ブロガー「水瀬まりも」とは?
お金の話

ビットコインを使うメリットを徹底解説!

最近、ビットコインというワードが一つのホットワードとしてメディア等で取り上げられる機会がとても多くなりましたよね。

 

仮想通貨という言葉に「何それ!凄いものかもしれない!」そう思い、興味を持った人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、その一方で2014年に倒産してしまった「マウントゴックス倒産」という印象が強く残っており、

「やはりビットコインって危険なんだ。」と思っている方も多くいるのではないでしょうか?

 

そのため、ビットコインを使うメリットなんてないのではないか?そう思ってしまった人もたくさんいると思うんですよね。

 

確かに、このマウントゴックス倒産により、「顧客の資産400億円」程の資産が消えてしまったという事実があります。

その印象が強い事は仕方がない事だと思いますし、ビットコインを買うメリットよりも、そのリスクの方が大きいと思っている方も非常に多いと思うのです。

 

しかし、その一方で、仮想通貨であるビットコインは、毎年ユーザー数が数百万人規模で増加しているという事実が裏付ける事からもわかる通り、

 

多くのメリットも存在しているのです。

そこで、今回はビットコインを使うメリットについて書いていきたいと思います。

 

 

 

送金手数料が安いという点

 

通常、お金をAからBに送金する時に皆さんならどうしますか?自分でBさんのところまで運びにいきますか?

 

そういう人はほとんどいませんよね。つまり、多くの人は銀行というものを介して送金するわけです。

今だと、例えば日本から他国へ通貨を送金する時の金額は大手の銀行で4000〜7000円程度の手数料がかかってしまうんですよね。

 

paypalを使えば、料金は安くなりますが、ビットコインに比べるとやはり高額になってしまうのが現実なんですよね。

ビットコインだと、例えば500〜1000円程度を海外に送金するとしても、数円〜数十円で済んでしまうのです。

 

また、決済スピードが早いという事も特徴ですよね!従来だと、決済までに数日かかる事が一般的だった海外送金ですが、

 

これもビットコインであれば、1時間以内に送金する事が可能になっているのです。これって実はビットコインの大きなメリットだと思うんですよね。

 

これからは世界がだんだんとシームレスになってくると思うのです。つまり、境界のない世界がやってくると考えているんですね。

ヒト・モノ、そして金がグローバル化の波にのまれていくような時代になっているのです。

 

そんな時だからこそ、お金を送金する時に、安くて早いという事は何よりのメリットなんです。

最近はRipple(Google関連の仮想通貨)やLitecoin等、多くの仮想通貨が世の中に出て来ているので、

より、仮想通貨というものの地位が高くなっていき、競争原理も働くので、より高度になっていくのではないかと思われます。

 

 

 

 

資産の一部をビットコインへ

 

 

これもビットコインのメリットだと思うんですよね。

そもそも、お金って何だろう?と考えた事ってありますか?これって意外とないと思うんですよね。

「ビットコインってなんだろう?怖いな。メリットなんてあるのだろうか?」と思っている方って多いと思うのです。しかし、私たちは自国の通貨に関してもきちんとした知識を要しているのでしょうか?

 

通貨とは「信用」なんですよね。つまり、安全だと思っている日本円も「日本はもうだめだな。対GDP比で考えた債務も大きいし、これから日本はダメになるだろう。」

 

そうやって多くの人から思われてしまえば、日本円の価値は大きく下がってしまうんですよ。

 

そんな時に、ビットコインのメリットが登場してくるわけです。

自国の通貨に不安を覚えている人って実はたくさんいるんですよね。日本だけでなく、自国の通貨が不安定な国だったという場合もあります。

 

そういう人が「ビットコイン」に資産を移して、リスクヘッジをしているんですよね。一般的な投資家だと、

 

自分の財産を全て自国の通貨で持っているという人はいません。通貨に限らず、三分法(資産を不動産・現金・株又は債券に分散投資する事)という言葉があるように、

 

自分の資産を守るために資産を分散させているのです。そういった面では、やはりビットコインというものにメリットがあると思うんですよね。

 

 

そもそも、通貨が金属である必要性ってもはやないのです。1971年のニクソンショックにより、紙幣と金との兌換が停止されてから、

 

お金というものは信用に裏打ちされたものでしかなくなってしまったんですよ。だからこそ、金属である必要性ってないのです。

 

ブレトンウッズ体制からの転換ですよね。

 

 

よくオンラインゲーム内でしか使えないコインってあるじゃないですか?あれってなんで使えるのか?というと、

 

「このゲーム内ではあのコインが有効」と、信頼しているからなんですよね。

 

それがグローバル化されたものが、ビットコインであるといっても良いでしょう。ビットコインのメリットには資産のリスク分散という側面があるのです。

 

ビットコインを自身のポートフォリオにいれる事により、リスクをヘッジする事が出来るわけです。

 

また、中央銀行が存在しないため、国本意の意向や政策に左右されないという事もビットコインのメリットかと思います。

 

日本に住んでいると、お金の安全性について考える事ってあまりないのかもしれません。

しかし、例えば北朝鮮では2009年11月末にデノミ(通貨の単位を変える事)を行いましたよね。

そして、大混乱に陥ったのです。

 

デノミというものは本来過度なインフレが起こってしまった時に行うものですが、この時、なぜ混乱が起きたのか?というと、

 

それだけが目的ではなかったからなんですね。

なんと、新貨幣への兌換に上限をつけてしまったからなのです。もちろん、総書記に近い一部の人間はこれを事前に知っていたので、他国通貨(ユーロ等)に兌換していたのですが、

 

一般の市民はこれを知りませんでした。

 

つまり、このデノミは市民からお金を取り上げるものだったのですね。

政府が管理している通貨というものにはある意味での安全性というものがないという事をおわかりいただけたでしょうか。

 

だからこそ、中央銀行を持たないビットコインというものが資産分散という観点においてメリットがあるのです。

 

 

データの改ざんが出来ない仕組み

 

 

これもビットコインと使うメリットだと思うんですよね。

銀行というシステムって誰かが改ざんしてしまえば、どうにでもなってしまうようなシステムになっているんですよ。

 

しかし、ビットコインではここでもメリットがあります。それはなぜか?

 

「ブロックチェーン」という技術を使っているからなんですね。これって何なのか?

 

簡単に説明すると、

 

例えば、Aという情報がBという情報に改ざんされてしまったとしますよね?通常であれば大問題です。

しかし、このブロックチェーンの技術(ここではプライベートチェーン)は

 

他者と情報が同期されているため、改ざんされてもまた元のデータに戻してくれるんですね。つまり、情報を共有する事により、

端緒的な情報改ざんに対抗する事が出来るのです。

 

もっとわかりやすく説明しましょう。

 

例えば、

 

Aさん、Bさん、Cさん、Dさんという四人がいたとしますよね。

この四人で居酒屋にいこう!という事になったとします。いつもいじられキャラのAさんが幹事になってしまいました。

もちろん幹事であるAさんが会計をしますよね。

 

値段を幹事であるAさんが計算して

 

「今回は4人で20000円だったから1人5000円ね。」といAさんは言いました。

 

「ああ!今回はそんなに飲んだのか!」そう思い、BさんとCさんは5000円を支払いました。しかし、

頭のキレるDさんだけは「あれ?おかしくないか?」と思ったわけですね。

 

そのため、「なあ、A君?今回のお会計ちょっとおかしくないか?」と聞いたんですね。そうなんです。

実はこのA君は幹事を押し付けられた腹いせに通常よりも高い値段を教えていたのです。

 

実はこれってブロックチェーンのような仕組みのない中央集権的な仕組みになっているからこそ起こってしまったのです。

 

つまり、ビットコインのメリットを教授出来れば、解決出来た事だったのです。

どういう事か?

 

今回、なぜ会計金額を改ざん出来たのか?というと、これはA君しか情報を持っておらず、A君が改ざんしてしまったら、

もう他の人は知る術がない状態になってしまっていたからなんですね。

 

しかし、これがビットコインに代表されるブロックチェーンの技術を使うとどうなるのか?

 

全員が会計の情報を持ち、A君が「今回は20000円だよ!」と数値を改ざんして伝えても、他の人が正しい情報を持っているため、

改ざん出来なくなるんですね。

 

これがまさにビットコインのメリットなんです。つまり、通常の中央集権的なシステムの時には改ざんされる可能性があったが、

ビットコインにブロックチェーンのシステムが入る事により、改ざん・不正の余地がなくなったのです。

 

今後この技術は多くの様々な業界に浸透していくような革新的な技術なのです。

 

最近では、CMでおなじみのビットフライヤー がビットコインを買う時には一番有名なサービスになってきていると思います。

 

  • 24時間365日入金できるクイック入金サービス
  • ユーザー数20万人、月間取引高450億、資本金約40億の財務基盤
  • 安全性の高いブロックチェーン

 

こういった特徴から今ビットコインを使うのであれば、一番安定性、安全性に優れたサービスだと思います。現時点ではね。

 

ビットコインのメリットについて今回は書いてみましたが、どれだけご理解していただけましたか?

ビットコインって難しい!とやっぱり思ってしまいますし、いくらメリットを書いたところで結局は使ってみなければわからないんですよね。

 

少額からの換金も出来るようになっているので、少額から始めてみてビットコインのメリットを教授してみるのも良いのではないでしょうか?

 

次の時代の当たり前になる前に。

 

紹介サイト:【ビットフライヤー】

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ
よく読まれている記事