仕事の悩み

働きたくないけど、お金は欲しいは本当に実現出来るのか?

仕事を経験した事がある人なら一度は「働きたくないな」と思った事があるのではないでしょうか?

上司からの圧力や、取引先からの罵倒、そういったものに嫌気がさしてしまってなんて人もいるのではないでしょうか?

でも、生活をしていくためにはお金は欲しいと思うものなんですよね。

 

お金があれば、美味しいものを食べる事が出来るし、お金があればいくらでも遊ぶ事が出来ますよね。

そこで、今回は働きたくないけど、お金は欲しいという事が実際に出来るのかどうか?という事を経営者である私があえて考えてみたよ。

 

不動産で稼ぐ方法

 

皆さんはお金を稼ぐのは自分の仕事量によってのみだと思っていませんか?

残業をして残業代を稼いで、営業先から案件を取って来て、それのインセンティブをもらうという事が出来ればお金を稼ぐ事が出来ると思っているのです。

 

でも、実際のところそんなことはありません。

 

例えば、1日に8時間働いたとしても月にもらえる給料なんてたかが知れているんですよね。

もちろん外資系金融に勤めていれば話は変わってきますが、1流企業でもだいたい1000万円くらいがサラリーマンの限界だと思います。

関連記事:不動産投資で失敗してしまう人の特徴

 

メーカーで役員になってもせいぜい2000万円くらいでしょう。

 

でも、これだと「働きたくない」という夢を叶える事が出来ませんよね?

働いてお金を稼ぐという行為を行っているに過ぎないのです。

 

 

ただ、これは自分が働いてお金を稼ぐという方法しか知らないからこその事だと思っているんですよね。

実際には「お金がお金を稼いでくれる仕組み」というものがあるのです。

 

例えば、不動産ですよね。

一昔前までは銀行に1億円預けていれば生活が出来るような時代でした。

でも、いまってそんな事ありませんよね?

今の日本の銀行の利息で食べていく事なんて不可能なんですよ。

でも、不動産は違います。

おすすめはしませんが、

例えば、札幌の中古マンションを100万円で買ったとしましょう。

それを貸家として貸し出して、月の家賃である3万円が入って来たとしましょう。

すると、年間で36万円の売上になるんですよね。

 

そして、今度は購入した中古マンションを抵当に入れて、70万円程借りましょう。

その時には70+36万円=106万円のマンションを買う事が出来るようになっています。

 

そのため、翌年には36万円+36万円=72万円が家賃収入になるんですね。

これを繰り返していくと、結果的にどんどん資産が増えていくような仕組みが出来上がるのです。

 

働きたくないけど、お金は欲しいという人はほとんど場合、ファイナンシャルの勉強をしません。

だから、世の中のお金持ちがどんな方法で資産を増やしているのか?という事を知らないんですよね。

 

でも、それって凄い損な事だと思うんですよ。

 

ある程度のお金を集める事が出来るのであれば、金融で儲けるという方法もあるんですね。

 

これが実現出来れば、働きたくないけど、お金は欲しいという願望を叶える事が出来るかもしれません。

 

自己資金が少なくても借り入れをする事により、レバレッジをきかせて投資する事が出来るのです。

関連記事:誰でも先生になれるウェブサービス?副業収入にもなる『ストリートアカデミー』

 

 

ウェブサービス・アプリを作る

 

 

これも働きたくないけど、お金は欲しいという事を実現するためにやってみると面白い事だと思うんですよね。

もちろん、最初はプログラミングを勉強しなければいけないのですが、今はAPIとかも充実しているので、

 

そういったものを使ってみても良いと思いますし、プログラミングがわからない人でも、テックアカデミー KENスクール等を利用すれば、

プログラミングだって簡単に学ぶ事が出来るわけなんですよね。そして、ウェブサービスを使ってみれば良いのです。

 

お金は欲しいけど、働きたくないという事であれば、基本的には「最終的に自分が動く必要のない仕組み」を作る事が必要になってくるんですよね。

 

だったら、ユーザーが回遊すればするほど、儲かるような広告の仕組みを利用すれば良いと思うんですよね。

 

お金は欲しいけど働きたくないと思う事は悪い事だと思われがちですが、これは逆にビジネスの本質でもあると思うんですよね。

 

だからこそ、別に悪い事ではないと思っているのです。そういった仕組みを作る事が出来るのであれば、やってみれば良いだけなのです。

 

お金は欲しいけど、働きたくないという事は実現出来るものなのです。

 

もちろん、宝くじではないので、最初からお金が稼げるというわけではないのですが、実現出来る方法ではあると思うんですよね。

関連記事:なぜエンジニアが起業するようになったのか?

 

株で稼ぐ方法

 

また、不動産だけでなく、株式で稼ぐという方法もありますよね?

株って皆さんの中ではおそらく博打の部類に入っていると思うんですよね。

確かに私も一部納得する部分はあります。

関連記事:投資家になりたい!が現実化する未来

 

あまりにも不透明な要素が大きいですからね。

大手証券会社が予想しても全然違う局面になる事も多いので、相場を常に予想出来るのか?というとそういうわけではありません。

 

でも、働きたくないけどお金は欲しいという人はきちんと勉強をすれば儲かる世界だと思いますよ。

 

ずっと株価を見ていると、その株独自の動きというものがわかってきます。

 

金融系がどう動くのか?鉄鋼系がどう動くのか?そういう事もだんだんとわかってくるんですよね。

だからこそ、株をやってみるのも1つの手だと思うんですよね。

 

最初はCME日経平均とかWTIを見るとかしていれば良いと思います。

それからだんだんと見る銘柄を増やしていきましょう。

 

株って簡単な話、安い時に買って高い時に売るのが原則なんですよ。

だからこれさえ守る事が出来れば、そこまで負けるなんてことはないんですね。

 

株で大損する人っていますけど、それは損切りが出来なかっただけなんですよ。

「いや、いつか上がるだろう」という根拠のない希望が大きな損につながってしまうんです。

 

だから、きちんとそういった事を理解しているのであれば良いと思います。

 

株の投資本ってほとんどが怪しいやつなんですけど、中には名著もあります。

 

当たりが証券の世界では有名でしょう。

働きたくないけど、お金は欲しいという人は現実的な方法を考えて勉強し、実行することにより、

現実にする事が出来る時だってあるんです。

関連記事:お金があっても幸せになれないけど、お金がないと不幸せになると思う

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。