出来るんですよ。

 

しかも、登記をしているので、会社概要のところには「◯◯ビル」と有名なビルを記入する事が出来ますからね。

信頼性という点では、大きいかと思います。

 

私も知らない企業から連絡があると、その企業の所在地をまず最初に調べます。ちゃんとオフィスは持っているのだろうか?

それとも自宅マンションでやっているようなフリーランスなのだろうか?そういった事を気にしてしまうんですよね。

 

だからこそ、バーチャルオフィスを持って、そこで登記してしまう事が一番良いんですよね。

関連記事:ノマドはオフィスを持たないけど。

今はバーチャルオフィスも安い

 

ただ、それでもバーチャルオフィスなんて持つのはお金的にも大変だと思っている人もいると思うんですよね。

「オフィスを借りる」という字面からもう既に高いイメージを持ってしまっている人も大勢いるのではないでしょうか?

 

でも、そんな事ないんですよね。

 

例えばKarigo というバーチャルオフィス検索サイトだと

 

スクリーンショット 2017-01-30 19.21.03

 

こんな感じのサービスプランになっています。思っていたよりもずっと安いんですよね。

駆け出しのフリーランスでも利用出来る値段なのです。

プラン毎の比較だとこんな感じ。

 

 

フリーランスという立場上、バーチャルオフィスを持っていた方が良い時ってやっぱりあるんですよね。

今回はフリーランスとバーチャルオフィスについて書いてみました。

関連記事:起業するのは不安だし、誰かの右腕になりたい!って人が多すぎる

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。