仕事の悩み

上司のパワハラに耐える必要なんてありません。

最近はパワハラという言葉が世間でも認知されるようになったおかげか、パワハラに対する世間の目や、会社の目が厳しくなってきていると思います。

 

昔は本当にパワハラが多かったんです。

 

詰められて当たり前、それでこそ新人という考え方を持った上司だっていたんですよ。

ただ、実は現在でもパワハラをする上司って普通にいるんですよね。

 

パワハラっていつの時代も結局は残ってしまうものなんです。変われば良いんですけどね。

 

なかなか変わらないものなんですよ。

しかし、上司からのパワハラを受けた側は様々な理由からパワハラに耐えようとするんですよね。

いや、耐えようとする人の方がサラリーマンの場合だと圧倒的に多いでしょう。

 

ただ、そんなことをしていたら、だんだんと精神がやられてきてしまい、遂には会社に行く事が出来なくなってしまうなんて事もあるでしょう。

 

だから、パワハラに耐える必要なんてないんです。

という事で今回はパワハラをしてくる上司について語っていきたいと思います。

 

 

新人だからしょうがない?なんておかしい

 

新卒として会社に入ると、どうしても自分の上司というものが絶対的な存在になってしまうんですよね。

上司という絶対王政の下で働くわけ。

 

つまり、上司が自分の事を「お前は仕事が出来る」と言ったら

「ああ!自分は仕事が出来る方なんだ」と思うだろうし、反対に

「仕事が出来ないダメ人間だ!」と言われたら本当にそう思い込んでしまうのが新人なんですよね。

 

そうなってくると、上司からパワハラを受けていたりしても、

「私が悪いんだ。もっと頑張れば良いんだ。」となるんですよね。

 

でも、それだと最悪、死を選んでしまったり、鬱病になってしまうんですね。

本当に危機的な状態になるまで我慢してしまうんですよ。

 

 

新人は確かに様々な上司から様々な指摘を受けるでしょう。

ただ、それは業務の人間的な発言の範囲内であるべきであって、

そこを越えるような指摘はただのパワハラでしかないんです。

 

それに耐える必要なんてないんですよ?

だって、耐えてしまったら、次に来る後輩にも同じような事をしてしまうと思いますから。

 

「自分も辛いパワハラにあってきたから、後輩には優しくする」という流れになれば良いのですが、そんなに人間は上手い事出来ていません。

 

人間はそんなに綺麗じゃないんですよ。

自分が辛い目にあったら、後輩にも同じような事をしてしまうものなんですよね。上司からパワハラをされていた被害者が加害者になってしまう事もあるのです。

 

どこかで上司からのパワハラ文化を絶やさなければずっと不幸な人を増やしてしまうんですよ。

 

止めても良いじゃない?自分で。耐えなくて良いのです。

関連記事:会社を辞められない人の心理を考えてみた。

 

他の人と比べて辛いか?で決めてはいけない

 

上司からパワハラを受けている人でも、「自分はあの人よりはマシだし、ここで働けるだけ良いのだから、我慢するべきだ」と我慢してしまう人がいるんですよね。

しかし、上司からのパワハラに関しては、他人と比べるものではないと思っています。

確かに、自分よりも上司からひどいパワハラを受けている人がいるかもしれません。

 

ただ、そういった人と自分を比べて、「我慢しよう」と考えるのはおかしな事です。

比較することではないのですから。つらいと思ったらそれは上司からパワハラです。

 

パワハラには基準なんてありません。パワハラだと自分が思ったのであれば、それは我慢するべき対象ではないのです。

営業成績が悪かったりとか、ノルマがこなせない人がよく上司からパワハラの対象として選ばれてしまうと思います。

でも、営業成績が悪いから暴力をふるっても良いというわけではありませんよね。周りからは「そんなのは社会において当たり前。転職をしようとするなんて甘えでしかない。」

 

と言われる事もあるでしょう。ただ、そうやって我慢し続けても、何も良い事はありませんよ。自分が上司からパワハラで辛いと思っているのであれば、

会社を辞めてしまっても良いわけです。

パワハラを受けてまでなぜ我慢するのですか?

我慢しても、エスカレートしてしまうケースだってあります。自分の生きたい人生を生きた方が良いのですよ。

関連記事:上司に仕事を辞める報告をする時に大切な事。

 

 

パワハラ上司もいつか変わってくれるという幻想

 

これも思ってしまう事なんですよ。

上司がパワハラをしてきたとしても「いつかは変わってくれる」と思ってしまうものなんですよね。

自分さえどうにかなれば上司からのパワハラはなくなると思っているんです。

 

でも、これって幻想なんですね。

 

パワハラする上司って貴方が相手だからではありません。

誰に対してもそういった行動を取るんですよ。

 

日頃のストレスを「誰か」にぶつけたいだけなんです。職場にいる人であれば、誰でも良いのですよ。

サンドバッグを探しているのです。

ブラック企業ほど、こういった傾向って強くなってくると思っています。

ブラック企業だと、十分な睡眠時間を取る事が出来ず、職場内の人間関係も良好ではない場合が多いので、上司からのパワハラが起こる可能性が高くなってしまうのです。

 

だからこそ、パワハラ上司に耐える必要なんてありません。

 

問題がある人は結局どこまでいっても問題を起こすんですね。

それであれば、新しい職場を探しても良いのではないでしょうか?

今の職場だけが居場所ではないのですから。

関連記事:私が転職したきっかけ

 

さっさと転職すれば良い

 

ここまで、パワハラ上司について話してきましたが、

つまるところ、転職をしてしまえば良いんですよ。

 

イヤな上司がいるから転職をするなんて甘えだと思いますか?そんなことないんですよ?

上司からのパワハラが原因で辞めるなんて当たり前の事です。

関連記事:上司との飲み会って本当にいくべき?

 

自分が働く環境ってもっと真剣に選ぶべきだと思うんです。

私には大手証券会社で働いている人がいます。彼は優秀ですが、それでも毎日「殺すぞ」と言われながら働いているのですよ。

完全なるパワハラですよね。もっと働く環境を選ぶべきなのに……。

 

周りは色んな事を言うかもしれません。

でも、それで鬱病になってしまったら意味がないじゃない?

鬱病になったら2年くらいは社会復帰をする事が出来ませんよ?

 

そうなるくらいならさっさと辞めてしまって新しい環境で働いた方が良いんですよ。

 

今って、転職の形も多様化しているんです。

だから、転職の方法さえ間違えなければ、転職をする事だって可能なんですよ。

パワハラに屈する必要性なんてどこにもないわけです。

 

例えば、最近だとエージェント形式の求人って流行っていますよね。

 

リクルートエージェントとかだと、非公開求人数が75%を超えるし、相談段階でも大丈夫だしね。

非公開求人

面接対策、業界研究を一緒になって行ってくれるので苦労なく、転職をする事が出来るわけですよ。はい。

 

転職をしたい!となってもなかなか企業と面接の連絡をとったりする時間が取れなくて、

結果的には転職出来ないという人って結構いるんですよね。

でも、こういったエージェント形式だと、自分から積極的に動かなくても転職活動をする事が出来るんです。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

 

 

また、それでもやっぱり「年収が少なくなるんでは?」と思っている人もいるかと思います。

でも、私がMIIDAS で算出したら意外と高くて「758万円」となりました。意外と高い数字がでるんですよね。

転職しても問題ない。

 

転職を失敗してしまう人はやり方を間違えている!という記事では、実際に私が使ってみた感想も書いているので是非。

 

 

パワハラなんかに負ける必要はないし、我慢する必要はないんですよ。

そんなことしている時間は無駄でしかありません。

 

「きついな」と思っている時って実は結構限界まで来ている時なんですよ。

精神的にかなり追いつめられてから人間は「あ!そろそろやばいな!」と思うものなのです。

 

鬱病になる前に上司からのパワハラからさっさと逃げましょう。

関連記事:飲み会で年収を自慢をする人って何?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。