ブロガー「水瀬まりも」とは?
就活の悩みを語る

ESが通らない本当の理由を知っていますか?

就職って大変なのはもちろんの事ですが、何が大変か?というと、ESを書く事だと思うんですよね。

たくさんの企業の説明会にいって、重要な点をノートにまとめて、ESに書くという作業の繰り返しをするのが、就活なので、

これで疲れてしまう人だっていると思うんですよ。

 

私もESを書くのがとても嫌いでした。「なんでこんな無駄な事をしなくてはいけないのだろう?」と思ってしまい、

イライラするなんて事も何回もありました。

 

総理大臣になったら新卒採用を廃止する」と思っていました。

 

それくらい辛いものですよね。

ただ、もっと辛いのがESが通らないという時だと思うんですよ。一生懸命書いたのに、

 

「お祈りメール」が来るなんて事があったらやはり辛い。

そこで、今回は「なぜESが通らないのか?」その理由について書いていこうと思います。

 

 

自分の経験と結びついていない

 

ESが通らない人には共通点があるのですが、一番大きいのがこれだと思うんですよね。

ESを書く時には必ずといっていいほどに「志望動機」がありますよね?

 

なぜ◯◯商事に入りたいのか?そういった事を書く欄があると思うんです。

 

そこで、皆さんは熱意や、会社情報ばかりを書いていませんか?確かに、「どんな事をやっている会社なのか?」という事や、やる気を見せる事は大切なのですが、

 

 

志望動機が自分の経験と結びついていないと、どうしても人事側は「なんでそう思ったの?」となってしまうんですよね。

ESが通らないなと思っているのであれば、無機質な志望動機になっていないのか?という事を書いてみましょう。

 

会社が何をやっているのか?なんて事は就活生であればみんな調べてきているんですよね。だからこそ、それに加えて自分の経験も書く事が大切なんですよ。

 

 

ESが通らない人を見ていると、本当に「個人」が見えないESが多いのです。でも、人事が見たいのはあなたの個性と過去であり、

わかりきった情報ではないのです。

 

そこを理解する事によって、ESが通らないなんて事はなくなってくると思いますよ。

関連記事:就活で全滅してしまう人の特徴

 

 

ESに書いてある字が雑

 

 

これって実際にあるんですよね。

就活生ってなんだかんだいっても「採用される側の立場」なんです。

しかし、それにも関わらず「これ、確かに字は汚いけど読んでみてよ!内容は良いから!」と言わんばかりのESを送ってくる人っているんですよね。

 

これでは、通るESも通らないんですよ。

 

そもそも、面接官は1日に多くのESを見ては落としていっているのです。

そのため、実際には細かく見るなんて事は出来ないものなんですよ。就活生からしたら「ちゃんとみて欲しい」と思うものなんですよね。

 

そして、人事だってちゃんと人を選びたいからきちんと見ていると思っているものなんですよ。

 

でも、実際には忙しくてESなんてきちんと見ないんです。

しかも、字が汚いなんて事になったら、興味すらも湧かないのが実際のところなんですよ?

 

ESが通らないのは当たり前なのです。

字が綺麗・汚い」というのは個人によって違いますから、ある程度はしょうがないのですが、字の雑さというものはカバー出来るんですよね。

 

きちんと書こう!伝えよう!」という気持ちがあれば、雑に書いて通らないなんて事にはならないんですよ。

 

もしも、自分が書いたESの中で、通らないものがあったのであれば、「字を雑に書いていなかったのか?」という事をもう一度考えてみてください。

 

私も以前は「数をこなせばいけるでしょ!」と思っていたんですけど、これは間違いなのです。

数ではなく、質にこだわった方が結果的には楽なんですよ。

関連記事:ESを書く時の絶対的なコツ!これさえ押さえれば確実に通ります。

 

 

字数いっぱいに埋めていない

 

これもESが通らない人にありがちなものなんですよね。

ESを書く時って皆さんはどんな事に気をつけていますか?きっと、内容にこだわっていると思うんですよね。確かに、内容はとても大事です。

関連記事:就活で鬱になる世の中が怖い

 

前々項でも述べた通り、それが最終的には大切です。

 

しかし、そもそも字数を埋めていないESを提出してはいませんか?こういう人って意外と多いんですよ。

 

確かに、簡潔に書いてESに書く内容がなくなってしまうなんて事はありますよ。でも、そういうところを人事は見ているんですよね。

 

なんでこの余白を書く努力をしなかったの?」と。

 

これは実際にある事なのです。ESが通らないと、ESを簡素にしてたくさん出したい!という欲があるという事はわかるのですが、

それでは、落ちてしまうだけで面接に進む事がないんですよ。

 

 

だったら、もっとESを作りこんでいった方が良いと思うのです。私の経験則からもそう思います。

 

また、最近はOB・ OG訪問ができるビズリーチ・キャンパス とかもありますよね。

ESが通らないと悩んでいるのであれば、OB・OGに実際通ったESの内容を教えてもらうとかもありだと思うんですよね。

 

面接でも、OB・OGをしていると、有利になる事もありますしね。

関連記事:【就活】面接で質問に答えられない時どうしたらいい?

 

 

会社の事を理解していないES

 

 

これもESが通らない理由だと思いますね。確かに、ESに書く事なんて人それぞれ違うものですし、会社側が求めている人材だって、

それぞれに違うわけなんですよね。しかしながら、企業側は「なぜうちの会社に勤めたいのか?」という事を聞きたいわけなんですよね。

 

就活生は忙しいので、ESの内容が薄くなってしまいがちなんですよね。会社の事を聞かれているのに

、会社の事をよく理解していないようなESを出しても、通らないのは当然なんですよね。だからこそ、ESが通らないと悩んでいるのであれば、

 

ESを出す相手の会社を事前にきちんと調べておくという事も大切になってくるんですよね。確かに、面倒に感じてしまう事だってあるんですよね。

 

わざわざ企業に関して調べても、結果的にはESで落ちてしまう事だってありますし、全てが無駄になってしまう事だってあると思うのです。

 

そのため、きちんと会社情報を調べないという人が多いのは仕方がないかもしれません。しかし、ESが通らないという状態で悩んでいるのであれば、

 

1度きちんとした形で勉強してみても良いと思うんですよね。会社の事なんてきちんと調べれば出てくるものなんですよね。

 

 

説明会の資料だって、「こんなの読んでても、ESには通らないだろ」と思って、あまり読まずにESを買いている人も多いのですが、

 

1度、受ける会社の事を調べた方が良いんですよね。

関連記事:【就活生必見】エントリーシートが書けない人へ

 

 

ESが通らないと悩まなくても良い

 

 

ここまで、ESが通らない理由について書いてきたのですが、実際のところESって本当に面倒に感じてしまうと思うんですよ。

一体このESに何時間かけたと思っているんだ?」と言いたくなる時だってありますよね?

 

私にもそういう時がありました。

 

でも、今って時代が変わっていて、1つのESで各社の選考を受ける事が出来るようになっているんですよね。

MeetsCompany とか最近だと有名になってきていますよね。

 

1 2
よく読まれている記事
関連記事だよ