旅の記録

休学してでも留学はした方が良い理由。

留学をするべきかどうかって結構悩むと思うんですよね。

でも、もっと悩むのが、期間だと思うんですよね。

 

留学を長期間すると、休学しなければいけなくなりますよね?

いまだと、短期での留学とかもありますが、やはりスキルをつけたいのであれば、長期でしょうし。

 

ただ、休学してまで留学をする必要があるのかどうか?って考えるところだと思うんですよね。

 

休学してしまうと、周りの人とは1年のブランクが出来てしまうし、やはり他人と違う道を進むという事は怖いですよね?

でも、私は休学してでも、留学をするべきだと思っているのです。

 

その理由を今回は書いていきたいと思います。

 

これからは英語が必須になる

 

今の日本というものは

島国という事もあり、まだまだ英語が必須という職種は少ないんですよね。

でも、これも今後は確実に変わってくるでしょう。

 

確かに、今は移民を受け入れる事がなくとも、財政は保っているでしょう。

ただ、これも今だけであり、いまの日本の財政赤字を考えると、

どうしたって、移民を受け入れなければ日本経済が成り立たなくなってしまうんですね。

 

老人の数がどんどん増え、一人当たりで支える老人の数がどんどん増えていますよね。

 

これでは、日本の財政は破綻してしまうのです。

 

だからこそ、今後はより移民の受け入れが多くなってくるでしょう。

そうなったら、今のシンガポールのように誰もが他国の人間と英語という共通言語を使って、話さなくてはいけなくなるんですよね。

 

英語の必要性って皆さんは大きく感じていないでしょう。

 

休学と留学との間で迷っているという事はそういう事だと思うのです。

しかし、休学してでも、留学をして英語を学ぶ必要性があるんですよね。

 

英語を学び、グローバルな人材になっていかなければ、今後は生き残る事が出来なくなってしまうんですよ。

私は飲食店の経営者と話す事が多いのですが、

最近は海外の方も本当に増えてきました。

 

日本で稼いで本国にそのお金を送金するんですね。

今後もこの流れはいっそう加速していくでしょう。

その時に本当に生き残っていけるのでしょうか?

 

また、住む国をかえるという選択肢だってあるでしょう。

日本にずっと住むという事も良いかもしれません。

 

しかし、これから先、もっと日本の財政が苦しくなり、

税金【主に資産に対する課税が強化されそう】も重くなってきたら、違う国に移住するという事だってあると思うんです。

 

そんな時に英語を使う事が出来れば、柔軟に様々な国に移住する事が出来ますよね。

 

休学をしてでも英語を学んで自分の選択肢を広げるという事は本当に大切な事なんです。

 

 

休学なんてしたって就活に悪い影響はない

 

休学をして留学すると、

 

「就活に影響するのではないか?」と考える人だっていると思うんですね。

でも、休学する理由が留学なのであれば、

別に大きな影響はないんですよ。

関連記事:留学や休学って就活に影響するのか?

 

少し前までは「留学で休学するなんて…」っていう風潮が少なからずありました。

ただ、いまとなってはそれも変わり、

 

休学してまでも、留学にいったなんて凄い!」となるようになったんですね。

 

日本だとメーカーとか商社は留学をしたことがある人材を欲しがっているんです。

つまり、そういった企業を受ければ、不利になるどころか、有利になるものなんですね。

 

休学をして留学する事は面接官の心証が悪くなる事なんてありません。

 

だったら、休学をして留学してしまっても良いと思うんですよね。

 

英語が出来るようになるって本当に大切なんですよ。

私がもしも今、学生だったら休学して、他の国へ留学しに行っていると思います。社会人になってからだと留学条件を満たさないこともありますからね。

ワーキングホリデーだって30歳まで。

そう考えると、学生時代に休学し、留学した方が楽なんですよ。35歳頃になったらきっとわかる。

あの時しか留学のチャンスなかったじゃん」と。

関連記事:彼氏が留学する時に別れてしまう人って多いけど。

 

サラリーマンになるなら1度しかないチャンス

 

留学をするのか?という事を考える時に

「まあそのうち出来るか!」と思っている人もいると思うんですよね。

 

大学生の時などは特に時間があるので、いつでも時間があるような感覚を持ってしまうんです。

 

でも、そんな事はないんですよね。

 

大学生の時に休学をして留学をするというような事はサラリーマンになってしまったらなかなか出来る事ではありません。

 

留学をしてサラリーマンになったらきっと「あの時休学してでも留学していれば良かった」となると思いますよ。

 

私の周りにも休学をして留学した人ってたくさんいましたが、

どの人も「行って良かった」と言っていました。

 

 

サラリーマンになったら気軽に海外になんていけなくなってしまうんです。

そうなる前に絶対に留学しておくべきだと思うんです。

 

1年の休学なんて全然大した事じゃないんですよ。

英語が話せるようになったら、選択肢は本当に広がります。

 

そのためにも、留学をする事を本当におすすめします。

カナダジャーナルみたいなエージェントに留学をサポートしてもらいつつ、留学をすることができますしね。

 

「留学したいけど、不安」って人って実はかなりの数いるんですね。

だったら、こういうものを使ってみて、休学して留学に出掛けても良いと思います。

 

また、留学前にこういった本で現地の大学について知っておく事も大切です。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。