人生に悩む君へ

夢を諦める前に、後少しだけ頑張る力。

皆さんにはどんな夢がありますか?歌手になりたい夢?俳優になりたい夢?社長になりたい夢?

きっと色んな夢を持っていると思うんですよね。

 

例えば、小さい頃、私は歌手になるという夢を持ちました。

そして、親に反対されたんですよね。「そんな危ない事をするよりも、普通の職業に就いた方良い。」

そんな言葉が私の目の前にはありました。しかし、それでも諦める事が出来ずにこっそりオーディションに音源を送ったりとか、

こっそり、オーディション用の写真を撮って送っていたんです。

 

親の言う通り、成功する事はなく、今は違う夢を持って頑張っているのですが、それでもあの時の夢を追っている時の気持ち、

そして、いま正に夢を持っている時の気持ちというものはずっと心の中にあるんですよね。

 

でも、中には夢を諦めるという選択をしようとしている人だっていると思うんです。お金だってないし、結婚もしなくちゃいけない。

 

この先、私はどうなるんだろう?そんな不安に駆られて夢を諦める人っているんです。もちろんそれが正解の時だってあるんです。

 

それで幸せになる人だっているんです。でも、私は今、自分のやりたい事、夢を追っている側として思う事があるのです。

 

「夢を諦める前に後少しだけ頑張ってみた方が良い」と。

 

 

夢を追う時は周りの圧力はどうしてもかかる

 

 

これはあるんですよね。

夢を追っている時って基本的にはお金がない状態なんですよね。なんだってそうです。今有名になっている人でも、

前は貧乏だったという人がたくさんいるんですよ。

そして、夢を追っていたらだんだんと年齢だって上がっていってしまったりして、やがて「周りからの圧力」というものが重くのしかかってきます。

 

私もかつてはそういった圧力を大きく感じた事がありました。そして、夢を諦めるという選択肢を考えた選択肢がなかったわけではなかったのです。

 

今って、普通に大学にいって、普通に良い会社に就職すれば、ある程度の幸せを手に入れる事が出来るんですよね。

言ってみたら、目の前に当たり前の幸せというものが転がっているのです。

 

つまり、夢を諦めるという選択肢を早々にとれば、当たり前の幸せを手に入れる事が出来るんですよね。だからこそ、周りはより厳しくなるのです。

 

「なんで普通の道があるのに、そんなよくわからない道に行くの?」って。

 

でも、そういう事じゃないなと私は思っているのです。もしかしたら、目の前にある幸せを手に入れるために、夢を諦めるという人もいるでしょう。

 

ただ、それで本当に良いのだろうか?そんな事を少しだけ考えてみて欲しいのです。

 

 

だんだんと薄れていく夢の感覚

 

 

夢を追っていると、だんだんと夢を追っている感覚というものがなくなっていくんですよね。

「自分は何をやっているのだろう?」「何のためにやっているのだろう?」

 

そうやって思って来てしまい、夢を諦める人がいるのです。でも、これはわからない事でもないのです。

やっぱり夢を追うという事は非常に大変な事だと思うんですよね。だってそうですよ。

 

夢をいくら追っても叶わない可能性なんていくらでもある、いやむしろ叶わない可能性のが高いでしょう。

100万人いたら1人くらいしか叶えられないような夢かもしれない。

 

そういうものを追っていると、どうしても夢を追うあの時の感覚というものがなくなってきてしまうんですよね。

 

私たちは弱い存在です。だからこそ、周りで幸せそうな人がいると、「いいな。あんな生活がしたい。何をやっているんだろう?」となってしまうのです。

 

でも、そんな時ほど、初心にかえって欲しいんですよね。

 

夢を追う時のあの時の感覚を思い出して欲しいのです。

いつの間にか大人になっている自分はいませんか?いつの間にか理想の自分から遠のいていませんか?

きっとあると思うんですよね。

 

世の中に慣れて行くと、人間ってだんだんと汚くなっていってしまうものなんですよね。キラキラした自分を心の奥にどんどん追いやって行ってしまい、

 

自分が何者なのか?さえもわからなくなってしまうのです。

 

 

でも、人生は一度でしょ?だから後少しだけ頑張る。

 

 

確かに、色んなしがらみってあると思うんです。

周りからの圧力やライフプラン等、本当に色んなものがありますよね。でも、やっぱり人生って一度しかないんですよね。

夢を諦めるという選択肢を選んでしまった時点で、もう二度と自分が描いた夢には出会う事が出来ないんですよ。

 

自分の人生は本当にたったの一回しかないのです。

 

私の転機はやはり父でした。父が私が大学生の時に突然亡くなったんです。その時に、

 

「ああ、やっぱりやりたい事をその時にやらなきゃな。」と思ったんです。

 

 

人生は一度きりなんです。人生最後の日に欲しいのはお金ですか?名誉ですか?きっと違うと思うんですよね。

 

自分の夢を叶えて、多くの人に影響を与える事だと思うんです。

だったら、後少しだけ、夢を諦める前に頑張ってみれば良いじゃないですか。

 

簡単ではないです。辛いです。しんどいです。そして、叶える時は最高に格好悪いです。

でも、それでも叶えたいものだと思ったのであれば、死に物狂いでやってみる価値があると思うのです。

夢を諦める前に少しだけ、後少しだけ頑張るという気持ち忘れないでください。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。