コラム

ラインいじめの原因と対策を「地獄の女子校生活」を送った私が書いてみる。

あっという間に拡散したツール、ライン。

今まで全部メールだったものが、今はほとんどの人がラインを使っていますよね。
私も仕事のやりとりにまでラインが入ってきて世の中も変わったなぁと感じています。

今はメールなんて古いと思っている人が多いのではないでしょうか。

このラインの普及によって生活が便利になったところは本当に多くあると思うんですが、
ラインによって新しいいじめの形態ができてしまったのも事実です。

悲しいことに2014年にはラインでのいじめが原因で自殺してしまった子がとうとう出てしまいました。想像できますよね、こういう事件。

関連記事:自殺したい?そんな事思う必要なんてない。

ラインに苦しめられる小学生、中学生、高校生のいじめについて、そのラインいじめの対策を考えながら話してみたいと思います。

グループラインのいじめの原因

ラインのメールと違う一番の特徴とも言えるのがグループラインという機能でしょう。

メールのやり取りは1対1を基本としており、1対複数人に一斉メールを送ることはできても、同時進行で会話を進められるようなラインのグループライン機能のようなものはありません。

このグループライン機能のおかげで確かに複数人のやり取りはスムーズになったのですが、
やり取りがスムーズになりすぎて、人と人との距離が近くなりすぎてしまったせいで、
今そのグループラインがいじめの原因となってきてしまっています。

未読スルー・既読スルー

グループラインをしていて、どこが終わりどころなのかわからず、だらだらとラインを返し続けてしまい、ずっと眠れなくなってしまう、ということがしばしばあるそうです。

既読機能のせいで、既読スルーしている人が誰か、未読スルーしている人が誰か、ということがある程度特定されてしまうんですね。

そうすると返信をせず既読スルーや未読スルーをした子がいじめの標的になってしまう、ということです。

スタンプだけの返信

スタンプだけの返信ってむしろきちんと「わかったよ」という意思表示をしてくれてるから善意によるものだと私は考えるんですが、
自分が文字を打った労力に対して、相手がスタンプしかしてこないとむかつく、と思う子がいるそうです。

いじめる側からすると送ったのと同じくらいの分量で返信をするべきだ、という理論なんだそうで。

よくわからないですね。

返信速度

グループで会話していて、1人だけ返信スピードが遅かったりするだけでいじめへと発展してしまうことがあるそうです。

でもラインって携帯にはりついてないと返信できないものですよね。

ラインしながら他のことをするってなかなか難しいと思います。

家でやらなきゃいけないことをはいっぱいあるだろうに、「返信が遅くなったらいじめられる」という脅迫観念から何も手につかなくなってしまい、ライン中心の生活になってしまうんですね。

関連記事:女子校のいじめってえげつなかった、って今でも思い出す。

ラインいじめの実態

実際にラインで起きているいじめについて。

本当に起きている話を聞いてみました。

グループを退会させられる

グループラインをしていて、気に入らないことがあると1人だけグループラインを退会させられる、なんてことがあるそうです。

でもグループラインはそのグループに属している誰かに招待してもらわないと再びそのグループラインに入ることはできません。

一度退会させられるとそのグループには戻れなくなってしまうんですね。

しかもグループライン上では誰が誰を招待したのか、ということが招待した時に表示されてしまいますから、

退会させられた人をもう一度招待しようとすると今度はその子が次のいじめのターゲットになってしまう可能性もあるので、誰もはぶかれた子を招待しようとはしなくなってしまうわけです。

自分がターゲットにされるのは嫌だから、助けることもできないのです。

裏グループラインを作られる

グループラインを使っているメンバーのうち1人だけをはぶいた裏グループラインを作る、といういじめもあるそうです。

表のグループラインで待ち合わせなどを決めて、裏のグループラインで待ち合わせの場所や時間をずらして変更したりするんですね。

そうするとはぶかれた1人だけが、表のグループラインで決めた待ち合わせ場所でずっと待ちぼうけになってしまう、ということです。

また裏のグループラインではぶいた1人の悪口をみんなで言うこともあるんだとか。

関連記事:職場のイジメに耐える?良いじゃない負けても。

ラインいじめの対策

親が制限する

ラインいじめの対策として一番は親が子供がラインを使う時にある程度制限を設ける、ということです。

むしろこれがいじめに発展する原因なんじゃないか、と思う親御さんもいるかもしれませんが、
親のせいでラインが使えない」という理由でいじめられるのと「自分がやってしまったこと」が原因でいじめを受けるのとでは本人の心持ちが全く違います。

親の制限が理由でいじめを受けるような学校環境にいる子は、親の制限という理由以外の理由でもいじめを受けることになってしまうでしょう。

現代ではいじめはどうしてもどこにでも存在するものです。

でもそのいじめられた原因を親のせいにできた方が、少しだけでも、いじめられている本人には逃げ道になるんです。

自分が悪いんじゃない、って思うことができるから。

関連記事:いじめがなくならない原因

夜の何時までしかラインを使っちゃいけない、だとか
学校に携帯を持って行ってはいけない、だとか
あとは未成年にかけるための制限も幾つか用意されていますね。

それを活用するだとか。

転校する

いじめがいよいよ深刻になってきてしまったら、学校を変えて転校する、というのも一つの手です。

「どんなところでもその場所で頑張れないと別の場所に行っても頑張れないよ」と思ってる人は多いとおもいますがそんなことは決してありません。

環境、特に人間関係は合わないと地獄を見ます。

関連記事

置かれた場所で咲きなさい?そんな事してたら鬱病になります。

スマホを持たない

そもそもスマホを持たない、という選択肢もあります。

つまりラインをやらない、ということですね。

もしくはスマホ、タブレットは持っていても、それを周りには言わず、学校に行く時だけはガラケーにして、連絡だけはとれる状態にしておく、とかですね。

非常事態に連絡さえとれればいい、というのが携帯の本質だと思うので。

関連記事:ラインで喧嘩するのって本当に非効率だと思う。

頑張らなきゃ、と思わなくていい

いじめで苦しんでいる子は確実に増えています。

私の周りを見ていても、学校に通っている小学生、中学生、高校生のほとんどがいじめを経験しています。

でもそれで「頑張らなきゃいけない」と思うことが一番辛いことなんですよね。

逃げていいんです。

行きたくないなら学校なんて行かなくてもいい。
学歴なんて関係ない社会が絶対にやってきます。

関連記事:【高学歴プア】学歴の関係ない社会がすぐやってくる

いじめにあったらとりあえず、頑張ろうとせずに逃げてください。

生きてさえいれば、人生どうにでもなります。

関連記事:いじめらない方法!3つの実践で激変?

ホンマでっかTVでお馴染み、生物学者の池田清彦先生の著書です。
人間は頭で考えすぎるから鬱になったり、自殺したりしてしまう。

生物に学べばもっともっと楽に生きることができる、ということを教えてくれる本。

読むと少し肩の力が抜けます。

関連記事:小学生のいじめが壮絶すぎる!子供がいじめられたらどうする?

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。