転職

仕事を辞めにくいと言っている時間が無駄だと思う。

どんな職業でも、仕事って合わないと大変なんですよね。

入社する時には「この会社で好きな事を思う存分やっていくぞ!」と意気込んでも、年月が経てば変わって来てしまう事だってあるんですよ。

ただ、転職するのは転職するので大変なんですよね。

仕事を辞めたくても、辞めにくいと思っている人って実はたくさんいるのです。

特に新卒で入った会社なんかを辞める時には、人事の顔なんかが浮かんできたり、支店長の顔が浮かんできたりして、「やっぱりこのまま続けた方が良いのかな?」なんて迷ったりする。

 

でも、仕事を辞めにくいと言っている時間って本当はとても無駄だと思うのです。辞めたい思っているのであれば、

転職したいと思っているのであれば、辞めにくくても辞めてしまった方が良いんですよ。

 

 

なぜ仕事を辞めにくいのか?

 

仕事って辞めにくい事は確かですよね。私の友人でも「仕事を辞めたいけど、辞めにくいんだよね。」と言っている人って本当のたくさんいました。

結果的に転職せずに、現状で我慢している人ってたくさんいたのです。

 

では、なぜ仕事って辞めにくいのでしょうか?

・上司との関係

 

これは辞めにくい原因のトップでしょう。

上司って会社においては絶対的な存在になっているんですよね。そのため、今まで長い時間を自分に費やして育成してくれた過去があったりなんかすると、

どうしても「仕事辞めにくいなあ」と思ってしまうのです。

特に、入社して1年程度で辞める場合とかだと、より仕事を辞めにくい環境になってしまうんですよね。

仕事を始めて1年くらい経った時って「やっとこれから役に立ってくれるかもしれない」と上司も思っている頃なんです。

 

そのため、辞めるとなると「上司が怒ってくるんだろうな」と考えてしまう人だっているでしょう。

 

確かに、本人からしたら仕事を辞めにくい原因は上司かもしれません。しかし上位は「辞めたい」と言って来た人に関心を持たないものなんですよ。

関連記事:上司が嫌いだからという理由で辞めるのは悪い事?

 

辞めにくいという感情ほどには上司は関心を持たないものです。私も上司とか副支店長の顔が浮かびましたね。なぜ副支店長なのか?というと、太っていて怖い印象があったから。笑

優しい人って案外気にならないものだったりするのよね。「辞めたらどうなってしまうのだろう」なんて無駄なことを考えていた時期もありました。

 

・同期との繋がり

 

これも仕事を辞めにくい原因の一つでしょう。

同期って一般的な同僚よりも大きな意味を持ちますよね?研修の時も一緒だったり、苦楽を共にしてきている以上、

仕事を辞めるとなれば、連絡も来るだろうし、

 

あいつは途中で辞めたやつだ

 

と言われる事を心配する人だっているでしょう。

私にもこういった経験があるんですよね。私の会社の場合は、私が辞めた時に社内全体に一斉送信で「まりもさんが退職されました」みたいなメールを送信されましたから。地獄ですよ。笑

全社員に送るとかもはや嫌がらせとかしか思えないよな。

会社を辞めた時には同期からやはり連絡が来ます。

 

「なんで辞めるの?」

「なんかあったの?」

 

そんな事を聞いてくる人だっていました。正直、とてもめんどくさかった。本人たちは善意で言ってくれているのかもしれない。心配してくれていたのかもね。

でも、仕事を辞めにくい原因にするには短期間のストレスだな、と思った事もまた事実なのです。

そういった同期からの心配ってだんだんとなくなってくるものです。1週間もすれば誰からも連絡がこなくなるというのは一般的な対応だと思いますよ。

関連記事:社会人のいじめってタチが悪い

 

私の場合も1週間したら誰からも連絡が来なくなりました。社会で事件や時事ニュースと同じで、話題性というものは

だんだんと薄まって行くものです。辞めた人のことなんてどうでも良いのよね。

 

だからこそ、同期との繋がりが仕事を辞めにくい原因になっているのであれば、心配しなくても大丈夫ですよ。

 

そこまで他人に興味がある人なんて実はいないのですから。

 

・自分が辞めたら回らない

 

これも仕事を辞めにくいと思ってしまう原因だと思うんですよね。

ある程度の年数が経ってくると、そこそこの地位になってきて、担当する顧客や地域だって決まって来てしまうんですよね。

そのため、自分が辞めると、どうしてもそれを穴埋めする人が発生してきてしまうのです。

 

ブラック企業であればあるほど、一人が抱える仕事の量が多いため、

 

辞めたらこの仕事を誰かが代わりに負担するんだろうな」と思って、仕事が辞めにくい状況になってしまうんですね。

でも、これってしょうがない事だと思うんです。

何も辞めるなんて事はあなたが最初に行った行動ではないはず。

過去にも人が辞めて、他の人に仕事を回ってきたという事はあったのです。

 

もちろん、最初は辞めた後の人たちも大変でしょう。自分の代わりに仕事をするわけですからね。1人当たりの仕事量も増えるでしょう。

 

しかし、会社というものはあなたがいなくても回るように出来ているんですよ?誰かが辞めたら存続しないような企業は

その企業の在り方が間違っているのです。

 

だからそこまで気にする事でもないと思っているんです。顔が思い浮かんだりもするのでしょう。「俺が辞めたら、あいつが大変になるのか」なんて心配をしたりもする。

でも、そうやって辞めなかったら企業側の思う壺じゃないですか。笑

関連記事:上司に仕事を辞める報告をする時に大切な事。

 

上司に言う事さえも怖かった当時の私

 

当時の私も皆さんと同じように「仕事を辞めたいけど,辞めにくいなあ」と思っていた人物の1人でした。

 

前職の仕事をしている時には、何もかもが嫌でした。仕事内容も上司も大嫌いでした。だからこそ、ずっと辞めたいと思っていたのです。

 

でも、いざ上司に言うとなると、足がすくんで言えない。仕事を辞めにくいと思っているのは私だけ。本当はそうだった。

 

ただ、当時の私にはそこまでの精神的余裕がなかったのです。仕事を辞めにくい現状の中でも、どうにかもがいてもがいて、続けていたのです。

 

上司に言う事が私にとっては1番大きな壁でした。

 

  • 上司に言ったら怒られるのではないか
  • 上司はどんな顔をするのだろうか

 

そんな事ばかりを考えていた。だから、仕事を辞めにくいと思いながらも続けていた。でも、それでは何も変わらなかったんですよね。

辛い日常が我慢する事で変わる事はありません。

 

仕事辞めにくいなあ」なんて心の中で思っていても、何も変わらないのです。だから、「もう無理だ」と思ったところで、辞意を伝えたのです。

 

でも、今思えば、もっと早い段階で言えば良かったなと思うのです。

 

もっと早く辞めていれば、今の仕事にもっと専念する事ができたな、と思うからです。過去を振り返っても仕方がないし、

私は過去を振り返る事はあまり好きではない。特にマイナスな記憶はね。

 

ただ、皆さんが今、「仕事が辞めにくいな」という気持ちを持ってしまっている事で、仕事を辞める事ができていないのであれば、

 

早い段階で上司に相談した方が良いと思うのです。もしも過去に戻る事ができるのであれば、私はもっと早く辞めていると思うから。

関連記事:転職するのにおすすめの業界って何だろう?

 

仕事を辞めにくいと言っている時間は人生の時間

 

確かに、上記の理由から「仕事を辞めにくい」と思っている人はたくさんいるでしょう。

しかし、仕事を辞めにくいと思って、何もしないでいる時間はあなたにとって大切な人生の時間なんですよ。

1分1秒と無常にも時間は経ち、私の人生は終わりに近づいているのです。

 

そこを本当に理解しているのでしょうか?

 

人生なんて本当はとてもとても短いものです。

あっという間に人生なんて終わってしまうんですよね。だからこそ、本当にやりたい事をやるべきだと思う。

 

仕事が辞めにくいと思っているかもしれません。でも、それって周りからの評価を気にしすぎた杞憂に過ぎない部分があるんですね。

 

また、今は転職市場が好調です。

転職を「検討段階」からサポートしてくれるリクルートエージェントや転職時の年収を算出する事が出来るMIIDAS(ミーダス)

 

グッドポイント診断で性格診断が出来るリクナビネクスト等、様々な形態の転職サイトを使って転職をする事が出来るんです。

だからこそ、仕事を辞めにくいという事を理由に仕事を辞める事が出来ない状態って本当にもったいないし、時間の無駄だと思う。

 

辛かったら辛いで辞めてしまえば良いんです。我慢して鬱にならなくても良いのです。

仕事を辞めにくい、という気持ちはわかるよ。私も同じだったから。

 

でも、人生の時間は限られているのです。気を使っている間にもしも死んでしまったら、あなたは後悔しませんか?

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。