投資家のお金論

不動産投資における見積もり額の考え方。

不動産投資をやっているとどうしても内装や外装をやらなくてはいけない時があると思います。

例えば、退去時のない内装ですよね。

きちんと適切に綺麗にしなければ、入居付けをしてもらえませんし、

お客さんもその物件を選ぶ事はないでしょう。
また、外壁だってそうですよね。外壁とかだとまぁ、概ね10年に一回くらいは業者から

「そろそろ外壁やった方が良いですよ」というお達しがくるわけです。

もちろん、外壁をやるか?なんていつまでその物件を保有するのか?ということにかかってくるわけなんですけどね。

そんな時にどうしても、見積もりって大切になってきますよね?

見積もりをしてどのくらいの値段か?ということを理解して、

決断をしなくてはいけないんですよ。
ただ、不動産投資をやっているひとでも、この見積もりに関しては初心者である事が多いんですよ。

今回はそんな不動産投資における見積もりについて書いていこうと思います。

 

見積もり額が安い方が良いとは限らない

 

 

内装会社とか、外装業者に見積もりを頼んでみたら

 

見積もり書を見て「なんだこの値段は!?」と思ったことってありませんか?きっとあると思うんですよね。

不動産会社にとっては投資家なんて他人ですし、実は不動産会社といっても、不動産の収支計算にはド素人である事が多いんですよ。

だから、なんとなく金銭感覚が違う…(高過ぎる…)と思う事も多いかと思います。

すると、

不動産投資家の中には
「複数の業者から見積もりを取ってください!」なんてお願いを不動産会社にするひとや、

自分で業者を探して、見積もりを取ってもらう人だっていると思うんですよね。

 

ただ、不動産投資家って見積もりを見る時に、初心者であればあるほど、値段を見てしまうんですよね。

皆さんにもそういう経験があると思います。

 

工事を安くしてほしい!」と頼むと、業者としては

 

なんとかして工事を取りたい!」と思うと思うんですよ。それが業者としての心理ですよね。

 

ただ、原価というものがあるので、いたずらに安くするわけにはいかないんですよね。

では、どうするのか?というと

 

「工事内容を変える」んですよ。

工事内容を簡単なものにしたりとか、安い材料を使う事によって、

工事費用の総額を安くするんですね。

 

こういった事をすると、不動産投資家は「おお!安い!頼もう!」ってなると思うんですね。

 

でも、これで頼んでしまうと、とんでもない事が起こってしまう事があるんですね。

 

例えば、工事内容に不足があった時ですよね?

 

建て付けを直す必要があるにも関わらずそれは工事内容にはいっていなかったりとか、クロスでやるところを塗装で済ませていたりとか、

そういった事をする事によって、

業者は見積もりを安くしているんですよ。

皆さん、不動産会社から見積もり額がきて、金額で判断をしてしまっていませんか?材料は何を使うのか?そして、それは何年持つものなのか?

 

という事を確認するレベルまでいかなくてはいけないんですよね。

結局、後から工事内容がどんどん増えていって高額になってしまったなんて人もたくさんいるんですよね。

これは気をつけなければいけません。

 

安い方法が良いわけではないんですよ、安くて良い工事をしてくれるようなところが良いんです。

関連記事:不動産投資で詐欺にあってしまう人の特徴

 

 

ある程度の原価を知っている事が大切

 

不動産投資をする時には絶対に内装とか外装ってかかってくるんですよね。

でも、不動産投資家って最初の初心者の頃は見積もりをみても、相場観がないと思うんですよ。

 

内装工事とかって不動産会社が音頭をとってやってくれますよね?

でも、この時にもちろんですが、手数料を取られているんですよね?知っていましたか?

 

例えば、クロスが700円で工事会社から不動産会社に出て来たら

不動産投資家には900円で出すとかですね。

 

単位は「m2」です。

 

でも、この時にどれだけ取られているのか?ってわかりますか?初心者の投資家の方ってわからないと思うんですよね。

 

だからこそ、私は見積もり金額の相場を知っている事が大切だな!と思っているんです。

 

これって結構調べればわかるもの。

もちろん地域とか企業の数によっても違ってくるので一概には言えないんですけどね。

 

 

でも、それでも調べた方がよいんですね、

でないと、どこでどれだけ利益を乗せられたのか?という事がわからないんですよ。

設備系が高いのか?それとも内装が高いのか?適切に把握する事ができるくらい、知っている必要がある。個人的にはネットで調べる事も大切だけれど、

ビバホーム」で大型の店舗を探して、1日中いる事かな。これだけでもだいぶ知識はつくと思う。

 

不動産会社に値下げをお願いする時に

 

「安くなりませんか?」って普通の聞き方じゃだめなんですよね。

クロス単価高くない?後、建て付け、照明、FF式ストーブも高いよね?どうにかなりませんか?

こういった聞き方をしないとだめなんですよ。具体的に聞いていく必要があるのです。

 

難しい世界ですよね。ウェルスナビ 等の人工知能による運用が流行してきている中でも、不動産投資の世界ってどこか昔っぽいのです。

アナログ社会なんですよ。

でも、こういった具体的な攻め方をしない限りは

 

あ!こいつあんまり知らないな!」となってしまって、

 

対応してくれないんですよ。初心者への対応は厳しいのが不動産業界の宿命。

不動産投資における見積もりも厳しいのです。

 

是非、相場感をきちんと養って下さい。

関連記事:不動産投資においては利回りの計算が大切。

 

見積もりを制して、不動産投資をしよう

 

ここまで不動産投資における見積もりについて書いてきましたが、どうでしたか?

見積もりって本当に不透明な部分が多いんですよね。

でも、だからこそ、安く出来る部分ってあるし、自分で変える事が出来るところって多いんですよ。

 

また、あれですね。

不正工事を見抜く事も大切ですね。

例えば、遠方から投資している不動産投資家とかだとあんまり現地を見に来ないじゃないですか。

だから、見積もり内容には天井のクロスがはいっていても、

実際にはやっていない事ってあるんですよね。

 

だからこそ、不動産を実際に観に行って、関係性を構築する事が大切なんです。

 

不動産投資で成功するためには、もちろん物件を選ぶ明確な基準を持っている事が大切です。しかしながら、

それだけでは不動産投資で成功する事は出来ないわけなんですよね。

 

不動産投資できちんとした利益を出したいと思っているのであれば、しっかりと見積もりを見れるようにし、かつ管理していく事が大切だと思うのです。

 

マメである事は不動産投資家にとって必須のスキルだと思いますよ。

成功する不動産投資家になるために、日々努力をしましょう。

 

これは木造建築についての本なんですけど、物件の知識をこういった本からつけておく必要はありますよね。

工事の内容を見て、どんな感じなのか?という事くらいはわかるようになっておきましょう。

 

私も不動産投資家として生活をして、もう何年も経ちますが、見積もりはいつもきちんと見るようにしています。

 

不動産投資において、見積もりはとても大切なものなんですよ。

関連記事:人工知能による資産運用「ウェルスナビ」を徹底解説。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。