転職

転職活動は会社にバレるのか?

昔は「一度入った会社に勤め続ける」という風習がありましたが、最近はこれも変わってきましたよね。

転職活動をする人というものがだんだんと増えて来たと思うんですよ。これって良い事だと思うんですよね。

やはり合わない会社ってのはあると思うし、より良い環境を求めて、会社を変えるという行動は当たり前に保証されるべきものだと思うからです。

 

ただ、その一方で転職活動がバレるのか?という心配はつきないと思うんですよね。これって本当に微妙な問題なんですよね。

 

転職活動がバレると、どうしても辛くなってきてしまいますし、転職活動を会社に内緒でしている事が多いと思うので、

転職が失敗した上に転職活動をしていた事がバレるとなると、居辛くなってしまうんですよね。

転職活動がバレる原因

SNSへの転活投稿

SNSへの投稿をしてしまう人っているんですよね。

例えば、「うわー、行きたい所から連絡あったのに、メール見逃して受けられない。つらい。」といった内容の投稿をしてしまう人ですね。

 

確かに、最近はちょっとした自分の心の中の声をSNSに発信する事が多くなってきたと思うんですよね。

しかし、それをやってしまうと、転職活動が会社にバレる可能性ってやはり高くなってしまう事があるんですよね。SNSって「仲間内だけのもの」と思っている人が多いのですが、

 

そんな事はありません。どこでどうやって拡散されているのか?なんてわかりませんし、

どこで誰が調べているのか?という事だって不明確なんですよね。意外にも自分のtwitterやfacebookの投稿を見ている人って多いんです。

 

だからこそ、転職活動がバレるのがイヤだなと少しでも思っているのであれば、転職についてtwitter等のSNSに投稿する事は控えましょう。

うちの会社も調べますから。この前なんて面接後に、「まじ疲れたわ」みたいなことを言っている人がいて、「あれ?そういう人だったのか」となりました。

関連記事:私が転職したきっかけ

同僚への相談

これも転職がバレる時のパターンだと思うんですよね。同僚に「俺いま、転職しようと思っているんだけど、会社にバレるのは怖いから言わないでね。」といったとします。

 

もちろん口止めはしているわけです。

 

でも、いつの間にかそういう情報って社内に広がってしまうものなんですよね。だからこそ、転職活動がバレるのがイヤなら同僚にも言わない方が良いんですよね。

関連記事:仕事を辞めにくいと言っている時間が無駄だと思う。

 

ただ、転職する時ってどうしても不安になってしまうものなんですよね。だからこそ、転職活動をするという事を、

誰かに言いたくなってしまうのです。

 

ただ、前述の通り、やはりいくら口止めしても情報って流れていってしまうものなんですよね。

私も「内緒って言われたんだけど、ここだけの話ね。」といって、よく色んな情報がまわってきたものです。

あれ、本当にみんな流しているよね……。口が堅そうな人でも、結構しゃべっていたりするからおそらしい……。

 

だからこそ、転職活動がバレる事がイヤならば、同僚には言わない方が良いのです。危ないよ。

服装が違う

いつもは割とラフな格好をしている人なのに、急にきちんとしたフォーマルなスーツで出社するようになると「あれ?転職活動しているのかな」と勘ぐる人がいるんですよ。

いま在籍している会社ではラフな格好でも問題ない、という場合でも、転職希望先の会社では「面接にはスーツで来るべき」という風潮が残っている場合もあるから難しいですよね。

転職活動がバレる原因かもしれない……。

ただ、これは駅のロッカーにフォーマルな格好のスーツを預けたり、「ラフな格好ですみません」と先方に伝えておけば問題はないように思うんですけどね。

 

最近だと、「服装なんて何でも良いよ」という会社も増えてきているので、転職活動がバレるリスクを考えるなら、普段の格好で行けば良いと思います。

態度の急変

 

これもあると思うんですよね。

転職活動をしている時って「よし、もうこの会社とはおさらばだ」と思っている時なんですよね。

会社に対する不満が溜まっている時だってあるでしょう。

 

そうなってくると、仕事が雑になってしまったり、上司に対しての態度が変わって来てしまい、

結果的に転職活動を疑われる、あるいは転職活動がバレる事態が起こってしまう可能性だってあるのです。

 

確かに、「もうこの会社にいる事はない」と思うと、やる気も起きませんよね。これは仕方がない事だと思うのです。

だって、どうでも良いもんね。辞める会社のことなんて。正直そうでしょう?

 

転職活動を始めるまでは上司にヘコヘコしていた人の態度が急に変わってしまうという事だってあります。

ただ、これが転職活動がバレるきっかけになってしまう事だってあるんですよ。また、営業成績だって落ちてきてしまう事があるんですよね。

 

どうせ退職する会社だ」と思ってしまうと、どうしてもやる気なんて出ないものなんですよね。

私の会社の社員なんて辞める前日に会社のデータを一部削除していった人もいたし……。

だからこそ、今までは良い営業成績を出していた人でも、

 

退職が決まってしまうと、途端に営業成績が悪くなってしまう事だってあるのです。

関連記事:職場で嫌われる人の特徴7

 

あいつ最近なんか違うよな?」といった小さな噂から始まり、疑われる機会が多くなってしまうのです。

だからこそ、私は転職活動がバレるのがイヤなのであれば、勤務態度や業務量を決していつもよりも多くしたり、

少なくしたりしない事が重要だと思っているのです。

関連記事:転職がうまくいかない人の特徴を徹底解説。

 

勘付かれないための対処法を考えてみた

転職先が決まるまで「今まで以上に頑張る」

転職が決まるまでの期間は「面接・履歴書」等を書きつつ、現在の仕事をするわけですから、どうしても忙しくなってしまったり、

精神的な余裕がなくなってしまう事が多くなると思います。

しかし、「職場での変化」を勘付かれてしまえば、転職活動がバレる可能性だってあります。転職活動がバレることのないように、

転職先が決まって、「もう辞めます!転職先も決まりました!」と言えるようになる日までは、

 

「今まで以上の頑張り」を見せた方が良いのです。

 

会社の飲み会には積極的に参加する

私だったら、これはやりません。会社の飲み会に参加するなんて事自体が私にとってはストレスになってしまいますからね。

しかし、もしも転職活動がバレるのをおそれているのであれば、会社の飲み会には今までと同じように参加した方が良いと思います。

 

会社の飲み会って定期的に開催されるような会社が多いと思いますが、転職活動を始めた時期くらいから、「あれ?最近あいつ付き合い悪いぞ。」と思われてしまう事が多いのです。

そうなってくると、だんだんと「お前、あいつが転職するとか聞いてるのか?」と上司が同僚に話を聞くようになってしまい、

結果として転職活動がバレる事があるのです。

 

メールでの連絡にしてもらう

転職活動をしていると、「電話で伝えてくる会社」と「メールで伝えてくる会社」というものがありますが、転職活動がバレると、今の立場的に不都合なのであれば、

メールでの連絡にしてもらった方が良いと思っています。

 

電話だと、他の誰かに聞かれてしまう事もありますし、どこから転職活動がバレるかわかりませんからね。だったら、メールをもらって、

帰宅してから返したり、読む方が転職活動がバレない状態のまま、転職活動を進めていく事が出来ると思っているのです。

関連記事:仕事を変えたい人が当たり前に転職する時代。

 

転職活動がバレると、結構大変

 

これはある事だと思うんですよね。転職活動をしている事がわかると、それまで優しかった「周りの人間の態度」が変わってしまう事だってあるんですよね。

 

だからこそ、バレる事がないようにしなければいけないのですが、なかなか難しいですよね。

ただ、転職活動がバレるという事態になり、有給消化で転職までの期間を休めない状況なのであれば、転職活動がバレないように、

 

しっかりと、計算高く生きた方が良いと思っているのです。

 

私の知り合いでも、転職活動をしている事が会社にバレるという事を経験した人がいるのですが、その人は本当に大変そうでしたね。

 

上司からの圧力だってありますし、周りの目線だって冷たいものになってきてしまうわけなんですよね。それに耐える事が出来るのであれば、

 

それはそれで良いのですが、そういう人だけではないと思うんですよね。辛いと思ってしまう人の方が多いのです。

 

だからこそ、転職活動がバレる事のないようにした方が良いんですよね。

関連記事:転職のデメリットを踏まえて決断する

 

 

今は転職活動がバレる可能性は低い?

ここまで転職活動はバレるのか?という事について書いてきましたが、いまって昔と違って転職活動がバレるという可能性は低くなってきているように思います。

 

なぜか?それは転職サイトの形態が変わってきているからです。

例えば、リクナビネクストだったら、「ブロック企業設定」というのがあって、自分の会社をブロックすることができるんですね。

こっそり転職」ができる時代なんですよ。素晴らしい!

 

だからこそ、現職の企業にバレる事もないんですよね。

 

いまはこういった新しいサービスが出て来ているので、だんだんと転職活動がバレる可能性というものが少なくなってきているんです。

 

さっき紹介したグッドポイント診断で有名なリクナビネクストでも自分が在籍している企業をブラックすることができるし、小さな差0ビスでもブロックできるものって多くなってきているんですよ。

逆にバレる可能性があるのは、そういったブロック出来るサービスを使っていない場合なんですよ。

 

だからこそ、今は転職活動が会社にバレる事は昔よりも少なくなっているのです。

自分が口を滑らせてしまったり、不用意な言葉、軽率な態度を取ってしまうからこそ、転職活動が現職の会社にバレるのです。

転職活動がバレるのをおそれているのであれば、最初からバレないように、十分な準備と対応をするべきなのですよ。

職場での行動1つ1つや、使う転職サイトに関して、慎重になる必要があるんじゃないかな、と思います。

リスクへッジしながら、生きていこうね。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。