転職

ブラック企業に転職するのはあまりに非効率だと思う。

世の中には様々な企業がありますよね。IT系もあれば、商社やメーカー等、本当に様々な分野があるのです。

でも、中にはブラック企業に就職してしまったり、職場環境が良くない企業に就職してしまったという人もいるはずなんですよね。

 

もちろん、ブラック企業が必ずしも悪いとは言っていません。それがやりたい事で、ブラック企業でも働いていて楽しいと思えるならそれで良いでしょう。

 

ただ、そうじゃない場合、ブラック企業って本当に時間を無駄にしてしまうんですよね。仕事が「乗り切るための仕事」になってしまうんですよ。

 

また、ブラック企業に就職してしまう人って転職する時にもブラック企業に転職してしまう確率が実は非常に高いんですよね。

不思議なものですが、実際にある事なのです。

 

でも、ブラック企業に転職する必要なんていまはないと思っているのです。

なぜでしょうか?

 

 

ブラック企業への転職は毎日が辛いだけ

 

ブラック企業へ転職してしまっても、「まあしょうがない。次に転職するとなると、また条件は厳しくなってきてしまうし、しょうがない。」となるんですね。

いま、ブラック企業で働いている人も、

 

「明日を乗り越えれば、土日が来る」と思って、なんとなく我慢してしまう人が非常に多いのです。

 

しかし、ブラック企業に転職すると、本当に毎日が辛いだけになってしまうんですよね。私の友人もブラック企業で働いてたのですが、

平日の疲れから土日は家でただぼーっとして過ごしているような状態だったんですよね。

 

その友人は最終的に適応障害になり、その後鬱病になってしまったのです。

関連記事:置かれた場所で咲きなさい?そんな事してたら鬱病になります。

 

私たちって「寝なくても大丈夫でしょ!」と思ってしまいがちなんですよね。私も前職を辞める直前なんかはなぜか夜更かしをしていました。特に日曜日の夜とかは遅くまで起きていましたね。

だって、寝てしまったら次は週の始まりになって、仕事が始まってしまうから。それが嫌で仕方がなかったから、できるだけ遅くまで起きて、あまり寝ないで行っていましたね、職場に。笑

ブラック企業に転職しても、

 

乗り切ればどうにかなる!と思って、我慢してしまうのです。でも、人間はそこまで強い存在ではありません。

すぐに限界を迎えてしまう、とても弱い生物なんですよ。

 

だからこそ、私はブラック企業に転職するのはあまり良い事ではないと思っているんですよ。

 

一度入ってしまうと、辞める事への抵抗がより強くなりますからね。そうなってきてしまうと、どんどん自分を追いつめるような思考になってきてしまい、

 

精神的な余裕を失ってしまうのです。

関連記事:日曜の夜に憂鬱になる仕事は辞めた方が良い。

 

 

 

ブラック企業のダメージは残ります

 

 

これもあるんですよね。ブラック企業に転職したとしてもしばらくはやっていけると思うんですよね。

自分の好きな事であれば、なおさらやっていけると思うのです。

 

でも、ブラック企業で働いていると、やはり身体はだんだんと疲れて来てしまうものなんですよね。そして、

疲れただけならまた良いのですが、ブラック企業に転職してしまうと、病気になってしまうという人もいるんですよね。

 

そうなってくると、次の仕事を探そうにも探せなくなってしまうんです。私の友人の場合は転職活動をしたくても、

 

パニック障害になってしまい、そもそも面接会場までの電車に乗れないという状況でした。

これ、ブラック企業を辞めてからの話ですよ?実際にそういう事が起こっている以上はやはりブラック企業への転職って危険だと思うんです。

関連記事:ブラック企業を辞めたい?今日辞めてしまいましょう。

 

 

鬱になってしまうと、2年くらいは普通の働く事が出来ないような状態になってしまう事だってあるんですよね。

今はどんどん良い薬が出て来てはいるのですが、それでも、完治するまでにはある程度の時間が必要になってきてしまうのです。

私だって、退職してすぐの頃は相当自信を失っていたのかな、と思います。「ああ、普通に社会人をやっていくこと、できなかったな」と思ったもんね。笑

辞めた時には顔が優しい支店長の顔やら、珈琲ばっか飲んで太っていた副支店長の顔、そして例の神経質先輩の顔が思い浮かんだな。笑

ああ、懐かし。

関連記事:上司に仕事を辞める報告をする時に大切な事。

 

 

ブラック企業に転職しない方法ならある

 

これって意外と皆さん知らないのですが、ブラック企業に転職したくないのであれば、その方法ってあるんですよね。

 

ブラック企業に転職してしまう人って「情報収集能力が低い」という特徴を持っているように思います。

だからこそ、自分の主観だけでブラック企業かどうか?という事を考え、判断し、ブラック企業に転職してしまう人がいるのです。

 

でも、例えばキャリコネであれば、転職先の会社の口コミを見てから転職をする事が出来ますし、ハタラクティブ 等は、

 

「実際に会社に訪問してエージェントが自分の目で見て、訪問した会社しか掲載していないのです。」

こんな感じで、ブラック企業に転職しないようにする仕組みを構築しているのです。

 

ブラック企業にどうしても転職したくない人はこういったものを使えば良いのですが、なかなかそういったところまで手が回らないという事もあると思うんですよね。

 

 

でも、ブラック企業に転職したくないという意思があるのであれば、やってみる価値は絶対にあると思っているのです。

 

 

ブラック企業に転職するなんて時間を無駄にしていますし、何より自分の身体が壊れていってしまいますよ。

ホワイト企業に転職した方が良い!とは言いませんが、ブラック企業を避ける方法がある以上、行く意味ってないんです。

 

今回はブラック企業と転職について書いてみました。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。