転職

会社を辞められない人の心理を考えてみた。

今の会社に不満タラタラ!上司は面倒だし、同期はなんか気にいらない。

おまけに最近ではパワハラまがいのこともされるようになってきた。

 

そんな人っていると思うんです!でも、多くの人は会社を辞める事が出来ないんですよね。

自分でも「この会社だめだ!辞めたい!」と思っているのも関わらず、退職するという選択肢を選ぶ事が出来ない人って実はたくさんいるんです。

 

でも、会社を辞める事が出来る側の人間からすると

 

「なんで辞めないの?合わないなら辞めればいいじゃん!」ってなると思うんですね。

私だってそう思っていた時期がありましたよ。

 

私自身、退職経験というものがありますからね。笑

 

ただ、実際に友人に話を聞いてみると、辞められない心理がわかるようになってきたんですよ。

会社を辞められない人にはそれなりの心理があったんです。

 

疲れすぎて他の事を考える事が出来ない

 

実はこういった理由があるんですね。

会社をイヤだイヤだと思いながらいく事ってホントにつらい事なんですよね。でも、これがだんだんひどくなってくると、

疲れているという感覚さえもわからなくなってきてしまうんですよ。

すると、終業後、土日になるともう何も考える事が出来なくなってしまっているんですね。

明日は何しよう!とかそういった事すらも考える力が残っていないんですよ。

 

私の友人にも会社をやめたいという人っているんですけど、やっぱりその人もやめる事が出来ていないんですよね。

日常の業務で疲れてしまって、それどころではなくなってしまっているんですよ。

 

これって、本当に怖い事なんですよ?だって、この状態までいってしまったら中々退職する力を取り戻す事なんて出来ませんからね。

友人なんて

 

「会社をやめる力をつけるために精神薬に頼ろうかな」なんて言っていましたから。

疲れてしまうと、本当に脳の活動が停止してしまうんです。

 

皆さんにもそういった経験があると思いますよ。

関連記事:転職診断なんて当たるの?と疑問に思っているみなさんへ、私の結果を公開。

 

親からの頑張れ!という声

 

あとはこれも会社辞められない人の心理として考える事が出来る内容でしょうね。

親って皆さんにとってはどんな存在ですか?きっと、自分の存在を認めてくれる本当に大切なものですよね。

だから、親の意見ってどうしても気になってしまうんですよ。

 

会社を辞められない人って結構親から「頑張れ!」という言葉をかけられているんですね。

でも、この言葉って結構辛いものがあるんです。

 

頑張れ!って言われているその瞬間も頑張っているんですよね。

本当は死にそうになりながらも頑張って頑張って会社にいっているんです。

だから、そんな時に頑張れ!という言葉をかけられると、余計に辞められなくなってしまうのが、心理でしょう

関連記事:ストレスから逃げまくれば良い

 

私の友人もそうでした。

 

親族では母親だけが古い考えの持ち主で、とにかく「頑張れ!」とだけいうんですよね。

 

だから、辞める事が出来なくなってしまうんですよ。会社を辞められないっていけない事なんですよ?

会社を辞めたっていくらでも転職は出来ます。

関連記事:転職を失敗してしまう人はやり方を間違えている!

 

あまり深く考えすぎずにイヤなら転職してしまったら良いと思うんですよね。

 

真面目な自分が見え隠れ

 

会社を辞められない人ってやっぱり真面目な人に多いんですよね。

そして、責任感もそういう人ってありますから、これが非常に厄介なんですよ。真面目だと

「この仕事をやり遂げるまでは辞められない!」とか「チームのみんなに申し訳ない」とかって思うんですね。

 

でも、仕事を終わりきって辞める事なんて実際には出来ないんですよね。だって働いていれば、常に進行中のタスクが発生してきてしまうから。

 

だから、キリの良い所で辞めるなんて事は出来ないんです。理想論なんですよ。

また、チームのためにとかってのもどうなんですかね?

 

もちろん迷惑はかけると思いますよ。

でも、それで鬱病とかになってしまったらどうするんだろう?

実際のところ、あなたが大事に思っていたチームのメンバーはあなたが鬱病になっても助けてくれませんからね。笑

 

これは現実ですよ。

 

だからこそ、自分の身は自分で守った方が良いと思うんです。自分でしか守る事が出来ないのが自分だという事を理解しましょう。

 

 

会社を辞められないという人、そのまま続けても、良い事なんて絶対にありません。

それで病んでしまう方がよっぽど機会損失が大きいという事に気がつきましょう。

 

高校生の時に引きこもりになってしまい、就職。

しかし、その後もサラリーマンという仕事が長続きする事はなかった、家入一真氏

ただ、最終的に、当時史上最年少でのジャスダック上場を果たし、

現在は居場所を作る事を目的とした団体「liverty」を運営

そんな家入氏はいま「逃げる」という事に何を思うのか?

 

そんな作品です。是非読んでみてください。

関連記事:幸せな日々が続きますように、とは思うけど穏やかな日々じゃなくても良い。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。