仕事の悩み

無職で死にたいと思っている?そんな必要はありません。

無職になってしまう人って、いつに時代もいますよね?

無職でいる事って本当に辛いんですよね。働きたいと思っても出来ないという人もいれば、

働きたいのに、職場が見つからないという人だっていると思います。

こういった状況が続くと、どうしても

「無職だからもう死にたい」と思ってしまう人っているわけよ。

まりも

本当はそんなことする必要ないのに

仕事って世の中では一番大切な事だと思われています。

だから、無職だとどうしても気にしてしまったりする人もいるだろうし、就職しようとしても、無職の期間が長くなればなるほどに、

働きたいという願望を叶える事が難しくなってきますからね。

これはある種しょうがない部分があるのです。

でも、だからといって、死にたいと思う必要なんてないと思うんですよね。

働いている人が偉いという固定観念

無職の何が辛くて死にたいと思ってしまうのか?というと、これってやはり周りからの目線だと思うんですよね。

周りから、世の中からの目線が痛かったりするよね。

やはり、今の世の中の人たちは「働いている人が偉い」という考え方を持っているじゃないですか。

つまり、無職だとまるで悪い事をしているかのような感じになってしまっていると思うんです。

憲法には「労働の義務」なんてものがもっともらしく書いてあるけれど、本当はみんな働きたくないでしょ?笑

まりも

私はたまたま好きな仕事を見つけたから良いけど、だいたいの人は働きたくないわけよw

それなのに、「働くべきだ!」とか「働いている人は偉い!」みたいな発想になっちゃうのよね。

関連記事:40代でリストラされたらどう生きるべきか?

本人からすると、好きで無職をやっているわけでは無い事も多いんです。そのため、

「なんで頑張らないの?それで良いの?」なんて言葉をかけられてもただただ辛いだけなんですよね。

わかってるよ」って感じですよね。悩みのない無職なんてそんなに多くはないよ。

確かに、働いているという事は凄いかもしれません。特に大企業に勤めている人からすると、無職でいることなんて考える事が出来ないでしょうね。

エリート街道を歩んできたら、わからないのかもしれない。

そのため、無職の人を馬鹿にしてくる人がたくさんいるんですよ。

そして、死にたいと思ってしまうものなんですね。こんなの周りから「死にたい」と言わされているようなものなんですよ。

関連記事:将来を生きても仕方ない。今を生きるべき。

あの日、私は彼を助けられなかった

無職で死にたいと思っている人って本当はたくさんいるのです。なぜなら、私の周りには実際に死んでしまった人がいるからです。

あの日、私は自宅で寝ていたんですよね。すると、深夜2時くらいに携帯がなりました。

「ん?この時間に何だろうか?」

そう思って出てみると、「警察の者ですが・・・」と言われました。そう、警察からの電話があったんですよ。

Hさんが亡くなりました。」という知らせを受け、私の自宅から1時間程かけて現場に向かったのです。目深に帽子をかぶって、

悲しい」という表情を悟られないようにしていました。なぜだかわからないのだけれど、その時、私は悲しんでいる顔を誰かに見られたくなかったのです。

もちろん、移動方法はタクシーしかない時間でしたから、タクシーです。

まりも

めちゃくちゃお金のない時期だったけど仕方がないから使ったよね

彼は無職、かつ鬱病で亡くなってしまいました。自殺です。直接の友人ではなく、父の知り合いだったのですが、遺書に私の名前が書いてあって、

「ごめんなさい。もうむりでした。あなたのお父さんが空の上から呼んでいるような気がしました」と綴られていました。

正直、「いやいや、うちのお父さんは自殺でもないし呼ばないわw」と心の中で盛大に突っ込んだけど、もうその「父親が突然亡くなったという人に伝えたい事」でも話した通り、父も自殺した彼ももうこの世界にはいなくなってしまった。

まりも

何とも言えない気持ちになったよね、そりゃあ

無職で死にたいと思って、本当に死んでしまう人がいるなんてその時には思いませんでした。

でも、人ってある時突然死んでしまうものなんですよね。私には理解出来ないような苦しみの中で生きていたのでしょうね。

あの時は本当につらかった。今でも、彼が亡くなった地域には足を運ぶ事が出来ません。

怖いのかな。私の心の中にあるどの感情が当時の地域を拒むのか?なんてわからない。でも、未だにいけないんですよね……。

無職で死にたいと思っていても、必ず「必要としてくれる人」は存在するもの。だからこそ、生きるべきなのです。

無職で死にたいと絶望しているかもしれないけど、今はそんな必要だってありません。絶対に生きなければいけないのですよ。

関連記事:35歳のフリーターは就職ではない方法をとれば良い。

無職でも働く方法ってあるんです

無職の期間が長いとどうしても、再就職出来る事が出来ない人って多くなってきてしまうんですよね。

でも、それってそもそも根本的なやり方が間違っている事もあるんですよね。

例えば、社会人の転職であればウズウズキャリアセンター とかやってみると良いと思います。

フリーターでも応募する事が出来ますし、紹介先からブラック企業を排除しているので、ブラック企業に入る危険性がないわけです。

一般的な転職、就活サイトを使うのももちろん悪くないけど、こういったサイトを使っていけば、就職って出来るものなんですよ。無職だから死にたいと思わなくても良い状態にまで

上がっていく事が出来る。

まりも

まあ就職活動そのものが面倒ってのはあると思うけど……笑

まあね、でも、経験とか、年数を気にする会社って多いのですが、そうじゃない会社だってあるんですよ?

そういった会社を集めているようなサービスを使う事により、より効率的に再就職をする事が出来るようになるのです。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

無職なら自営でも良い

無職の人ってなんで無職のままなのか?というと、それは雇われるという事に固執しているからという事もあるんですよね。

でも、今って個人の時代になってきているのです。個人の力でどうにでもなるような時代になっているんですよ。

クラウドソーシングとかをご存知の方も多いのではないでしょうか?

こういったサイトから自分で仕事をすれば良いと思うんですよね。

誰でも出来るもので簡単なのはやはりライター業でしょうね。

昨今のキュレーションメディア等の多くはこういったクラウドソーシングからの記事に頼っているんです。

そのため、多くの金額をこういったサービスに発注するんですよね。文章なら書けるという自信があるのであれば、やってみたら良いと思います。

無職で死にたいと思っている人でも、誰でも仕事がもらえるので良いと思います。

関連記事:もしも、私がリストラされたらこうやって生きる!

また、ライターよりももっと稼げるような仕事がしたいという人であれば、個別指導のKENスクール等で、プログラミングを学んで

システムの受託HP制作をやってみても良いと思うんですよね。

無職で死にたいと思わなければいけない時代は終わったと思うんです。

ワードプレス等で自分のサイトを持てば、そこから収益をあげる事だって出来ますしね。

特にブログの世界なんて、努力をすれば誰でもある程度は稼ぐことができるようになりますからね。幸せな業界です。

まあ、時代にもよるんですけどね。私はブログだけで生活しているわけではありませんが、このブログからも収益が発生しています。

ヴェネツィア観光で街を徘徊。(写真たくさんあるよ)」みたいな記事をブログにアップしているのも、「仕事」だったりする。(趣味でもあるけどw)

A8.net で適切な商材を見つけて、レビューを書いても良いですし、本当に色んな方法があるんですよ。

無職だからといって、サラリーマンとして働いていかなければいけないのか?というと、そうでもなかったりするんですよ。

無職で死にたいなんて思う必要はないのです。自分にあった生き方をしていきましょう。

とりあえずね、生きてりゃええよ。生きている奴は全員生きる価値がある、と綺麗事を宣う。でも書いたけど、みんな生きる価値がね、あるもんな。

関連記事:プログラミングを学ぶならオンラインが良い理由。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。