バイト

アイドルはすごくバイトしてる

アイドル戦国時代とも言われるこの時代、

アイドルの数、ものすごく増えましたよね。

 

テレビに出てよく活躍しているアイドルなんてほんの一握りです。

小さなライブハウスやイベント会場で週に何度もライブをしたりイベントをしたりしているアイドルがものすごく多いんですね。

 

そんな彼女たちってどうやって食べていっているんでしょう?

 

仕事で話を聞く機会が多いので実際のとことを聞いてみました。

 

バイトの頻度

 

実際はアイドル業だけで食べていけてるアイドルの女の子は本当に少ないです。

 

私の知り合いのアイドルの子たちはものすごくバイトしてます。
頻度でいうと本当に週に4〜7くらいのレベルで。

 

ライブイベントでは歌って踊るのが基本のアイドルたち。

彼女には本当に時間がないんです。
踊るのも歌うのもものすごく練習が必要になるからです。

 

そして、今のアイドルってほとんどがグループアイドルですよね?

そうすると大人数になればなるほど、歌を合わせるのも踊りを合わせるのも大変な作業になっていきます。

少しずつでも他の仕事を抱えているメンバーがいるなら、なおさらその練習のスケジュールを合わせるのだって大変でしょう。

 

バイトの時間帯

 

普通の人が活動する時間帯は彼女たちは練習をしたりライブ活動に追われています。
そうすると結局バイトができる時間は深夜帯になってくるんですね。

 

今まで聞いたアイドルがやっているバイトが

コンビニ、居酒屋、ビデオショップ、コールセンター…

全部深夜帯で働くことのできるバイトなんです。

 

私がコールセンターで働いていたころは本当にアイドルをやっている子が多かったです。

関連記事:バイトはコールセンターが一番いい理由

 

しかもお金がないので、ライブやイベントが終わったあとにバイトに行く、なんてことは日常茶飯事。

いったいいつ寝てるんだろう?というレベルです。

 

駆け出しアイドルはギャラが出ない

 

駆け出しのアイドルのほとんどはやっているライブやイベントにはギャラが出ていません。

事務所に所属しているアイドルは大体そうなんです。

 

なぜか。

まず、集客が見込めないアイドルはアイドルイベントに出演するにもお金がかかります。
よく考えたら当たり前のことなんです。

イベント会場を借りるにもお金がかかるし、歌ったり踊ったりするならそこにPA(Pablic Address)と呼ばれる人が必要になります。
これは簡単に言うとサウンド調整をする人で、カラオケでだす音源とマイク音源のバランスなどを調整してくれる人です。

 

それから照明をやってくれる人も必要になりますね。

 

それを外部にお願いしなくてはいけないので、音響さん、照明さんを雇うお金がかかるわけなんです。

ちなみにこういうのは技術職なので雇うにはかなりお金がかかります。
人にもよりますが、1日拘束で数万単位が相場です。

 

照明に関してはライブ会場にもともと設営されている照明があればいいですが、もしそれがない場合は照明さんに照明を持ってきてもらってそれを設営して組んで…なんて作業もあるのでさらに料金が高くなったりします。

舞台やライブで使われている照明は一個安くても10万くらいしますから。

 

最初に必要経費が結構かかるんですね。

 

またリハーサルをできるくらいの時間から会場入りしなくてはいけないのでスタッフさん、アイドル本人たちにもお弁当が必要になります。

一人なら300円〜500円くらいで済むかもしれませんが、スタッフさんやアイドル本人たちの分全部、となるとこれもかなりの出費になります。

 

そしてふたを開けてみたら、稼げるのはチケット代と物販(握手で○○円、とか一緒にチェキを撮って○○円、とか推しTシャツ○○円、とか)のみ。

駆け出しのアイドルイベントでチケット代を高く設定するわけにもいかず、物販だってファンがついてくれるまではなかなか安定して収益がでることもないでしょう。

 

そこから事務所に所属している場合は事務所のスタッフの給料も出さなきゃいけないわけです。

事務所だって商売でやってますから、売上が赤字になったりトントンになるくらいだったらそんなアイドルのためのライブやイベント活動なんてやりません。

 

つまり、本人たちのギャラを捻出するところがないんですね。

関連記事:フリーターは結婚出来ないと言うけど。

 

衣装もアイドルの自腹

 

事務所にはお金がありません。

まだファンがあまりついていないアイドルたちには衣装代も出ないことがしばしば。

 

衣装代を自分で出しているアイドルもかなりいます。

でもやっぱり見られる商売ですから、他のアイドルに差をつけてなんぼだし、誰よりも可愛く見せたい、というのがアイドルの本質だと思うんですね。

 

そうすると衣装にだってこだわりたいし、なるべくお金をかけたいじゃないですか。

ぎりぎりまで自分のお金を衣装につぎこんでしまうんです。

 

アイドルは普段の生活からお金がかかる

 

可愛くいるのってとてもお金がかかるんです。

 

女の子ならそうですよね?

  • 美容院代
  • メイク代
  • まつげエクステ代
  • ネイル代
  • エステ代
  • 洋服代

ざっと思いつくだけでもこんなにあります。

本当にお金かかるんですよ。

関連記事:【安い】使ってみてよかった安いおすすめコスメ

 

私だって普通に生活を送っていても月に2万くらいは最低かかります。

見た目に気を使わなくてはいけない職業のアイドルはもっともっとお金がかかるでしょう。

 

アイドルはアイドルでいるためにお金を使う必要がある。でも、アイドルだからといって簡単にお金を稼げるような時代でもない。

だから難しいのです。衣装代だけで稼ぎが消えてしまうことだってありますからね。夢とは何だろうか?と思ってしまう。

関連記事:バイトがめんどくさいと思う理由はたくさんあるし、別にしなくて良い。

 

裏でバイトに励んでいるものなのよ

 

 

アイドルがたくさん溢れている今の世の中ですが、みんなものすごく苦労して、努力してアイドルをやっているんです。

バイトだってしてるし、中にはバイトをいくつも掛け持ちしている、なんて子もよくいます。

 

アイドルになりたい、と思っている人がいたら「最初はバイトをしなければいけない状態になる」ということもも考えてみる必要があるんじゃないかと思います。

アイドルって夢を売る仕事だから、「今日はバイトです」みたいなことをツイッターでは言わない。でも、有名ではないアイドル、そこそこ有名なアイドルって実際にはバイトをしているわけですよ。

 

あなたの街のツタヤとか、コンビニ店員の中にもアイドルが潜んでいる可能性は十分にあります。それだけアイドルという仕事は大変なのもので、

それだけでは食べていけないのが現実だったりするんですよ。

 

夢を見てもらうためにも働かなければいけない世の中って何だろうな。

関連記事

芸能人になるには性格から直せ!

芸能人になりたいなら、そのリスクも考える必要がある

 

「cakes」の人気連載、芸能人批評「ワダアキ考」がついに書籍化。約50人を厳選し、増補。

新たに「堂本剛」「宮崎あおい」ほか5人の書き下ろしを追加。回り道を重ねて芸能人の生態を観察、テレビの向こう側に私たちが感じるわだかまりを力の限りで受け止める。

現代社会の「空気」をつかみ取り、テレビと私たちの緊張関係を取り戻す。2015年話題の1冊『紋切型社会』の著者が、放牧された芸能人を苛烈に問い直す1冊。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。