投資家のお金論

クレジットカードを作るのが怖い?損をしているんですよ。

クレジットカードを作る人って最近はだいぶ増えてきましたよね?

日本のクレジットカード保有率って既に80%を越えているのです。アメリカだともっと多いでしょうね。しかし、

なぜか日本では、クレジットカードが怖いというイメージを持っている人が未だにたくさんいるんですよね。

私の知り合いでも、公共料金から日常の食事まで全て現金か振込で払っているという人がいるんですよ。時代遅れだな、と私は思ってしまう。

確かに、クレジットカードの仕組みを理解していない人はクレジットカードを怖いと感じる事だってあるでしょう。

しかし、クレジットカードが怖いと思って使わないという事は大きな損をしている事になるんですよ。

 

そこで、今回はそんなクレジットカードを持つ事が怖い感じている人に向けてクレジットカードについての私見を書いていこうと思います。

クレジットカードは不正利用されたら返ってくる

 

クレジットカードが怖いと思っている人が必ずいう事なんですけどね。

 

クレジットカードを落としてしまって、知らない人に使われてしまったらどうするんだ?」というものなんですね。

こういった理由でクレジットカードが怖いと思っている人ってたくさんいるんですよ。

 

しかし、クレジットカードって落としてしまい、誰かが不正に使用してもその不正を証明する事が出来れば、その分がクレジットカード会社から返ってくるんですよ。

 

もちろん、返ってこない場合はあるのです。

 

  • カード会社へ紛失の届出から、61日以前の被害
  • 警察に被害届けを出していない場合
  • クレジットカード会社への提出書類に不備があった場合
  • 地震等の天災に起因する不正利用
  • 契約者に重大な過失があった場合

 

といった感じですね。しかし、これらの条件にあてはまらなかった場合には、盗難されたり、不正利用されてもその金額を補償してくれるのです。

 

つまり、クレジットカードを使うのが怖いと思っている人がよく言う「怖さ」というものはカード会社が補償してくれているのです。

 

 

逆に現金を持っている方が明らかに危ないと思うんですよね。

だってそうじゃないですか?

 

例えば、中に10万円はいっている財布を落としてしまったらどうなりますか?当然の如く、中身のお金はなくなってしまいますよね?

だって、お金には「自分の名前」なんて書いていないのですから。

 

抜き取ってしまえば、誰が使ってもわからないのが、現金なんですよ。

 

だったら、むしろクレジットカードの方が安全な方法だと思うんですよね。

 

クレジットカードを使っている人は、怖いという先入観にとらわれずに

 

「盗まれたらどうなるのか?」という事を考えた方が良いのです。また、クレジットカードには限度額の設定というものがあります。

 

もし心配なのであれば、限度額を少なく設定しておけば良いだけなのです。

関連記事:駅前1等地の築古投資用区分マンションを買ってみたから諸々を話すね。

 

 

年利2%の利回りの不動産を見逃しているのと同じ

 

 

クレジットカードが怖いと思っている人は多くのお金を損しているのです。

例えば、今って、色んなカードがありますが、ポイント還元率が高いものですと、楽天カード あたりが有名でしょうか?

楽天市場で買い物をすると、最低でも4%の還元率が保証されています。

 

つまり、年間に100万円楽天市場で買い物をすると、4万円がポイントとしてはいってくるのです。

これってどういう事なのか?というと、

 

利回り4%の中古マンションを持っているのと同じ事なんですね。

利回りという概念がわからないという人は不動産投資で利回りって大切なの?という記事を読んでみてください。

 

東京都心の平均的な利回りが約5%となっております。

つまり、東京で不動産を持っているのと同じくらいのお金が手元にはいってくるという事なのです。

 

 

クレジットカードが怖いと思っているかと思いますが、クレジットカードを持っていないという事は大きな損失だと思った方が良いのです。

100万円/年使ったらとして4万円ですよね?

 

4万円×35年=140万円も合計で損しているのです。(35年ローンを組む人を想定)

関連記事:サラリーマンはいつまで35年ローンを組んでるの?

 

意外にも大きな金額になるという事なんですよ。

 

必ず使う費用ってあるじゃないですか?家賃でもそうですし、水道、光熱費等。

そういったものを全てクレジットカードで決済すれば、大きな利益を生む事になるのです。

 

 

限度額を設定すれば怖くない

 

 

また、クレジットカードが怖いと思っている人の中には「使ってしまいそうで怖い」という人もいるんですよね。

でも、だったら、使える限度額を低く設定していれば良いだけの話なんですよね。

10万円に設定していれば、そこまで困る事もないでしょう。

 

 

水道光熱費だけはクレジットカードにするという方法でも良いのです。そしたらそこまで大きな金額に設定しなくても生活する事は出来ますよね?

 

クレジットカードは使ってしまうから怖いと思っているかもしれませんが、クレジットカードを使わなかった場合の損失も大きいという事も覚えておきましょう。

 

今は高還元率のクレジットカードがたくさんあります。そして、一般的なクレジットカードであれば、安全ですし、現金を銀行に預けて利息をもらうよりも多くの金額が手元にはいってくるのです。

 

クレジットカードが怖いと思い、損をしている人は、クレジットカードを使う事を是非検討してみてください。

 

楽天カードでポイントゲット
申込はこちらへ

 

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。