ブログ運営を語る

ハッカーになろうと思うくらいならプログラミングを勉強しよう

ブラッディマンデーを見た事がある人だったら一度はハッカーというものに憧れますよね。

今までは自分の事を下に見ていた人たちを思い通りに出来たら良いな!なんて思っている人もいるかと思うんです。

でも、ハッカーになろう!思っている人のほとんどは、プログラミングが出来なかったりするんですよね。

ハッキングだってプログラミングなんです。

 

基礎的な事をわかっていなければ、ハッカーになろうとしたって絶対に無理なんです。

ハッカーになろうと思うくらいの気持ちがあるのであれば、プログラミングをきちんと勉強するべきだと思うんですよね。

 

そこで、今回はそんな人向けにプログラミングについて書いていこうと思います。

まずはやっぱりHTML

 

ハッカーになろうなんて思っていても、結局サイトの事がわからなければどうしようもないんですよね。

プログラミングというと、最初からRubyとか(Ruby on railsとかね、いま流行っていますよね。)PHP等を最初から勉強しようとすると思うのですが、

 

やはりハッカーになろうというレベルの話であるのであれば、HTMLから勉強した方が良いんですよね。

 

関連記事:プログラミング必須時代へ

HTMLって何か?というと、ウェブサイトを作る時に使うマークアップ言語なんですよね。

 

見出しを書きたいのであれば「h1」を書くだろうし、その他の読み込み等の知識もHTMLを学ばなければサイトを根本的に学ぶ事は出来ません。

 

ハッカーになろうと思うくらいの情熱があるのであれば、最初はここから学ぶべきなんですよ。

サイトの構成はどうなっているのだろうか?サイトが作るのが上手いとか下手ってどういう事?

 

という事がだんだんと理解出来るようになると思いますよ。

 

プログラミング初心者がやるべき事でも書きましたが、まずは基本的な事からやっていくのが一番の近道だと思うんですよ。

 

どんなハッカーも最初からなんでも出来たわけではありません。

最初は何も出来なかったけど、そこからだんだん知識が増えて来てハッカーになったんですよね。

 

ハッカーになろう!と思って今はインフラエンジニアをやっている方を知っていますが、彼は若い頃に

ハッカーになろう!」と思って、世界的に有名なハッカーに連絡をとって、実際にあったりしていましたよ。

 

「ハッカーって意外と会ってくれる!」って言っていました。

 

HTMLを学びたいのであれば、最初はHTML初心者がやるべき事:本の紹介付を読んでもらえればわかりやすいと思います。

 

 

実際にプログラミング言語を学ぶ

 

 

HTMLに関して学んだ後はやっぱりプログラミング言語をやってみるべきなんですよね。

難しいと思っている人もいるかもしれませんが、ハッカーになろうと思うくらいの人であれば、きっとプログラムを書くエディアー画面だけでも、

「何これ!凄い!」となって、頑張ると思います。

 

今、流行っているものだと、Ruby当たりを学んでみるのも良いのではないでしょうか?

また、PHPも使われているサイトが多いので、学んでみると

 

もっと実際の事がわかるんですよね。

 

ただ、

 

こういう事をいうと、

 

「独学でやろう!」と思ってしまう人がたくさんいるんですよ。

ハッカーになろう!と思うくらいの人であれば、もちろん独学で成功する人だっていると思います。

ただ、近道は絶対に教えてもらうという方法だと思いますよ?

 

私の知っているエンジニアの方でかなり有名な方がいらっしゃるのですが、その方も「絶対に独学は辞めた方が良い」とおっしゃっていました。

 

私がもしも今から学習しようとするならKENスクールに行くと思います。

ここだときちんと教えてくれるし、良いと思いますよ。

こういったプログラミングスクールの中にはあまり技術力のない人であったりとか、施設も汚いという事だってあるんですよね。

 

でも、ここは実際にいったみたんですけど、そんな事ありませんでしたし、

環境的にはかなり良かったです。

講師の方もフリーランスの方がいらっしゃったり現場の経験が豊富な方が多い印象だったので、

 

ハッカーになろうというくらいの情熱のある人であれば、すぐに学べると思います。

関連記事:独学でプログラミングを始めて後悔した話。

 

プログラミングが学べばずっと食べていける

 

最初の動機的には「ハッカーになろう」というものだったとしても、

結果的にプログラミングを学んだのであれば、それは皆さんの人生において、大きなスキルになると思っています。

 

これからもエンジニアというものの必要性はあがっていくでしょう。

人類の生活が便利になればなるほど、エンジニアが必要になってくるんですよ。

 

つまり、プログラミングを学んでいれば、食べていく事に困るという事はないんですよね。

 

これって凄い事なんですよ。

ハッカーになろうと思う人って本質的にコーディングをする事が好きだったりとか、あっている人だと思うんですよね。

私も昔はそういう感じでしたから。

 

そういう人であれば、すぐにハマって出来るようになると思います。

 

ハッカーになろう!なりたい!と思っている人は、まずは基礎的なところから学んでいきましょう。

ハッカーという道に行くのは好ましくありませんが、最初の動機としては十分です。

 

ハッカーになろうと思うのであれば、プログラミングを学ぶ人の適性はクリアしていると思っているのです。

そうやって世界的なセキュリティ会社を作った人だっていますからね。かつてはハッカーとして知られたアイスマン「マックスバトラー」だって今はセキュリティ会社をやっているわけですからね。

 

やってみる事って大切ですよ。

 

先程紹介したKENスクールであれば、通う必要がありますが、テックアカデミー であれば、オンラインかつメンター付きでプログラミングを学習する事だって出来ます。

 

また、

 

スクリーンショット 2017-11-03 15.51.45

 

日本e-Learning大賞「プログラミング教育特別部門賞」等も受賞しているので、ハッカーになろうという意気込みがあるような人であれば、

結構続くと思うんですよね。

では、今日はこんなところで。

関連記事:なぜエンジニアになりたい人が増えたのか?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。