ブロガー「水瀬まりも」とは?
お金の話

サラリーマンはいつまで35年ローンを組んでるの?

35年ローン…

この言葉を聞くと、私は怖くなってしまうんですよね。

家を買う時に、サラリーマンの皆さんはローンを組んで買う事が多いでしょう。

高い家だと、5000万円もするところだって普通にありますよね。

 

だから、サラリーマンは35年ローンというものを組んで家を買うんですね。

 

でも、そんな必要どこにあるんだろう?って思ってしまう事が多いんです。

今回はそんな35年ローンについて、書いていきたいと思います。

 

 

そもそも、なんで持ち家を買うの?

 

これなんですよね。

家を買わなければいけないという発想があると思うんです。

サラリーマンは働いて、そのお金で35年ローンを払い続ける、そして、人生が終わっていくという35年ローンの為に働いているかのような人生を送ってしまう事が多いと思うんです。

 

確かに、夢があるのかもしれませんね。

自分好みの家を建てて、そこに好きな人と一緒に住む、そして、その後は子供なんかも出来て、さらに楽しくなっていく、と。

 

でも、これって本当にその通りなんでしょうか?

 

いまの団塊の世代ってみんな持ち家を持っているような世代だったんですよね。だからその下の世代も「社会人として働き始めたら、家を持つんだ!」って思うんですね。

 

自分の子供にも不動産を残してあげる事が出来るって思うんですよ。でも、それって本当に正しいんですかね?

 

仮に残せたとして、これからもっと相続税が厳しくなっていく事でしょう。

もちろん小規模宅地の特例とか使えるものはあります。

でも、それでも、相続税が上がってしまったら、不動産をそのまま子供に渡すなんて事が出来なくなってしまうと思うんですよね。

 

 

私がサラリーマンの人と話していて思うのが

 

「持ち家を持つ事が幸せ」という概念なんです。でも、それって周りに合わせた価値観であるだけで、

本当は、そんな必要ないと思うんです。

 

そもそも、35年ローンで家を建てるってどれだけ上乗せされた金額のものを買っていると思っているんでしょうか?

 

だったら中古マンションでも戸建てでも買った方が絶対に得だと思いますよ?

それが出来たら、仮に1000万円上乗せされた物件を建ててしまったとしますよね?

 

そしたら、年収500万円の人でも、2年分の労働時間が吹き飛ぶんですよ?考えられません。

 

サラリーマンでも、もう余る程お金があるなら良いかもしれません!

億単位でもらっている人も投資銀行とかにはいますからね。でも、それ以外の人にとってはリスクだと思うんですよね。

 

35年ローンを組まなきゃ行けないなんて理由はどこにもないんですよ。

 

35年ローンで消耗してしまうくらいなら借りてしまえば良いと思うんです。

関連記事:「サラリーマンを辞めたい」はまともな思考

 

 

他の家に住みたくなったらどうするの?

 

これもありますよね。

サラリーマンって当たり前のように35年の住宅ローンを借りるじゃないですか?

でも、これって場所を家を変えないという前提に立っていると思うんですよね。

ただ、これって危険な事だと思っているんです。

 

だって、転居する理由なんていくらでもありますよね?

 

・転勤になったらどうする?

 

35年ローンで不動産を買ったはいいものの、夫が転勤になってしまったらどうするんですか?

せっかくマイホームを買っても、結局はローンの返済とかも残っているから、そこに妻だけ残ったりしますよね?

これだと全く不動産を買った意味がないと思いますよ。

関連記事:転勤したくないならIT企業がおすすめ!

 

私の友人の父なんかは人事部に嫌われてしまって、毎年地方に飛ばされていました。だから、家にはほとんどお父さんがいないんですね。

こんな環境だったら子供への影響もかなりあると思いますよ。

それで本当に良いんですか?

 

サラリーマンにとって転勤って避ける事が出来ないものです。

関連記事:転勤なんてする必要ありますか?

 

だから、こういう事は実際に起こってしまうものなんですよ?

 

 

・ローンの残債はどうするの?

 

これですよね。

サラリーマンってあまり不動産の知識もないままに新居を構えますよね。

でも、不動産の価格って売る時には適性な価格に戻ってしまうんですよ。

すると、途中でローンを一度返済したいと思っても、35年ローンの残債を返せないなんて事が起こってしまうんですね。

 

だから、仕方なく、今の仕事を続けるという事になってしまうんです。

 

家を変える事も出来ず、仕事を変える事も出来ないなんておかしいですよ。

35年ローンを借りる時はちゃんと考えてみてください。

関連記事:転職で聞かれる希望年収、適正金額はいくら?

 

 

病気になってしまったらどうするの?

 

病気になってしまったら35年ローンなんて返す事が出来ないと思うんですよね。

 

サラリーマンって基本的に自分がずっと元気な前提にたっています。

 

でも、そんなことないんですよ。ガンになってしまう人だっているし、怪我をしてしまう人だってたくさん出てくる事でしょう。

 

そしたらいまのローンは払い続ける事が出来るんですか?

 

ここでも、残債の話になってしまうんですけど、

 

病気になってしまい、残債を不動産の売却によって、払おうと思っている人って多いんですけど、

これって払えない事がたくさんあるんです。26年でダメになる家に35年ローンを組むのはやめなさい。―間違いだらけの日本型家づくりとか読んでみてください。

 

どれだけ危険な事をしているのか?を理解する事が出来ると思いますよ。

 

だって、建物の値段なんて経年劣化でどんどんなくなっていってしまいますからね。

そうすると、結果的には返済している以上の減価償却がある場合がとても多いんですね。

不動産に関してはこちらも見てください:不動産投資の初心者がやるべきこと

 

つまり、八方塞がりになってしまう事ってとっても多いんですよ。

不動産って資産だと思っているかもしれませんが、賃貸に出さない限りこれって資産ではないと思っているんです。

 

だって、お金を生むものではありませんからね。

 

だったら逆に持ち家を買うお金で不動産を買って、その家賃収入で月々の家賃を払っていった方がはるかに効率的だと思うんですけどね。

そういう事をしない人がとても多いんです。

 

35年ローンなんて別に組む必要ないんですよ。

今から35年ローンを組もうと思っているサラリーマンの人は是非一度考えてみてください。

関連記事:サラリーマン根性が染み付いている

 

 

ただ、全く意味がないわけではない

 

サラリーマンが住宅ローンを組む事自体は危険な事だと思っています。ただ、住宅ローンは「住宅ローン控除」や「利率」を考えると、

魅力的な側面もあるんですよね。

 

病気の事や、これからの仕事の事を考えると、基本的には危険な事だと思っていますが、もしも「稼ぎ続ける事ができる」と思うのであれば、魅力的なものでもあるのです。

 

例えば、住宅ローン控除は残債の1%が所得税から控除されるんですよね。単純に住宅ローンを払うだけ、というわけではなく、

 

きちんと減税措置はとられているのです。また、利息に関してはも1.5%程度になっており、非常に低い設定ですよね。

 

そう考えると、現金で買うよりは「住宅ローンを組んで買う」という事が良い場合もあるのです。

 

この記事が一面的な内容になるのもどうかと思うので、書いてみました。ただ、サラリーマンは35年ローンを組んでしまうと、精神的な負担にもなりますからね。

 

そういったところも加味すると、結構身長になった方が良いんじゃないかなあ。

関連記事:自分の長所を診断する事は転職において大切なのか?

よく読まれている記事
関連記事だよ