ブロガー「水瀬まりも」とは?
就活の悩みを語る

就職先に文句を言う親ってなんだろう?

就職活動ってほとんど人がしますよね?

学校を出てから、大企業を目指す人もいれば、地元の企業に行く人もいるし、業種だって様々なんですよね。

学校でみんながだいたいは同じような事をしたけど、そんな事もなくなってくるのが就職なんですよね。

 

でも、親が就職先に関して文句を言ってくるという家庭もあると思うんですよね。

 

そういう家庭って意外と多いんですよ。

そこで、今回は就職先に文句を言ってくる親について書いていきたいと思います。

就職は最初にする大きな決断

 

就職活動をするまでは、なんとなく自分で決断をしないで生きてきた人ってホントに多いんですよね。

でも、社会に出て、働き始めたら、自分で決断して生きていかなければいけないんですよね。

つまり、その最初の関門が就職だと思っているんです。

 

だから、この就職というものを自分できちんと決める事って本当に大事なんですよね。

自分なりにどの企業が良いのか?どうしていったら良いのか?という事を考えて決めていっているんですよ。

でも、ここで親が出てきてしまう時ってあるんですよね。

 

親が子どもの就職に関してモノ申してくる時ってあるんですよ。

例えば、「大企業が良いに決まっているじゃない。絶対に大企業に入りなさい!」と言ってくるとかね。

あるよね。きっと、周りにもいると思うよ。

 

福利厚生とか、給料だってきちんとしているのが大企業だし、将来も潰れないのが大企業だと思っていますからね。それが親というものです。

 

そういう観念のもとで育ったいまの親世代にとっては、それが当たり前の考え方なんですよ。

大企業万歳!大企業は終身雇用で一生安泰!

仕方がないんです。世代の問題ですから……。そう思ってしまうものです。

 

ただ、そうはいっても就職って自分のためにするものです。

親のための就職ではないはずです。親へ仕送りするために就職先を決めるわけではないでしょう?

そして、就職って子どもが一番最初にする大きな決断なんですよ。親の心配はわかる。でも、就職先に文句を言う親に従ってはいけない。

親が口を出し、それに対して従う必要なんてないんですよね。

 

確かに、大企業にも良い面はあると思います。

でも、自分の人生はそれで良いのか?という事を考えて自分で決断した方が結果的には良いと思うんですよね。

関連記事:新卒でITベンチャー企業で働くという選択肢

 

これから先は自分で生きていかなければいけません。

そのためには自分で決断する回数を増やす事が大切なんですよ。

親が反対しているとか、親の意見に従うなんてしなくて良い事なんですよ?

関連記事:大企業の最終面接を受けてみた話。

 

自分の人生だという事

 

仕事って人生において大きな意味を持ってくると思うんですよね。

普通の人であれば、人生のほとんどの時間は仕事をしているんですね。つまり、人生って言ってみれば、ほとんどの人が仕事をして終わっていくんですよ。

 

その仕事を親が決めるなんておかしいと思うんですよね。

確かに、新卒なんて何も知らないんです。

 

会社や社会の仕組みなんて全くわからないと思います。

それでも、自分で決めて、自分の好きな事をやるのが一番良いと思うんですよね。

 

親が買ってきた服を買ってきたり、親が作ってくれた食事を食べたり。そんな子供時代の経験をまだ引きずっているのでしょうか。

 

確かに、親が言う通り、大企業に就職すれば親は喜ぶと思いますよ。

自分が育ててきた子どもの将来が安定しますからね。

 

でも、自分が就職して本当にやりたい事は何なのか?って事を真剣に考えてみてください。

親はいつか死にます。

そして、自分だっていつかは死にます。

そんな時に後悔しませんか?

関連記事:人生は一度きり。だから後悔しない生き方をしろよ。

 

親のために親が勧める会社に就職しても本当に後悔しませんか?

少しでも後悔しそうなのであれば、絶対に自分の意思で決めましょう。

 

その方が自分の決断に責任を持つ事が出来るし、何より、それで好きな仕事を出来たのであれば、

良いですよね。

人生の時間を好きな事につぎ込めるというのは本当に幸せな事なんです。

 

周りに自慢するために就職するわけじゃないですよね?

だったら、親の言う事よりも自分が就職したい会社に就職しましょう。

関連記事:就活がばかばかしいと思うのは当然だと思う。

大企業だから良いとは限らない

 

いまの親世代は

大企業が一番安全だと思っているんですよね。

そして、それが子どもにとって一番良い事だと思っているんです。

 

でも、それって本当に正しいのでしょうか?

電通の事件だってありましたよね?電通と言えば、日本を代表する大企業です。

 

しかし、現実は悲しい結末になってしまいましたよね?

 

大企業だから良いとかではなく、自分のやりたい事、ワークバランスを実現出来るところに行くべきだと思うんですよね。

私も初めて就職した会社は超大手企業でした。新人歓迎会ではフォアグラがでるような感じ。

こんな感じかあ」と思った記憶があります。まあ、そんな私も辞めたんですけどね。

 

例えば、今だとベンチャーに行く人だっていると思うんです。

ネット系の会社とかね。私も就活では受けましたから……。

 

でも、親の顔色をうかがってしまったがために、大企業に就職を決めてしまう人もいると思うんですよね。

 

ベンチャー企業でチャレンジして、そこから起業したい!って人って本当はたくさんいたと思うんですよ。

ただ、それが、周りや親からの助言により、消えてしまったんです。

 

大企業って動きが遅いし、あまり良い事がないように思うんですよね。

これからはIT企業の時代なんですよ。

 

エンジニア等の技術の人がだんだんと台頭してくるようなそんな世の中なんです。

新卒でITベンチャー企業で働くという選択肢という記事でも書きましたが、新卒でもベンチャーで働くという選択肢はありだと思うんですよね。

就職先に対して親が反対しているとか考えていないで、自分で判断しましょう。

 

だって自分の人生なんですから。

1度きりしかないんです。人生なんて。

 

たった1度の人生の中で、何がやりたいのだろうか。そんなことを心から考えて欲しい。

 

就職先に文句を言う親はいるよ。親の意見が正しいこともあるよ。でも、自分の人生だよ。命だよ。

親の言う通りに生きるなら、自分の身体にある心なんていらないじゃない?ロボットで良いはず。

でも、心があって、

意思があるから、今まで楽しい人生だったのでしょう?良いんだよ。自分で決めれば。

関連記事:就活に失敗して死ぬ?そんな必要はどこにもないでしょう?

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ
よく読まれている記事