旅の記録

日本人はなぜ英語が上達しないのだろう?

日本を始め多くの国では、英語を学んでいる人がたくさんいるかと思います。

日本であれば、小学校から簡単な英語を学び、大学卒業レベルではある程度の難解な英文も読めるようになっているんですよね。

勉強する事によって、確かに英語の読解力というものは上がっていると思うのです。

ただ、勉強をしている時間は十分にとられているにも関わらず、英語が上達せず、英語を話せないという人がたくさんいるのも現実だと思うんですよね。

 

やっているにも関わらず、英語が上達しないという人がたくさんいるのです。

外国人に道を聞かれても、適切に答える事が出来なかったり、英語で冗談を言われても多くの人は困ってしまいますよね?

 

そうなんです。

 

日本人ってなぜか英語を使う事が出来ないのです。英語が上達しない人が本当にたくさんいるのです。

なぜでしょうか?

 

 

受験英語ばかりを学んでいるから上達しない

 

まずはこれですよね。

日本人がなぜ英語の勉強をするのか?というと、良い高校や良い大学に受かるためなんですよね。

英語の配点ってグローバル化進んでいる現代において、かなり大きなものになっているのです。そのため、良い学校にはいるためには

受験英語というものの上達をはかる必要があるんですね。

 

しかし、この受験英語、実際に使えるのか?というと、そういうわけでもないんですよね。

実際には

 

「香りが人間に与える影響」といったようなある種学術的な文章を読む事は出来ても、

店でコーヒーを頼む事さえ英語では出来ないのです。

関連記事:英会話カフェで生きた英語!安くて出会える場。

 

これって、実践型の学習を必要としない受験システムが問題だと思うんですよね。

確かに、リスニングってセンター試験にはありますよ。

 

ただ、リスニングの配点ってそこまで大きなものでもないし、第一決まりきった教科書的な英語が試験問題として出てくるので、

 

その勉強をしても、実際はしゃべる事が出来ないんですね。

 

英語を学ぶのであれば、本当は外人と話す機会をたくさん持つべきだと思うし、それでだんだんと英語って上達するんですよ。

 

逆になぜ上達しないのか?というと、やはりこれは日本の受験システムにも否があると思うのです。

 

英語が上達しない理由にはこういったものもあったんですね。

まあ、文法に関してはしっかりと学習していると思うので、その点だけは感謝するべきだと思うんですけどね。

 

リスニングとスピーキングの練習をもっと増やした方が良いよね。

関連記事:歴史と壮麗のウィーン「ホテル・ザッハー」に泊まってみたらあまりにも豪華だった話。

 

英語が上達しなくても良い環境

 

 

また、確かに日本もグローバル化がさけばれていますが、日本は島国です。

そのため、外国人の受け入れがまだ乏しいんですね。

 

皆さんは経験があると思いますが、

学校では「社会に出たら英語を使わなくてはいけなくなる」と教わっておきながら会社にはいって英語を使っている人ってどれくらいいるのでしょうか?

 

実際、私の周りで英語を使っている人なんていないんですよ。私の周りで使っているのは外資系のコンサルに行った人くらいですね……。

ほとんどの人が使わない。

 

そのため、「英語が上達しない」という悩みを持つ事がそもそも少ないんですね。

これだとどうしても英語なんて上達しないんですよね。

関連記事:英語の勉強には専門分野での英語ブログが最適

 

だって、英語が必要とされていると感じる事が出来ていないから。

 

 

海外の人って英語がある程度しゃべれますよね?

でも、日本の人って本当に話せないのです。

 

ここにも、考え方の違いがあると思うんですよね。

例えば、海外だと「英語を学べば海外に移住する事が出来、収入もあがる」という野望を持っているんですね。

でも、日本だとそういった気持ちで英語を勉強をしているという人って本当にいないんですよね。

 

 

英語が上達しない事が原因で悩む事なんてないのです。

だからこそ、英語が上達しないんですけどね。

 

そもそもモチベーションが違うからこそ、英語が上達しないんです。英語を学んで、生活をすることを前提にしているからこそ、

海外の人たちは英語を話すことができるのだと思う。

これが、例えば、海外に移住してみるといっきに英語が上達するんですよね。それは生活するために英語を上達するしかないからなんですね。

関連記事:生活費の低い国に移住すればいいと思う。

 

英語を上達したいという気持ちがあれば、出来るものなんです。

 

 

日常でも話す機会がないから英語が上達しない

 

これも英語が上達しない理由だと思うんですよね。

だって、どんなに英語を勉強しても日常的に英語を使う事がなかったら上達しないから。

 

日本は外国人の受け入れに積極的ではないという事については前章で書いてみましたが、日常でもそうなんですよね。

この前香港から知り合いが帰ってきたので、話していたのですが、「日本は差別が激しい国」だと思われているらしいんですよね……。

 

驚きでした。

 

外国人が少ないからこそ、日常的に英語を使う状況といったものがないんですよ。

 

だったら、英語を使うような環境を自分で作っていけば良いんですけどね。

今って、英語のスクールが充実しています。レアジョブ英会話 とかだと、私も使っていますし、知り合いの社長さんも海外の講演前に使っていました。

 

ここって、無料体験レッスンがあって、さらに値段も毎日25分のレッスンをしてもらって5800円程度ですからね。

 

こういうところで本場のネイティブの先生と英会話をする事によって、英語が上達しないという事がなくなると思うんですよね。

関連記事:留学や休学って就活に影響するのか?

 

やっぱり話してこそ、英語なんです。

 

英語が上達しない理由って本当にたくさんあるんです。でも、英語を上達したいと思っているのであれば、やっぱり実践型のレッスンを受ければ良いと思うのです。

 

特にこれまで英語を少しでも勉強した事がある人であればすぐに話せるようになります。

 

英語が上達しないと悩んでいないで、まずは行動をしましょう。

 

ただ、先生だけは選ぶ必要があると思うんですけどね……。電車の音が「ガタンゴトン」と聞こえてくる先生もいるので、

 

先生は選んだ方が良いです。英語が上達しないなら、トコトン実践的に勉強していくことが大切。

徹底的に話した方が良いのです。

私も大学のディスカッションの授業をやっているだけで話せるようになりましたからね。その時は。

関連記事:ドバイで英語はどれくらい通じる?実は80%が外国人!

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。