仕事

多くの人が過労死をしてしまう理由

会社で働き始めてようやく社会に出たと喜んでいたにも関わらず、入った会社がかなりのブラック企業で、大変という人っていますよね?

 

先日も電通で働いていた社員の方が過労死をしてしまいましたよね。

本当に悲しい事だと思います。

 

でも、過労死する前になんで辞めないのかな?って思う事はありませんか?

死ぬくらいなら辞めれば良いのにって思っている人っていると思うんですよね。実際に過労死しそうだとわかっているにも関わらず辞める事が出来ない人ってたくさんいるんです。

 

そういう人には実はある理由があったんですね。

今回は過労死・過労自殺をしてしまう人の理由について書いていきたいと思います。

 

 

人格を否定されている

 

 

会社に入った時って自分が一番下なんですよね。

だから、上司から教育されるわけなんですけど、過労死してしまうようなブラック企業であった場合

この上司がかなりの影響力を及ぼす事を忘れてはいけません。

関連記事:神経質な上司がいるなら退職しましょう

 

こういった企業においては、離職率が高いんですね。

だからこそ、辞めてもらっては困るんですよ。

特に自分の部下が辞めたなんて事になったら怒られるのは上司の方なんですね。
上司の責任になってしまうのです。

 

すると、どうなるのか?

 

「ここでやっていけないなら他でもやっていけないよ」という主旨の事を部下に言うんですよ。

これって結構、酷だと思いませんか?

社会人としての経験がない人からすれば、

上司の言った事が全て真実であるかのように聞こえるんですよ。

 

確かに上司だって部下に辞めて欲しくないという気持ちがあるのもわかりますが、

そういった言葉によって、過労死してしまう人が本当に多いんですね。

 

人間の限界って意外と下のところにあるんですよ。

すぐに疲れてしまうのが人間だし、ストレスが溜まってしまうのが人間なんですね。

 

でも、上記のような言葉で諭されると、どうしても

 

「ここで頑張らなきゃ!親のためにも…」と思ってしまうんですよね。

悪いのは自分であって、他の誰でもないんだ!と思ってしまうのです。

つまり、間接的に人格を否定されているにも関わらず、自分のせいだと思ってしまうものなんですよね。

 

でも、そんなことないんですよ。

悪いのは過労死をしてしまうような理由を作っている企業であり、上司なんですね。

 

今回は電通の事件で亡くなってしまった人も

「女子力がない」等のパワハラを受けていたそうじゃないですか。

 

そんなことをしている企業が未だにあるのが信じられないです。

こういう環境になってきてしまうと、どうしても自分で物事を判断する事が出来なくなってしまうんですね。

何が正しくて、自分はどうしたら良いのか?という判断の基準が自分の中でなくなってしまうんです。

しかも、結果的に「悪いのは私だ」となってしまう構造になっているので、辞める事が出来ずに過労死や過労自殺までいってしまうんですね。

そういった理由が過労死にはあったんですよ。

本当に悲しい事です。

関連記事:転職したいけど、時間がないという人はどうすれば良いのか?

 

自分が辞めたら会社が回らなくなってしまう、と感じる

 

会社で働く事が辛くて、辞めたい、と思っていても実際に辞める事が出来ないのは「自分が辞めたら会社が回らなくなってしまう」と思っているからだと思うんですよね。

確かに、会社を辞めたら会社が回らなくなってしまう事だってあるでしょう。

しかし、本当にそれは皆さんの責任なのでしょうか?これは会社の責任だと思うんですよね。

 

他人の事や会社を考えられる、という事は素晴らしいと思います。ただ、そうやっていると過労死をしてしまう事だってあるんですよね。

他人の事をいくら考えても仕方がない、と思うんですよね。

過労死の理由として実際にあるものだと思いますし、私の友人でも「俺が辞めたら会社が回らなくなってしまう」と言って、

既に重度の鬱だと診断されているにも関わらず辞める事が出来ていない人がいるんですよね。

 

私には全く理解出来ない考え方なのですが、そういう人だっているものなんですよ。過労死の理由として、こういった個々の責任感が邪魔をしてしまい、

辞められず、結果的に重いを我慢してしまうようなケースってあるのです。

でも、自分が辞めてからの会社の事なんて考える必要はないと思っているし、それよりも自分の身体を大切にした方が良いと思うんですよね。

それで過労死してしまったら、何の意味もないのですから。

関連記事:転職に踏み切るタイミングはいつが正しいの?

 

 

疲れてしまって何も考える事が出来なくなる

 

これも過労死をする理由としてありますよね。

疲れてしまって何も出来なくなるという事が実際にあるんですよ。

ブラック企業で働くってどういう事なのか?というと、考える時間が取れないという事なんですね。

考える時間がないという事も過労死をしてしまう理由の一つなんですよ。

 

例えば、朝の7時から出社して、夜の12時まで仕事をしている人を想定しましょう。

皆さんだったらどうですか?帰ってから何か考える事が出来ますか?

 

きっと出来ないんですよね。

関連記事:あなたが精神的に疲れる3つの原因

 

過労死しそう…なんて思いながらも結局は

「早く寝なきゃ明日辛くなってしまう」

という考え方になってしまうんですね。

 

 

こうなってくると「いつ辞めようかな」なんて考える時間もなくなってしまうんですよ。

私の知り合いが入っている会社では、よく「失踪事件」が起きるんです。

 

というのも、ブラック企業だからなんですけどね。

 

ブラック企業だから失踪するしか会社を辞める方法がないんですよ。

だって、考える時間が取れませんからね。

考える時間を取るためには失踪するという方法しかもはや残されていなかったんです。

 

 

だったらさっさと辞めてしまえば良いんですよ。

 

私はよく「会社辞めても良いと思う?」ってきかれるんですけど、

今の現状が辛くて死んでしまうのであれば、さっさと辞めてしまえば良いと思うんですよね。

 

過労死してしまう根本的な理由を考えれば、自分がいまどれだけ危険な状態なのか?ということもわかるだろうし、

周りの人間の味方も変わると思います。

 

過労死にも過労死をしてしまう理由とメカニズムがあるんですよ。

関連記事:自殺したい?そんな事思う必要なんてない。

 

次の職場が見つからないから

 

これも過労死してしまう理由だと思うんですよね。

辞めたいと思ってはいるものの、

転職先が見つからないからこそ、いまの会社を辞める事が出来ない。

でも、家のローンも残っているからどうすれば良いのかわからない。

すると、結果的に頑張るだけ頑張って過労死をしてしまうんですね。

 

転職先が見つからないという理由で過労死をしてしまう人だっているんですよ。

 

本当は転職をすれば良いと思うじゃないですか?

ただ、そういう人たちは思わないんですよね。

 

「転職が出来る」と。

 

今って、本当に売り手市場ですから、転職口って本当に多いんですよ。

 

 

ワークポート を使えば、IT系が中心にはなりますが、非公開求人を紹介してくれる転職エージェントと共に転職をする事が出来ますし、

 

キャリコネ を使えば、会社の口コミが元社員や現役社員によって投稿されているので、それを見て転職をする事が出来れば、

より良い環境の会社を選択して、転職をする事が出来ますしね。

転職というものは当たり前の事になってきているのです。過労死をする理由はたくさんありますが、

 

そういった理由があったとするならば、転職した方が良いのです。

 

 

でも、転職をした事がない人だと、「どうしよう。転職出来ないし、どうすれば良いのかわからない。頑張るしかないんだ。」と

思ってしまうんですね。

 

そんなことないと私は思っています。

転職を失敗してしまう人はやり方を間違えている!でも書きましたが、転職を成功させるためには

人間性だけでなく、きちんとした媒体だって必要なんですね。

 

 

やり方さえ間違えなければ、転職する事だって出来るんですよ。

過労死してしまう理由なんて実はたくさんあるんです。

だからこそ、重要なのは、危ないと思ったらちゃんと辞める事なんですよ?

 

過労死する理由を作らない事も大切ですが、一番大切な事は辞める事なんです。

死ぬならさっさと辞めてしまえばいいんです。

関連記事:上司に仕事を辞める報告をする時に大切な事。

 

とかストレスには最適です。

是非使ってみてください。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。
よく読まれている記事