コラム

いじりといじめの違いって何? (いじられキャラの意見)

元祖いじられキャラyoshoです。

いじめといじりって境界線が難しいですよね。どこからがいじめで、どこまでがいじりなのか。正直、わからないなんて人が多いんじゃないですかね。

ほら?いじめといじりの境界線って微妙なんですよ。

いじってる方は、どっちにしろいじめている感覚はないでしょうし、いじられてる方もいじめられているなんて感覚はないですよね。

私も、普段自分で言うのもアレですが、いじられキャラという立ち位置で、日々いじられています。(いじられキャラとしてキャラだちしてしまったんですね)

私には普段いじめられている感覚などないですし、その境界線についても曖昧ですね。

だからこそ、少し考えてみようかなと今回思ったわけなんです。

そんなこんなで、今回はいじめといじりについて、いじられキャラの視点で書いていきたいなと思います。

 

 

いじられる側が思うこと

 

いじられキャラってどのグループでも必ず存在しますし、そいつをいじっとけば盛り上がるみたいなところはありますよね。

実際、盛り上がることもありますし、それはそれで良い事だと思うのです。

 

ただ、そこはあまり問題じゃないんですよね。実際何に対して不満を抱くのか?というと、「こいつがいじってくるの?」と思う時なのです。いじられ役の方にもこういった感情を抱く場合があるんですよね。

こいつっていうのは、普段からそんなに絡むことが少ない人が、周りに便乗していじって来る人なんです。(イメージ的にはスネ夫的な笑)

普段から仲が良くて、お互い知っている仲だと、お互いが理解しているので、私なんかは結構なにをされても怒ることはほとんどないんですけど、

 

あんまり知らないのにいじってこられるとあまり笑いが起きないんですね。

笑いが起きないというよりも、一瞬空気が「え?」っていう感じになることが多い気がします。

この空気になってくると、

いじられる人も巻き込まれた形で「どうすんだよ。この空気」と、なかなか大変なのです。

え?っていう空気じゃなくても、嫌な気持ちになる時だってあります。

私が、経験したことで嫌だったのは、そのとき付き合っている人が私にいて、その人のことを少し悪く言うみたいなノリがあった時に、全然そのことを知らない人が便乗して言ってきたときは、

 

正直腹が立ちましたね。

そもそも、付き合っている人を悪く言われている時点で、腹が立っているけど悪ふざけで言っているのはわかっていたので怒りはしませんでした。

でも、仲のいい人に言われるのとそんなに仲のいい方じゃない人に言われるのとでは大きく違いますよね。

面白いからいじっとけばいいでいじられたくないこともこっちにはあるんです。

人間ですから嫌な事だってあるし、怒りたくなることもありますが、信頼関係があるからこそ、怒りもしません。

そのへんをわかんないでいじられてしまうと、いじめに感じてしまう人もいるんじゃないでしょうか。

関連記事:小学生のいじめが壮絶すぎる!子供がいじめられたらどうする?

 

 

じゃあいじめといじりの違いって何なの?

 

決定的な違いは、そこに、信頼関係があるかないかなんじゃないかなと私は思います。

もちろん、お金をとられてしまうや集団で殴られることなんかは、信頼関係があったとしても完全なるいじめだと思います。(そこに信頼関係なんてものは成立してないでしょうが)

あくまで、いじめといじりの境界線は互いの信頼関係なのかなと思います。

というのも、例えば再び私の経験談になってしまいますが、

高校のとき、

ある友人に昼休みに教卓と教壇の隙間に閉じ込められて、チョークの粉がビッシリ付いている黒板消しと黒板消し同士を私に向けて10秒ほどはたかれ続けたことがあります。(字面にすると恐ろしいですね。)

 

当然そのあとの私は、真っ白な状態になりました。

 

丁度こんな感じでしたよ

これはもう見ている他の人たちは、唖然とした顔だったんですけどね、

やった本人はかつて見たことないほど満面の笑顔になっていました。

 

これは、正直傍から見たら完全にいじめです。

しかし、当時私はいじめだと思いませんでした。

 

なぜなら、彼とは信頼関係があったからです。まあ、いじられるって事はお笑い芸人に学ぶ いじり・いじられ術 でも書いてありますけど、

愛されているって事とイコールだったりしますしね。

 

そして、彼とは高校を卒業して数年経った今でも、本当に仲のいい友人で、この時の話をしては笑いあいながらお酒を飲む仲です。

私が、いじめだと思わなかったのは、

彼がよく言えば超がつくほどのドSだということを知っていて、この経験より前にも同じようなことをされていたからです。

そして彼も、私がそんなことでは嫌わないことを知っているからこその事だったのだと思っています。

 

また、彼以外にも大学でエグイいじり方をされることなど書くとキリがないですが、それは普段からの信頼関係があるからこそ成立しているのです。

信頼関係がなければ、許すこともできないし、やられる側には嫌な気持ちしか残りません。

嫌な気持ちが強いと、それは「いじり」ではなく、「いじめ」になってくるのではないでしょうか。

関連記事:社会人のいじめってタチが悪い

 

最後に

 

信頼関係を築くからこそ、その人がどんな性格でどんなキャラで、どこまでされれば怒るのかが、次第にわかってくるものです。(これわかりますか?)

それをわからずに、やりすぎてしまえば、それはもう「いじめ」になってくるのかなと私は思います。

「いじり」と「いじめ」は紙一重なのかもしれませんね。

 

 

愛情がない、信頼関係も構築出来ていない状況でのいじりなんてただのいじめでしかないんですよね。

いじめで不登校になってしまっている人はこんな本読んでみてください。

人生、変わるかもしれません。

関連記事:ラインいじめの原因と対策