仕事

仕事がつまらない原因を解説しよう。

働き始めた時はまだあまり差は出ませんが、社会人として働き始めてある程度の年月が経ってくると、仕事をつまらなそうにやっている人と、

とても、楽しそうにやっている人っているんですよね。

これって、働き始めてから数年後に本当に差が出るんですよ。

 

仕事がつまらないと働いている意味を見いだせないし、やはり辛いんですよね。

つまらないと自分で思いながらやっている仕事ってミスも多くなりますし、昇進する確率だって下がるでしょう。

 

だからこそ、仕事がつまらないという事は大きなネガティブ要素なのです。

でも、仕事がつまらないと感じる原因が何なのか?と、訊かれると、意外にもわからなかったりしませんか?

 

仕事がつまらないとわかっていても、その原因まで気付けている人って実は少ないのです。

では、その原因は何でしょうか?

 

 

 

同僚が合わないからつまらない

 

 

同僚って実は重要なんですよね。

同僚が合わない事って会社だとあるんですよね。でも、サラリーマンとして働くからには「同僚なんて選べるものではないし、我慢するしかない」

 

と思ってしまうものなんです。

 

でも、同僚が合わないって実は仕事の楽しさを決定する大きな要素である事が多いんですよ。

自分がやっている仕事ってどんなものなのか?という事を素因数分解してみると、やっている事に差があまりないと感じてしまう事だって多くあるんですよね。

 

もちろん本当に楽しいと思え、特徴的な仕事をすれば良いのですが、そういう人は少ないです。

 

だからこそ、同僚というものが重要になってくるんですよね。仕事がつまらないと現状で思うのであれば、同僚と合わないといった事が原因である事もあるのです。

 

同僚が自分と合う人であれば、多少仕事がつまらなくても、仕事がつまらないとは感じないものなんですよね。

関連記事:置かれた場所で咲きなさい?そんな事してたら鬱病になります。

 

本当に自分と合っている仲間と仕事をすると、本当に楽しいものなんですよ。私の友人を見ていても本当にそう思います。

 

仕事がつまらないという人は同僚の悪口を言っていて、仕事が楽しいと言っている人は同僚の素晴らしさを語っているのです。

 

ただ、どんな人が働いているのか?という事は、実際にはわからないものなんですよね。でも、今ってこれもだんだんと変わって来ていて、

 

エージェント式の求人サービスを使う事により、ある程度はわかってくるものなんですよね。

 

マイナビエージェント 等が大手だとエージェント式の転職市場に算入してきましたよね?

 

エージェントと共に、転職活動をする事により、ミスマッチングが今後は減ってくると思うのですが、

未だにエージェント式の転職サイトを使う人って一部のリテラシーが高い層のみになってしまっているのが残念なのですが、

 

仕事がつまらない原因が同僚が合わないという点にあると思うのであれば、自身で解決していく必要があるんですよね。

関連記事:転職か独立かを迷った時に考えるべき事。

 

 

業界が合っていないからつまらない

 

これも仕事がつまらないと思う原因の一つだと思うんですよね。

新卒として入社したものの、思っていたような業種ではなく、つまらなく感じてしまう人って結構いると思うんです。

 

これって実は当たり前の事だと思うんですよね。

 

新卒の時の就職活動ってそれまで遊んでいた大学生が就活時期が始まった途端に

 

「よし、就活始めよう!」という要領で始めますよね。こういった形、かつ短期間で始めた業界研究で、その業界が本当に自分にあっているのか?なんて事はわからないと思うんです。

 

どれだけ本で調べてもわからないものなんですよ。でも、業界が自分に合っていないって結構辛いんですよね。

 

私も最初に入社した業界は「全く面白みを感じる事が出来ない業界」だったんです。その業界が悪いわけではなく、

ただ単に私の調査不足である部分もあったのですが、

それでも、ミスマッチが起こってしまったんですよ。

関連記事:後悔しない生き方って辛いけど最高だってことを伝えたい。

 

だからこそ、仕事がつまらないと感じてしまったのです。自分は何をやっているのだろう?何が楽しくてこの業界にいるのだろう?

 

この業界にいる意味はなんだろう?つまらないな。となってしまっていたのです。

 

仕事がつまらないと思っているのであれば、業界を変えてみても良いと思うんですよね。

「自分が経験した業界以外には転職が出来ない」と思っている人もたくさんいるのですが、そんな事はありません。

 

例えば、ミーダス とかだと、自分が経験した業界や年齢を入力する事により、様々な業種や企業からスカウトが来る仕組みになっているんですよね。

 

こういったものを使って、他の業界でも自分は必要とされているのか?という事を確認してみるとわかると思います。

 

想定年収算出プログラムも使えるのが、このミーダスなので、気になる人はやってみてください。

転職を失敗してしまう人はやり方を間違えている!で詳しく書いているので是非。

 

仕事がつまらないと思いながらやっている仕事をずっと続けていると、いつしか精神的な限界が来てしまって、

鬱になってしまう人だっているんですよ。

 

だったら、その前に然るべき対処をした方が良いと思っているんです。

関連記事:上司に仕事を辞める報告をする時に大切な事。

 

 

自分じゃなくても良い仕事

 

 

これですよね。

仕事って確かに、誰でも出来るような仕事にしておく事が大切だと思います。でも、仕事って人生において、大きな意味合いを持っているものだと思うんですよね。

 

自分がやりたい事はなんだったのか?という事をもう一度考えてみてください。

 

マイナーな音楽を世の中に広めたいとか、世界一のパティシエになる等、何かしらのやりたい事ってあると思うんですよね。

関連記事:やりたい事がない?なんて嘘だと思う。

 

 

自分が「世の中をこうしたい!」と思って、やっている仕事ってつまらないとは感じないように出来ているのが私たちなのです。

 

だからこそ、逆に目的に沿っていない「自分がやらなくても良い仕事」をやっていると、仕事がつまらないと感じてしまうようになるんですね。

 

だったらベンチャー企業とかに就職してみても良いと思うんですけどね。

 

転職力診断@typeであれば、転職時の想定内定社数を算出してくれますし、ベンチャー企業も紹介しているので良いと思うんですよね。

 

 

なぜ仕事がつまらないと思っている方になぜ「ベンチャー企業」を勧めるのか?

 

 

それは、ベンチャー企業ほど、1プロジェクトあたりの人数が少なく、誰でも新しい事にチャレンジしやすい環境にあるからなんです。

 

 

「◯◯がやりたい!」と思えば、提案する事も可能ですし、それを後押ししてくれるような文化を持った企業が非常に多いんですよ。

 

仕事がつまらない原因は自分じゃなくても良い仕事をやっているという点にある事だってあるんですよ?

自分と向き合って考えてみましょう。

 

 

仕事がつまらないと思うのであれば、リクナビネクストのグッドポイント診断とかで性格診断をし、そこから転職してみるという方法もありますしね。

 

選択肢はたくさんあるんですよ。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。