転職

仕事探しの基準を女性はどこに置く?

最近は女性の社会進出が叫ばれていますよね。

私の周りでも女性正社員の方が昔に比べて増えてきました。きっと皆さんの会社でも、女性社員という存在が大きくなってきたと感じている人が多いでしょう。

 

そもそも、女性って男性に比べて精神的に強いんですよね。そのため、女性の方が離職率が低かったりするのがリアルなところだと思うのです。

でも、女性って仕事探しをする時に、どういった基準で選んでいるのか?と聞かれると、わからない人っていると思うんですよね。

 

そこで、今回は女性が仕事探しをする時に、基準としている事をまとめていきたいと思います。

 

 

育児休暇があるのか?

 

 

これは女性が仕事探しをする時に重要になってくるポイントなんですよね。いまって、以前よりも育児休暇をとるべき!だという雰囲気に、世の中がなってきていると思うのです。

 

しかし、全ての企業がそういった優良な企業ではありません。

育児休暇はあっても、実際には取得していない人がほとんどで、制度自体が形骸化しているなんて事も普通にあるんですよね。

 

だからこそ、女性は仕事探しの時には、育児休暇があるのか?という事を気にするのです。

女性も働いて、男性も働いてとなってくると、子供を育てるのって結構厳しいと思うんですよね。

家事をやって、子育てをしてという時間があると、仕事なんてとてもじゃないけど、出来ないと思うのです。いや、出来たとしても大変だと思うんですよね。

 

女性は仕事探しの時には「育児休暇」を大切にしますが、まだまだ会社という組織は男性が中心で成り立っているんですよ。

 

だからこそ、会社において「育児休暇をとる」という事が「良い事」であるように思われている例は少なく、

どっちかというと、

 

「育児休暇なんてとるのかよ。働けよ。」となってしまう場合の方が多いんですよね。でも、女性は仕事探しの時に重視する項目である以上、

 

今後は理解も深まり変わってくるのではないか?と思っているんですよね。何より、色んな会社を見ていると、やはり女性がいた方が男性社員のやる気もあがりますからね。

関連記事:女性は向いてる?営業職の仕事内容について解説。

 

今は、育児休暇を取れるような会社だって増えてるのです。そういった企業を仕事として選ぶのが、女性には良いと思います。

関連記事:結婚後は仕事を続けるべきなのか?

 

 

休みがきちんとあるのか?

 

 

これもあると思うんですよね。

男性が仕事を探しをする時って、正直そこまで休暇が多いとかって考えていないと思うのです。それよりも、年収であったりとか、

 

自分がやっていて「かっこいい」と思える事をやっているように思うのです。

しかし、女性が仕事探しをする時には、きちんと休みが取れる会社を選ぶ傾向があると思うんですよね。

 

休暇があって、休みの日には友達と会ったり、彼氏とあったりと、プライベートを重視するような人が多いのです。

 

会社によっては、実質的な休みがほとんどないような会社だって存在するんですよね。

広告代理店はなぜブラック企業になりやすいのか?電通事件の自殺から考える。という記事でも書きましたが、

ブラック企業というものは実際に存在するんですよね。

 

もちろん、大手の会社って給料は高いと思うんです。でも、それだけでは今の女性は入らない傾向があると思っているのです。

 

仕事よりも、その他の時間を有意義に過ごせるのか?というところに重きを置いている人がたくさんいるんですよね。

ただ、最近はキャリコネに代表される企業の口コミ転職サービスも出てきたので、

 

女性でも、仕事探しの方法さえ間違えなければ、ブラック企業に就職するという事はなくなってきたと思います。

関連記事:企業の口コミサイトを利用すれば、ブラック企業は避けられる。

 

 

仕事内容

 

 

女性が仕事探しをする時には、やはり仕事内容も大切なんですよね。

女性でも働ける職場というものがとても増えて来た事は確かなのですが、その一方で、女性だとキツイ仕事というものも存在するんですよね。

 

女性仕事を探す時には、かなり慎重になるのです。

女性は男性に比べて精神的には強いと思いますが、体力的には男性の方がありますよね。(最近は損な事もなくなってきていますが。)

 

だからこそ、体力的にきつくなってきてしまう仕事を女性は仕事探しをする時には除外する傾向があるんですよね。

 

私の友人でも、女性だとキツイであろう仕事をしている方がいるのですが、やはり毎日大変だと言っていました。

 

ただ、今って入ろうとしている、あるいは転職しようとしている先の会社で自分がどんな仕事をするのか?という事は

ネットの普及によりある程度はわかってくるんですよね。

 

だからこそ、最近はミスマッチが減って来ているのではないかと思います。

 

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

 

 

自分の性格に合っているのか?

 

 

これも女性が仕事探しをする時の基準になっているのではないかと思います。

人によって、合っている企業って違うものなんですよね。営業が向いていないという人もいるだろうし、

事務の仕事が向いている人だっているでしょう。

 

男性だと年収を気にする人が多いのですが、女性はどちらかというと自分の性格にあった無理のない仕事を選ぶ事が多くなってきたのです。

 

例えば、エンジニアとかって今まで男性ばかりがいる印象を持っていたと思うのですが、最近は女性も増えているのです。

関連記事:プログラマーって文系でもなれるんです。

 

外回りが少なく、中で仕事がしたい!というタイプの女性にはぴったりの職業だからだと思うのですが、これも昔と変わったなとつくづく思います。

 

ただ、自分の性格ってなんだろう?女性として、仕事探しの時にはどんな企業を選べば良いのだろう?と思っている方なんかはリクナビネクストのグッドポイント診断等をやってみても良いと思います。

 

今回は仕事探しをする女性が基準とする事について書いてみました。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。