コラム

学校・仕事に行きたくない原因と対策

学校や仕事は毎日行かなくてはいけないもの。

そう教え込まれてきましたが本当にそれは正しいのでしょうか?

 

私たちはなぜ学校や仕事に行きたくないのでしょうか?

 

今日は

  • 学校・仕事に行きたくない身体のサイン
  • 学校・仕事に行きたくない原因
  • 学校・仕事に行きたくなる方法
  • 学校・仕事に行かないという選択

こんなことについて話してみたいと思います。

 

学校・仕事に行きたくない身体のサイン

 

お腹が痛くなる

 

気持ちと胃腸ってストレートに繋がってるんですよね。

私も学校に行きたくないと思っていた時期は毎日登校する電車の中でお腹が痛くなっていました。

 

親や周りの人は「おなかぐらい痛くなっても大丈夫!」と言うかもしれないです。

でもそんなの嘘です。

 

私はストレスで声が出なくなったし、逆流性食道炎という胃酸で食道が焼け溶ける病気にもなりました。

そのせいで救急車にも何度もお世話になってます。

 

 

「お腹が痛くなって動けなくなるくらい重病になりたい!」って思うほど学校や仕事に行きたくないときもあるでしょう。

それを思っていると本当にそうなってしまいます。

 

最近ではストレスが発がん性をあげたりする可能性なんかも言及されてますからね。

一刻でも早くストレスから逃げるべきなんです。

 

身体が条件反射的に行きたくないと感じるまでになっていくんです。

関連記事:うつ病になりやすい人の特徴とは?ストレスを減らして生きよう。

 

夜眠れない、夜更かしする

 

典型的な「明日が嫌なサイン」ですね。

 

夜に必ず寝る前ネットサーフィンが始まったりしていませんか?

しかも何かを調べるというような明確な目的はなく、ただただ時間がすぎて行くネットサーフィン。

 

気づいたら2時3時になっていて、「明日行きたくないなぁ」となるパターンですね。

関連記事:睡眠不足はストレスになる。だからこそするべき事。

 

風邪をひきやすい

 

実はストレスって免疫力を下げるんです。

学校に行きたくない、仕事に行きたくない、と思い始めてから、風邪をひきやすくなったりしていませんか?

 

あとは心のどこかで「風邪になれば休めるのに!」と念じているんでしょうね。

風邪対策もおろそかになりがちです。

 

でもやっぱり心って本当に身体と繋がっています。

私の友人は会社を辞めた途端に風邪を引かなくなっていました。

関連記事:ストレスに効く食べ物・グッズをまとめてみた。

 

学校・仕事に行きたくないその原因

 

いじめ・人間関係

 

私が学生時代はいじめられたことももちろんあったけど、周りにいじめが溢れていた、ということも辛かったです。

 

昨日まで仲が良かった友達がその仲が良かった子にいじめられていたり。

女子なんかは大人数のグループがありますよね。

リーダー格の子がグループ内の子を順番にいじめてたこともありました。

 

そのスパンは大体1ヶ月くらいの短いもので、みんな「明日は自分の番かもしれない」と思ってどんどん何も言えなくなっていくんです。

いじめを止めたら自分がいじめられるかもしれないからね。

 

仕事においてもいじめってありますよね。

女性が多い現場だと妬み嫉みをたくさんあって、持っていないと仕事ができない仕事道具を隠されたりだとか、ありますね。

 

誰が信用できるのかわからなくなってどんどん人間不信になっていって、人を信じることができないそんな自分にも嫌になってしまったりして。

そんなデッドスパイラルにはまってしまったこともありました。

関連記事:いじめがなくならない原因

 

他にやりたいことがあった

 

今は高校生や大学生のうちに起業することだってできます。

 

中学までは義務教育だから卒業はできるし、高校卒業資格も大倹も、必要を感じた時に取得すればいい。

 

今は学校に行くことって当たり前じゃなくなりつつあるんですよ。

 

明確にやりたいことがあるなら学校なんて行かなくていいんじゃないかなと私は思っています。

実際東大は中退して起業する人が多いですよね。

 

「東大卒業」というステータスよりも早く起業したい、と思う人が増えているのです。

関連記事:大学なんて意味ないと思ったら辞めてもいい

 

団体行動が苦手だった

 

みんなで勉強してみんなで文化祭してみんなで…

学校や会社ってひとつの大きな組織ですから団体行動がとても重んじられます。

 

でもみんなでやる意味ってなんなんだろう?

そもそもみんな違う人間なんだから、そろって同じことをする必要なんてないんじゃないか?

と学生時代思ってたんです。

 

私、泳ぐの好きなんですが体育の授業でのプールは嫌いでした。

だってなんで人(先生)が出した合図で一斉に泳がなきゃいけないの?

 

泳ぎたい時に好きな泳ぎ方で泳げばいいじゃん。

 

そうやって足並みを揃える必要はないと思うんです。

関連記事:いつでも味方だよという人がこの世界に1人でもいれば最高の人生だよなあ

 

学校に行くための方法

 

でもやっぱり学校行かなくちゃっていう意識はあったんです。

親も心配しますしね。

 

だからその時実践していた、私が学校に行きたくなるように自分を操作するためにやっていた方法を紹介します。

 

朝1時間早く起きて映画をみる

 

映画じゃなくてもいいんですけど。

ドラマや映画やお笑いやなんでもいいんですしもちろん映像でなくてもいいんです。

 

朝1時間余裕をもっておきて、大好きなことをしていました。

そうやってテンションをあげていたんですね。

 

映画の途中まで見て行っていましたが、そうすると1日その続きが気になって学校に集中せずにすむんです。

 

そして帰ってから早く続きみよう!って1日をすごしていました。

 

グループに属さない

 

いじめがめんどくさくなっていた私は、グループに所属するのをやめました。

お弁当もよく一人で食べていたし、休み時間はずっと本を読んでいました。

 

本を読むと「邪魔しちゃいけない」みたいな気持ちになるのか人が話しかけてこなくなっていいです。

 

グループに所属しなければ、次のいじめの標的になることもないし。

 

そしてクラスメイトの行動を少し離れたところから、傍観者のように眺めていたんです。

ちょっと距離をおくのって結構防御壁になる。

 

やっぱり人といる方が楽しいから、一人でいることを寂しく感じたこともあったけれど、でもいじめるいじめられるの渦中に巻き込まれるよりずっと楽です。

 

そしてクラスに目を凝らしてみると、たまに同じように一人を好んで過ごしている子がいます。

そういう子ってお友達になりやすいんですよね。

関連記事:「孤独を嗜む」人間になろう。

 

コミュニティを分散する

 

メインコミュニティは今学校や職場かもしれないですが、それ以外のコミュニティに属することが結構大事です。

最悪なコミュニティひとつだけでは壊れてしまいます。

 

私の場合は、学校では部活が居場所になっていました。

 

あとは習い事も続けていました。

そこで定期的に先生と楽しく過ごしたり。

 

コミュニティが複数あると、必ず自分を救ってくれるコミュニティがあるものです。

 

授業料を計算する

 

私立に通っていたので授業料がすごく高かったんです。

両親は共働きで私を学校に通わせてくれました。

 

だから、年間の授業料を授業日数、授業時間で割ってみて、時間帯あたりどれくらい授業料払っているのか、ということを計算してみたんですね。

 

大体一コマで2000円でした。

 

高い。

 

あんな授業に2000円も払ってるのか、と思うと腹立たしかった。

けどそうしたら俄然「もととってやらなきゃ!」という気持ちになりました。

 

学校・仕事に行かないという選択

 

  • 学校には行かなきゃいけない
  • 仕事にも行かなきゃいけない

 

それが当たり前だと思っていませんか?

 

そんなことないんですよ。

学校も仕事も辞めたきゃ辞めていい。

 

親は心配するし止めるかもしれません。

でも親は心配するのが仕事な生き物です。

あなたの将来を考えて心配してくれてるんでしょう。

 

でも親はあなたが楽しそうに過ごしていても「事故にあっていないか」と心配するのが親です。

 

ストレスを抱えたままでは気力ばかり失われていって、本来のあなたの行動力は発揮できなくなってしまうものなんです。

 

休みの日にぼーっとしてしまったり何もやる気が出なかったりっていうのはうつ病の初期症状だと言います。

 

私の親友は、仕事中になぜか涙が出てきたと言っていました。

 

病院へ行ってうつ病の診断書を書いてもらいさっさと仕事を辞めたそうです。

 

ちなみにうつ病の診断書を書いてもらえると仕事って案外あっさり辞められるので、仕事が辞められないと困っている人は使ってみてください。

 

うつ病までなっていなくてもそこは病院で芝居してください。

簡単に診断書書いてくれます。

 

しかも診断書を持って行ってもし会社が辞めさせてくれなかったら、それは裁判で勝てるんです。

なので「訴訟にします」と言ってみてください。

 

会社の名前が大きいほどさっさと辞めさせてくれます。

 

学校社会も会社組織も、属するのが当たり前だとわからなくなっていると思いますが、もっと自由に生きることができます。

今は個人で簡単に稼げるようになりました。

 

学校に行きたくない!仕事に行きたくない!という気持ちが強くあるなら、それを糧にあなたは生きて行く術を必ず見つけることができます。

 

嫌なことからは逃げていいんです。

 

日本には破産宣言をして生活支援で生きる制度だってあります。

私の家族も破産宣言使ってました。

 

【BASE】 でネット出店してもいい。

無料で始めることができるのでリスクもありません。

 

ユーチューバーやプロブロガーとして好きなことをやって発信して生きていってる人だっている。

 

世の中、当たり前という概念を取っ払ってみると、本当にいろんな稼ぎ方をしている人がいます。

アイデア一つで楽しい人生が送れる。

 

今この現状で頑張る必要性なんてないんです。

 

 

人はそんなに強くないんです。

信じられる人がそばにいない状況で頑張ることなんてできない。

 

やりたくないことなんて頑張れない。

 

もっと自由に生きていきましょう。

関連記事:ブログで稼ぐ人っているけど、その仕組みって知ってる?

 

では今日はこのあたりで。

 

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。