仕事の悩み

仕事と家族、どっちを優先?

会社に入って仕事をする人の悩みとして、「家族との時間がとれない」という悩みはとても多いでしょう。

そして、「仕事と家族とどっちを優先するか?」という問いに「家族のために、仕事を優先させる」と答える人もまた多いでしょう。

 

でもこれって大きな間違いなんじゃないかな?と私は思っています。

 

この間違いが、家族の崩壊につながることもきっとあるでしょう。

 

今日は仕事と家族、どちらを優先するべきなのか?
そもそも仕事と家族は比べる対象にあるのか?

そんなことについて話してみたいと思います。

 

家族のための仕事

 

「仕事は家族のためにしている」という人は多いかと思いますが、
これってもうちょっと前時代的で、この考え方自体が家族のすれ違いを生むものなんじゃないかと思います。

 

「やりたくもない仕事をやっているのは家族のためだ」という意識があると、どうしたって家族に見返りを求めてしまうんです。

 

女性だって十分社会に参加して稼げるようになった今なら、
多少収入が低くても、自分の好きなことを仕事にできるはずなんです。

男性が大黒柱になって働いて、女性は家を守る、なんて時代は終わりました。

 

やりたくない仕事をやるのを家族のせいにするのはやめましょう。

関連記事:生活のために働くって何?

 

仕事のせいで一緒にいられなかった家族の不満は「仕事ばっかりで家族にかまってくれない」という方向へ行き、
責められた方は責められた方で「家族のために働いてやってるのに」と思ってしまうわけです。

 

これが最悪、離婚に繋がってしまうケースだって少なくありません。

関連記事:日本の離婚率は「約34%」と高いのです。

 

アメリカと日本の仕事の違い

 

日本では家族のため、といいながら仕事に時間を割くのが美徳とされるようなところがありますよね。

残業もすればするほど仕事をしているように見えて、残業をよしとするような見方というか。

 

でも実は仕事を後ろに後ろにもってくるのは日本人特有の習慣なんです。

 

例えばアメリカだと、夕食前には社員は会社に残っていません。

なぜなら夕食は家族全員で食べる、という文化が根強いからです。
また、日本ほど交通機関が発達していないため、子供がいるような家庭が子供が学校から帰る時間に親が車で迎えに行かないと、子供が家に帰ることができないんです。

 

なので、日本とは逆に、アメリカの人たちはとても早起きで、
仕事が多い日にはオーバーする仕事を朝にもってくるんですね。

そして夕方は必ず家へ帰るんです。

 

実質仕事量はアメリカも日本も変わりません。

 

また、日本では仕事後の時間を趣味の時間に使う人が多いですが、これもアメリカだと逆になります。

アメリカでは朝に運動などの趣味の時間をもってきて、そこから会社に仕事をしに行くんです。

 

これなら家族がすれ違いすぎる、なんてことも起きずに済みますよね。

 

残業して当たり前、なんて会社はおかしいんです。

関連記事:残業をしたくない?する必要なんてありません!

 

 

 

好きな仕事をしよう

 

結局一番よくない原因って仕事が嫌いだ、ということなんじゃないかと思うんです。

 

例えば好きなことを仕事にできていれば、
仕事でのストレスもかなり少ないでしょうし、
「家族のための仕事」ではなくなるわけです。

 

仕事でのストレスってどうしても家族に流れてしまうものなんですよね。

だからストレスのない好きな仕事ならなおさら、家族とも良好な関係を保つことができます。

関連記事:ストレスに効く食べ物・グッズをまとめてみた。

 

 

最近は、リクルートエージェントを使えば、エージェントと共に転職活動をする事が出来ますし、75%は非公開求人なので、

非公開求人

 

求人の質も良いんですよね。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

 

また、リクナビネクストのグッドポイント診断を使えば、自分の性格を診断し、どの職業に自分があっているのか?という事も調べる事が出来るのです。

 

結局は好きな仕事をする事が一番なんですよね。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

 

 

家族と過ごしながらできる仕事

 

さらに言えば、家族と一緒に過ごしながらできる仕事、という選択肢もあります。

 

今は在宅でも稼ぐことが簡単にできるようになったんです。

 

例えば、主婦でもできるような記事投稿の仕事。クラウドワークス などのクラウドソーシング系のサイトで、他の人が運営しているブログ記事を受注してお小遣い稼ぎする方法です。

関連記事:主婦でも出来る副業?在宅で稼げる時代なんです。

 

サイト自体を運営してそこにA8.net などのアフィリエイトを貼っていき、広告収入で稼ぐ方法。

関連記事:ブログで稼ぐ人っているけど、その仕組みって知ってる?

 

意外に家にいながら、きちんとした収入を得る方法って沢山あるんです。

外で仕事するのと、家で家族と一緒に過ごしながら仕事をするの、
選べるなら、家族と一緒にいたいですよね?

 

仕事しつつで家族にかまえなくたって、
家族で一緒にいる安心感ってやっぱりあると思うんです。

関連記事:転職したいけど自信がない?どうにかなるんだよね。

 

どちらも大切にしてみれば良いじゃない?

 

 

家族のことを第一に考えるなら、家族といる時間を仕事の出来る時間にマネジメントしてしまえばいいんだと思いませんか?

家族と仕事、どちらを選ぶのか、二者択一な時代はもう終わったんです。

 

仕事をちゃんと選べば
家族も仕事も選ぶことができる、そんな時代に、私たちは今生きているんですよ。

自分はどんな時代に生まれ、これからどんな時代を生きていくのか?社会はどう変化してくのか?

想像してみて欲しい。この時代、未来に向けて、どうやって生きていくのだろうか?どんな生活をしていくのだろうか?

 

仕事と家族、どっちを優先するべきなのか、なんて考える必要はない。そんな素敵な時代なんじゃないかね。

違う?

では今日はこの辺りで。

関連記事:フリーターは転職エージェントを使うべき理由。

 

イケダ ハヤト KADOKAWA/中経出版 2013-06-18
 

一般ビジネスマンやお店の店員、学生や主婦であっても、自分のブランドを上げ、お金に変えられる手段がある。それは「書く」ということだ。
自分の知識やノウハウ、経験を書いてアウトプットすることで、世間から注目される。
ブログなどネットの環境は揃った。あとは動くだけだ。
今の時代は「ネットでモノを売れる」人が生き残る時代でもある。
本書では月間30万PVを誇るブログを運営する「プロブロガー」イケダ氏が「稼ぐための書く技術」を惜しげもなく披露。
何を書けばいいか、どう書けばいいか、書き続けるにはどうすればいいか、それを広めるにはどうすればいいか。
人を動かす書く技術は、これからを生き抜くための必須能力なのだ。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。