コラム

親が嫌いなら距離を置く事も大事な事

友達とか彼氏とかって生まれてきて、しばらく経ってからあった人たちですよね?

でも、親って違うんです。

親は生まれたその瞬間から親なんですよね。

そして、子供にとっては絶対的な存在になっている事がほとんどだと思うんですよ。

 

しかし、皆さんは本当に親の事が好きですか?親が嫌いだ!って人って結構いると思うんですよね。

そして、親のせいで疲れてしまったり、病んでしまったりすることだって普通にある事なんです。

私の友人でもそうでしたよ?

 

親が神経質・ヒステリックだったせいで疲れてしまったんですね。

だからこそ、私はそういう親が嫌いな人は距離を置いても良いと思うんですよね。

物理的にも心理的にも距離を置いてしまえば良いと思っているんですね。

 

 

親を嫌う事が出来ないのは問題だと思う。

 

親って皆さんにとって

ある程度重要性を持った人物ですよね。

人生においておそらく死ぬまではずっと関係性を持つ事になるような人物でしょう。恋人も同じくらい重要だけど、親も重要なのよね。

そして、親って生まれた時からずっと一緒にいたような人なんですね。

 

だから、親を嫌いになる事なんてしてはいけないと思っているんです。

ただ、親を嫌いになれないって実は危ないと思うんですよね。

 

親と言っても違う人間なんですよ。自分とは全く違う人間です。

性格だって、顔だって完璧に同じなんて事はないんです。

 

だから、嫌いになってしまっても、これって仕方のない事だと思うし、そういった人がいる事が普通の事だと思っているんです。

 

でも、多くの人は「私が変わればいいんだ!」と自分の変化によって関係を改善にしようとするんですね。子供って意外とそういう優しさみたいなものを持っているものですから。

優しくなればいい、と思って、色んな行動に出るんです。

私からすれば、こんなことをしている理由なんてないと思うんですよね。

 

だってそうじゃないですか。

親が嫌いなんて違う人間なんだから普通にある事だと思うし、それを受け入れた方がある程度楽だと思うんですよ。

自分が悪いとか、改善しなきゃとか思っていると、最悪鬱になってしまいますよ?

真面目な子ほど、親が嫌いでも自分が頑張ってしまうんですよ。

 

だから、親という束縛から抜ける事が出来なくなってしまっている人がたくさんいるんです。

でも、そんなことをしていても精神衛生上良くありません。親という名の束縛に苦しんでいる人って実は多いんじゃないかな、と思うよ。

関連記事:共依存しやすい母と娘の関係

 

 

一人の人間として自立しましょう

 

そしてこれだと思うんですよ。

結局親との依存関係が晴れないのってここだと思っているんですね。

親が嫌いだと思った時に「でも、養ってもらっているから」とか考えてしまっている人っていませんか?

きっといると思うんです。

 

だったら、親から経済的にも自立してみるのが一番良い事だと思うんですよね。

バイトでも仕事でもなんでも良いので自分だけで生活するための方法を考える事が大切なんですよ?

バイトを探して、 自立する方向へ舵を切っても良いんです。金銭的に自立していない限り、子供は言い返すことができませんからね。

逆に言えば、親側から「私はあなたにこれだけのお金を使ってきたんだよ!」みたいなことを言うのは最低ですよね。

例えば、今大学生で就活をしているのであれば、

早々に就職先を決めてしまって、転居してしまいましょう。

いまって、内定が出ている学生向けのローンとかもありますからね。

 

そういったところでお金を借りる事だって出来るんですよ。

そしたら、まだ就職していなくても内定があれば自立して生きていく事が出来ますよね!

関連記事:就活で頑張れないのはなぜだろう?

 

 

 

手っ取り早い方法は親から離れる事

 

でも、やっぱり、一番大切なのは、

 

物理的に離れる事だと思うんです。家に一緒に住んでいると、どうしても互いに影響しあってしまうものなんですよ。

だから、私は物理的な距離を取る事が大切だと思っているんですね。

家賃を自分で払っても良いし、シェアハウスに転がり込んでも良いじゃないですか。

 

物理的に離れる事が出来ないと思っているのって実は自分だけだったりするんです。

親が嫌いだという事をもしも認める事が出来るのであれば、

そこからはひたすら行動をしていった方が良いんですよ。

関連記事:行動力が全て?とりあえずやってみればいいと思う

 

すると、今まで、どれだけ嫌いな親に振り回されていたのか?という事がわかると思います。

 

また、別にいま別居するからと言って、その後もずっと関わってはいけないという事じゃないんですよね。

もっと月日が経って、自分に余裕が出て来たら、あの時は嫌いだった親と会ってみれば良いんです。

 

そしたら、その時にはお互いが抱いている感情が変わっているかもしれませんしね。

向こうにとっても自分にとっても良い事ってたくさんあると思いますよ。

 

親が嫌いな自分を責める必要なんてどこにもないんですよ。

そのままを受け入れましょう。

関連記事:父親がストレスに感じる時にやれること

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。