ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

ブログで稼ぐ人っているけど、その仕組みって知ってる?

ブログを書いて、アクセス数を上げて、お金を稼ぐ人っているんですよね。

youtuberとかそういった仕事にも共通していえる事なのですが、最近は企業や組織に属していなくても自分が頑張る事によって、

お金を稼ぐ事が出来るようになってきているのです。

しかしその一方でブログで稼ぐ仕組みというものを理解している人はどのくらいいるのか?というと、

 

実はほとんどいないのではないか?と思うのです。

そこで、今回はブログでお金を稼ぐその仕組みについて解説していこうと思います。

 

 

Googleアドセンスを使う

 

これはブログで稼ぐ仕組みの代表格だと思いますね。

ブログで稼ぐとなると、どういう方法があるのか?というと、

  • 広告がクリックされた時に報酬がもらえるクリック型広告
  • 紹介した商品が売れた時にもらえるアフィリエイト広告
  • 記事の作成を受託する記事広告

が一般的なものだと思うんです。

その中で、Gooleアドセンスはどれにあたるのか?というと、

①番目の「クリック型広告」なんですね。

 

これってどういうものなのか?という事をご説明していきますね。

 

まずは、作ったブログ(無料ブログでもワードプレスでも良いですが、広告の貼付けられるブログ:seesaaとかライブドアとかワードプレス)にGoogleアドセンスの広告を貼付けるのです。

 

アドセンスに関しては、

Googleのアドワーズ広告を、自分の運営するウェブサイトに掲載する事ができる広告プログラム。ウェブサイトの運営者は、広告がクリックされた回数、またはインプレッションの回数に応じて収入を得ることができる。

Googleのアドワーズ広告を利用している広告主にとっては、、アドセンスを導入しているウェブサイトは、コンテンツターゲティング広告の掲載先となる。

アドセンスを導入しているウェブサイトは非常に多いので、広告主は自社の広告に関連性の高いウェブページにコンテンツターゲティング広告を配信することができる。

なお、アドセンス導入サイトに掲載されるアドワーズ広告は、ウェブページ内にあるテキスト情報などを参照して、Googleのプログラムが自動的に、コンテンツと関連性の高い広告を配信するしくみになっている。

wikipedia参照

 

 

を見てください。

つまり、簡単に言うと、アドセンスは広告主とブロガーをつなぐ役割をしていて、

ブロガーが自分のブログにアドセンスの広告主が広告を出すための枠を設けるんです。

 

そして、その枠をクリックしたらお金がブログ運営者に入ってくるというものなんですね。

 

SEO対策をしっかりしながらブログを運営していると、

だんだんとPV(見られたページの数)が増えてくるんです。

 

つまり、それだけ広告がクリックされる回数が増えていき、月々に入ってくる定期的な収入が増えていくという事なんですよ。

 

適切なSEO対策をしていれば、自然と閲覧者も増えていきます。

 

だからこそ、挙って更新しよう!と思うわけなんです。

ブログで稼ぐ仕組みとしては必須のものなので、サイトを運営している人や企業であれば、相当数が登録しているようなものなんですよね。

 

これからブログで稼ぐ事を考えているのであれば、アドセンスという仕組みを利用しない手はありません。

関連記事:ハッカーになろうと思うくらいならプログラミングを勉強しよう

 

 

記事広告を使う

 

これもブログで稼ぐ仕組みの中に入ると思います。

ブログってその人の資質にもよりますが、ある一定期間運営していると、必ずファンのような人たちが出てくるんですよね。

 

例えば、美味しいラーメン屋さんについてひたすら書いているラーメンブログがあったとしましょう。

適切にSEO対策がされていて、レビューがうまければ、ラーメンブログには

「ラーメンを食べるのが好きな人」が集まってきますよね。

 

そうすると、このブログは広告としての価値が出てくるのです。

 

ラーメンブログを運営しているブロガーが「◯◯っていうラーメン屋凄い美味しかった!」と言えば、当然一定数食べにいく人がいるんですよね。

 

そこでお店側が「3万円出すから紹介記事を書いてよ!」と言ってくる事があるのです。

これが記事広告と呼ばれるものですね。

 

ブログで稼ぐというと、大きなシステムだけに頼っている印象を持っている方もいると思いますが、

そうではなく、アナログな仕組みでブログで稼ぐ事を実現している人もいるんですよ。

 

一般的にはラーメン屋ブログ等はどうしてもアドセンス等の広告収入は少ないんです。

なぜなら、ラーメン屋が1クリックにかけるお金が少ないから。

 

逆に不動産売買とかになると、動くお金も大きいので、多額の広告費をかけているところが多いんですよね。

 

だからこそ、こういったクリック型の広告で稼ぐ事が出来ない特化型のブログは記事広告に依存する傾向があります。

 

 

でも、これもブログで稼ぐ時の立派な仕組みだと思いますよ。

関連記事:HTML初心者がやるべき事:本の紹介付

 

 

A8.netを使う

 

これもありますね。

これは俗にアフィリエイトと呼ばれるものでして、ブログで商品の紹介をしてユーザーが買うと、その商品の何%かが収入として入ってくるという仕組みなんですよね。

 

その中でも一番有名なのがA8.net ではないでしょうか?

他にもバリューコマースやアクセストレードといったASPがあるんですけど、

案件の数の多さからもA8.net は利点が多く、

ブログで稼ぐ仕組みの柱になっているような側面があるんですね。

 

こちらで一番稼いでいる人だと、1ヶ月で1394万円でしたね。

稼いでいるブログは本当に稼ぐ事が出来ているんです。

 

もちろん、これは運用する人数とかにもよるので一概に「絶対に儲かる!」とは言えませんが、

年金受給額くらいだったらすぐに稼ぐ事が出来る仕組みなんです。

 

また、ブログの運営が長くなってくると、ブログを運営する上でのスキルもきっと上がってくる事でしょう。

そうすると、ブログで稼ぐ事が出来る数字も加速度的に上がっていくんですよね。

 

 

ブログで稼ぐ仕組みについて書いてみましたが、どうでしたか?

ブログで稼ぐ事が出来るってなんか面白いですよね。

関連記事:自宅で稼ぐって本当に可能なのか?

 

一昔前だったら考える事が出来ないような仕事です。

でも、今ではそれを仕事にしている人がいるんですよね。

 

これからは面白い事をやっていく人が生き残っていく時代ですし、情報発信を行っていけるような人が儲かる個人の時代になってくるわけなんですよね。

 

だからこそ、ブログで稼ぐ仕組みを使って、稼いでいる人がいるわけなんですよ。ブログで稼ぐなんてそんなの仕事ではないと思っていると思いますが、

 

大手の無料ブログが稼いでいる仕組みだって、個人ブログで稼ぐ仕組みと全く同じなわけなんですよね。

 

実は上場企業も知っている仕組みではあるのです。

もしもブログで稼ぐ仕組みに興味を持ったのであれば、挑戦してみてください。

関連記事:ワードプレスの初心者がブログを作る時にやるべき事。

 

よく読まれている記事
関連記事だよ