ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

消費癖のある人の4つの心理

社会人になった友達が、突然高い買い物をするようになったんです。

会社に勤めてもうすぐ一年、「そろそろ貯金しなきゃ」と言っていました。

 

消費癖のある人、もしくは消費癖が出てきてしまった人ってなえそうなってしまったんでしょうか?

今日は消費癖のある人の心理について話してみたいと思います。

 

消費癖心理1:時間がない

 

社会人になると、学生時代と比べて圧倒的に時間がなくなると思うんです。

平日は毎日朝から夜まで会社で働かなくてはいけませんから、お金を使う、という時間がそもそもないんですね。

 

するとどうなるかというと、自分の時間がまるでなかった平日の時間を土日の休みで取り戻そう、という意識が働いてしまうんです。

平日は全然自分の好きなことをできなかったから、休みの日くらい自分にとって有意義なことを一週間分やろう、という気持ちになるんですね。

 

でも時間は平等に流れるものですから、いくら休みの日をフルに使ったとしても、平日のずっと仕事していた時間を取り戻した気分になれるようなことって早々ありません。

それどころか平日ずっと働いていると疲れがたまって土日の休みになかなか動けない、ということもありますよね。

すると自分が稼働できる時間がさらに少なくなってしまうんです。

関連記事:日曜の夜に憂鬱になる仕事は辞めた方が良い。

 

 

そこで消費癖が発動してしまうんです。

 

高いものを買ったら高いものを買っただけ、なんだか有意義なことをしたような気持ちになってしまうんですね。

高いものを買えたことによる高揚感、緊張感は何かを達成した時の気持ちと似ているんです。

 

そして高いものを買う、ということはすぐにできてしまうものです。

今の世の中ならネットでポチればなんでも買える。

 

だから時間がなくても達成感を得ることができる「消費」という行為にハマってしまうんです。

関連記事:浪費癖のあるひとを見抜く3つの方法

 

消費癖心理2:日々の楽しみがない

 

働いているとスケジュールをなかなか確保することができませんし、自分の時間もとりにくくなります。

「趣味はなんですか?」と聞いても「これといって特に何もない」という人も多いですよね。

 

もう趣味を見つける時間や気力すらなくなってしまっているのかもしれません。

 

日々の楽しみがないと、何もしてない自分というものに押しつぶされそうになるんです。

何も楽しめていない、ということが怖くなるんでしょうね。

 

それを物を買う、という消費行動で埋めてしまうんです。

関連記事:やりたい事がない?なんて嘘だと思う。

 

消費癖心理3:仕事が楽しくない

 

人生の大半の時間を占めるのが仕事ですよね。

その仕事が楽しくなくて、自分にとってやりたい事でもなんでもなかった場合、
人生の大半がやりたくない事に変わってしまう、ということなんです。

関連記事:仕事は楽しいものじゃないって何?

 

そうするとそれがストレスになって人に比べて何かが過剰になってしまう、ということがあるんですね。

  • 過食
  • 体重が減る
  • 眠れない
  • 生理がこない

人によって症状はそれぞれですが、こういった症状のうちの一つに消費癖も含まれます。

 

ストレスがたまりすぎていると、
自分では気づかないうちそういった「やりすぎ行為」をしてしまっているんです。

 

仕事が楽しくないのが原因で消費癖が出てしまっている人には今すぐ転職する事をおすすめします。

転職活動ってめんどくさそう、うまくいかなさそう、と思っている人も多いかと思いますが、今は様々な転職方法があるんですよね。

 

グッドポイント診断を使えば、自分の性格を診断し、適切な仕事を探す事が出来ますし、エージェント形式の転職だってありますよね。

 

転職が成功するかどうかはやり方次第、といっても過言ではないでしょう。

関連記事:転職を失敗してしまう人はやり方を間違えている!

 

消費癖心理4:自己顕示欲

 

「社会人になって毎日しんどくて辛くても一生懸命働いている」という自分に妙なプライドを持っている人もたくさんいるように思います。

 

そういう人って「社会人だから」という理由で社会人になると突然奢ってきたりすんですよね。

関連記事:彼氏が社会人になったら別れる人が多い理由

 

時間がなくて人と遊ぶ時間もあまりないから、
せめて友達と遊んだ時に友達に好いてもらおう、とお金で解決してしまっているところがあるような気がします。

 

人に奢ってばかりの人って、実は自分に自信がない人、だったりもするんです。

関連記事:キャバクラ好きな男にはある特徴があった。

 

そして人にお金を出す事によって尊敬される人でいたい、というのもあるでしょうね。

本当に尊敬される人って全然違うと思います。

関連記事:周りから尊敬される人の絶対的な特徴

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

消費癖のある人って絶対的に人生にストレスを溜めてしまっている人です。
満たされない気持ちがあるから消費する事に走ってしまっているんです。

そういう人は一緒にいても愚痴っぽくなってしまったり、仕事の話ばかりしてくる人ではないでしょうか?

 

そういう人って一緒にいてあまりいい気分にはなりませんよね。

そばにいる人ってとても自分に影響を与える人だと思うので、そういう人との関係は少し考え直した方がいいかもしれません。

関連記事

浪費癖のある彼女とは別れた方が良い

彼氏と金銭感覚が違う

 

【おすすめ本】

人生の中で「こうしなきゃいけない」と無意識に思っていることに私たちはとらわれすぎています。

「必要ないこと」「必要のない考え」をやめてみることによってもっと気楽に生きることができる。

そして気楽に生きることができれば、生活スタイルがなぜかどんどん改善されていくんです。

 

作者の実体験をリアルに描いたエッセイ。
読むとなんだかだんだん心がすっきりしていきますのでおすすめです。

 

 

では今日はこのあたりで。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。
よく読まれている記事