人生に悩む君へ

歌手になりたいけど、親が反対する?夢は絶対に叶えろよ。

歌手になりたいって思っているひとは結構いると思うんですよね。

実は私自身、小学生の時からずっと歌手になる事が夢でした。

ミュージックステーションに出ている歌手を見て、

「こんな風になれたら良いな」と思い、本気で歌手になりたいと思ったのです。

 

ただ、親が全面的に賛成していたのか?というと、必ずしもそうではありませんでした。

親は子どもには普通の道を歩んで欲しいと思うものなんです。

親が子どもについて欲しい職業のNo.1が「公務員」である事からも

 

親が子どもの生活の安定を望むというのはいつも時代も普遍的な概念ではないでしょうか?

だからこそ、親に反対されてしまい、歌手になりたいという夢を諦めてしまう人ってたくさんいると思うんですよね。

でも、それで本当に良いのでしょうか?歌手になりたいという夢を親が反対するからという理由で本当に諦めてしまっても良いのでしょうか?

私は諦めて欲しくない。歌手になりたい、という気持ちが本当なら、諦めちゃダメだよ。叶えろよ。

 

歌手になりたいと思って、私がやった事

 

まずは私が歌手になりたいと思った時からやっていった事を書いてみたいと思います。

私は歌手になりたいと思う前からピアノ教室に通っていました。

ピアノ教室に通っていたという事も歌手になろうと思ったきっかけでしょうね。

 

でも、歌手になりたいと本気で思ってからはまずギターを買いましたね。

歌手ってもちろん作詞や作曲が出来なくてもなる事は出来ます。

 

ただ、これからの時代は作詞や作曲が出来なくては歌手として生き残っていけないと思いましたし、

自分の伝えたい事を聞き手に伝えたいと思ったので、どうしてもギターが出来る必要性があったんですね。

 

それからは友達を誘い、二人でユニットのようなものを組みました。

毎日毎日、友達の家に集まっては作詞と作曲をして、河原でその曲を弾くという、今考えたら「なんでそんなことしてたの?」みたいな事をしていたんですね。笑

冬の寒い日とかにも、ブルブル震えながら2人で、あれは「隅田川」だったかな。隅田川の河原でギターを弾いていました。

でも、それで夢に近付いていると本気で思っていたし、何よりもそんな毎日が楽しかったんです。

 

ある程度の準備が出来たら「次はオーディションだ!」と思い、

スターダストやサンミュージック等たくさんの芸能事務所のオーディションを受けたんですね。

しかし、上手く行く事はありませんでした。

 

お金がたくさんあるわけではなかったので、事務所に入る時にお金が必要なところにははいる事が出来ませんでした。

だからこそ、特待のような扱いであるか、元からレッスン料等を取らないところに合格するしかなかったんですよ。

 

でも、とにかく私の努力や才能では、歌手になりたいという夢を叶える事が出来なかったんですね。

 

 

今は私は全然違う事をしています。歌手ではない違う夢を今は追っているんです。

ただ、だからといって、歌手になりたいという夢の代わりというわけではないんです。

 

夢は変わるものです。

だから、今やっている事も全力でやっているんですよね。

好きな事を全力でやっているんです。

 

そして、何が伝えたいのか?というと、歌手になりたいという夢を追っていた時期は今でもとても役にたっているという事なんです。

 

親に反対されてしまって、歌手になりたいという気持ちを忘れてしまう人とか、諦めてしまう人っていると思います。

 

でも、なんでも目指してみれば良いと思うんですよね。

親の反対がどうだろうとなんだろうと、やっぱりなりたいと思った夢があるのであれば、

正直に進んだ方が良いと思うんです。

 

私のように別の道に進んだ人にとっても、あの時のワクワクする感じとか、毎日がキラキラと輝いて夢を見ている、夢に悩んでいる時の感覚が今でも糧になっているのです。

関連記事:私の将来を他人が語るな

諦められるのであれば、夢じゃない

 

歌手になりたいという夢を持つ人はいます。

 

でも、親に反対されてしまう人も同数程度はいると思うんですよね。

私も快く歌手になる事を承認してくれていたわけではありませんでしたからね。

 

そんな時にあなたならどうしますか?

歌手になりたいという夢を諦めてしまいますか?

関連記事:人生は一度きり。だから後悔しない生き方をしろよ。

 

私は諦める事が出来る夢なら夢じゃないと思っているんです。

これから生活がどうなろうと、歌手になれなきゃ自分の人生ではない!と感じてしまうのが夢だと思うんですよね。

 

親の反対で辞めてしまうなんて確かにもったいないんです。

でも、親を説得する事だって出来たはずです。

関連記事:あらゆる人を説得する超基本的な方法

 

島田紳介さんもこんな事をいっていました。

芸人になりたい?
止めとけ 君には才能ない
たった2人の人間を説得できへんようじゃ
テレビの前の一億人を説得させられへんよ

参照:http://phoenix-wind.com/ranking/vote/vote_ShimadaShinsuke_ranking.php

 

本当にこの通りなんですよね。

目の前の人間も説得出来ないのであれば、歌手になんてなれない。

それくらいの気持ちは必要だと思います。

 

みんな人生をかけて芸能界にはいってきているんです。

だからこそ、本気でなければ売れる歌手になんてなれませんよ。

 

目の前の親だって、子どもの事を思う一人の人間です。

 

もしも、諦める事が出来ないのであれば、

歌手になりたいという気持ちを本気で親にぶつけましょう。

 

親の気持ちが変わるまで、情熱的にね。

関連記事:夢を諦める前に、後少しだけ頑張る力。

 

自分の人生はたった一度

 

そして、最後はこれだと思うんですよ。

歌手になりたいと思うのであれば、諦めないで頑張れば良いと思うんです。

確かに生活的には苦しいと思います。

 

だってそれはそうですよ。

最初は売れない事がほとんどだし、きちんとした音楽を作りたいのであれば、

バイトだってちゃんと出来ない事もありますからね。

 

そこには厳しい現実が待っているんです。周りの人たちだって就職していって、結婚したりもする。

これぞ幸せ」みたいな生活を送っている横で、自分は「夢あるビンボーさん」という感じ。そんな時期はどんなミュージシャンでもある。

 

でも、自分の人生は一度切りなんですよ。

自分の人生は過ぎ去ってしまえば、戻る事のないものなんです。

 

歌手を諦める事が出来るなんていつでも出来ます。

 

ただ、それで本当に後悔しないのでしょうか?

60歳になった時、死ぬ時に本当に後悔しないのでしょうか?

関連記事:後悔しない生き方って辛いけど最高だってことを伝えたい。

 

その時に「親の反対さえなければ」とぼやきませんか?

 

そんな人生イヤですよね?

本気で好きだと思える事があるのであれば、人生をかけてやってみれば良いじゃないですか。

もしも、私と同じように結果的には違う夢を追いかけたとしても、

 

歌手になりたいという夢を本気で追いかける事が出来れば、自分にとって必ずプラスになります。

 

諦めないで、頑張って下さい。人生は一度しかない自分のキャンバスなんです。

歌手になりたい」と思ったあの日から、テレビに映るミュージシャンを観て、「いつか私も」と胸を高鳴らせていた。

顔が火照る感じがした。それくらい心から歌手になりたかったんです。

楽しいよ。夢を追うって。素敵なことだよ。

親に反対されているのはわかるけど、どうか諦めないで欲しい。

その夢は、いつか叶うよ。

関連記事:プロ歌手・声優が使う喉ケアグッズ

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。