人生に悩む君へ

あなたの人生を変える本を紹介しよう。

人って他人から影響を受けるものなんですよね。

たった1回のコンサートで歌手を目指す人もいれば、偶然の出会いで夢を持つ人だっている。

人間って不思議なもので、自分の人生が変わる瞬間というものに出会う時が必ずあるんですよね。

たった1秒で人生なんて変わってしまうものなんです。

本だってそうなんです。

  • 「こんな生き方があったのか」
  • 「こんな志を持って生きたい」

そう思える本、人生を変える本というものに出会う事だってあるんですよね。

 

人生を変える本に出会うと、人は変わります。

人間は簡単に変わる事が出来るんですよ。

 

そこで、今回はあなたの人生を変えるような本だけに絞って紹介していこうと思います。

 

 

孫正義の軌跡

 

 

これは皆さんご存知、孫正義さんのこれまでの生き方について語った本なのですが、タイトルもさる事ながらその内容には圧巻でした。

 

孫正義さんは高校生の時にアメリカに留学したのですが、留学を決意した時はお父さんが入院していて家庭的にも大変な時だったんです。病気でね。

 

  • 「なんでこんな時に海外に行くんだ?」
  • 「自分のエゴのためになんで行く?」

 

と家族に責められた孫正義は

 

それでも渡米する事を決意します。

アメリカに行って、色んな事を学び、事業家になろうと決意したからなのです。

それからも、日本にソフトウェアを輸入したり、ボーダフォンを買収したりと本当に色んな事を手掛けていったんですね。

私たちも「ボーダフォンがソフトバンクになったなあ」みたいなイメージくらいは持っているんじゃないですかね。海外だと、ボーダフォンが未だにあったりするけど。

 

この本の中にはそんな中で孫正義はどんな事を思っていたのか?そして、どれだけ覚悟を持って自分の人生に向き合っているのか?

 

という事が伝わってくると思います。

 

人生を変えるような本って中々ないと思いますが、この本を読むと

何をやっていたんだろう?」と自分を責めたくなると思いますよ。

 

そして、「一歩踏み出す勇気」をもらえると思います。行動することができない自分をやめることができると思う。

 

この本を読んで人生を変える本だと思わないのであれば、こういったビジネスの世界に全く興味がない人くらいでしょう。

 

少しでもビジネスの世界に興味があるのであれば、きっと人生を変えるような本になると思います。

関連記事:退職して「起業したい!」という人を狙った詐欺もあるから気をつけてほしい

 

人間は本当は何も持たない存在?

 

 

これも人生を変えるような本だと思います。

人間って生きているとどうしてもプライドというものが出て来てしまうものなんですよね。

年収は◯◯以上でなければいけない、高級車を買う、結婚しなければいけない…

そんな欲望と共に出てきてしまうのがプライドだと思うんです。

 

そして、こういったものがあるからこそ、人は何かがあった時に絶望し、命を落としてしまうんです。

 

でも、本当はそんな事ないじゃん!っていうのがこの本の主旨なんですね。

人間なんて実は「ゼロの存在」であり、最初は何も持っていない存在だったという事を理解させてくれたような気がします。

 

私たちって「持っている」と感じているものを失くす事に対して大きな恐怖を覚えるのです。

自分の今の立場や、収入、家族といったものに実は縛られているのが私たちなのです。

 

でも、私たちは元は何も持っていないようなゼロの存在だという事を理解する事が出来たのであれば、

変わるんですよね。色んな事に挑戦出来るようになるのです。

 

これは挑戦したい事がある全ての人に読んでほしいような人生を変える本ですね。

関連記事:不器用に生きる人生を僕はまっすぐ走っていく。

 

ワンルームマンション販売し、借金、そして起業

 

この本も人生を変える本として推薦したいものですね。

筆者はワンルームマンションの販売をしていた会社「エスグラント」の社長である杉本宏之さん。

彼はワンルームマンションを売る事により、会社を成長させ続けてきたのです。

 

しかし、リーマンショックを契機に会社の業績はどんどん落ちていってしまったのです。

こういったワンルームマンションの販売会社ってどんな時でも「建て続けなければいけない」んですよね。

 

こんな事がずっと続いていると、だんだんとおかしくなってきてしまうんですよ。

この本の中では、その当時の心境が驚く程詳細に書かれていて、本人になったかのように読み進んでいってしまうものですね。

 

起業すると、どうしても大変な時ってあるんだなーというのが私の感想でした。

リストラしなければいけないという状態、その時のやるせなさ。

 

読んでいると「よく自殺しないで生きていたな」と思ったものです。

 

でも、それでももう1度会社を起こすというその力強さがこの本の良さでもあるんですけどね。

人生を変えていっている杉本さんの本を読めば、自分の人生を見直すきっかけになると思います。

私も経営者です。だから、痛いほど気持ちがわかる。経営が順調な時には何とも思わない。平和な日常が続く。

でも、経営状態が悪くなってくると、周りの人が冷たくなっていく。少し前までは仲間だと思っていた人たちが裏切るようになる。

だから、大変なんですよ。それでも、もう1度会社を作って、立ち上がろうとする姿が格好良かった。

 

人生を変えるような本なので、是非読んでみてください。

関連記事:人生なんて失敗ばかりだから面白いんだよ。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの旅」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。