人生に悩む君へ

人見知りな自分を克服する方法

人見知りな自分を克服する方法

 

日本人って特に人見知りな人が多いと思うんですよね。

人見知りなんで…」って言っている人をそこかしこで見かけます。

 

でも人見知りってものすごく生きて行く上でハンデになると思うんですよ。

人見知りでもできる仕事ってなんだと思います?

  • 技術職
  • 人と会わなくて済む仕事
  • 単純作業

とかですよね?

 

これってどんどんなくなっていく仕事なんです。

特に「単純作業」

 

何も考えずにただただ決められたことをやっていればいい仕事は、
これからどんどんなくなっていきます。

ロボットに取られちゃうんです。

 

そうした時に一番必要になってくるのって何よりも先にコミュニケーション能力だと思うんです。

ロボット以上の何かがない人は淘汰されていくのか、
というとそんなことはありません。

 

コミュニケーション能力さえあれば、人と仕事ができるし、そこから学んでいく力をつけることができます。

でもコミュニケーション能力がない人、というのは仕事を奪われたあとどうしたらいいかわからなくなってしまうんですね。

 

そんな危険な可能性をはらんでいる人見知りな人へ、誰でもできる人見知り克服方法を教えます。

 

挨拶をする

 

挨拶をする、たったこれだけ。
これって誰でもできることですよね?

 

何よりも人の第一印象ってものすごく大切だと思うんです。

初めて会う人で「この人いい人そうだな」と思ってもらえるか「この人付き合うの難しそうな人だな」と思われるかは、その後の関係性が大きく変わってくると思います。

 

そんな中で人見知りの人は「たくさん喋らなきゃ!でも会話の話題が見つからない…何話したらいいんだろう…」という気持ちになってしまうことが多いと思うんですが、
大事なのは会話をたくさんすることではないんです。

 

一番大事なのは自分の第一印象をよくすること。

 

初めて会った時に「はじめまして」という挨拶でその人の印象ってある程度決まりますよね。

でも「はじめまして」っていうのは儀礼的な挨拶なのでその人に声をかけることにはなりますがそのまま会話をしなくてはいけない義務感みたいなのはないと思うんです。

 

会話は続けなくていいから挨拶だけしとけ!

 

それだけで全然印象が違ってきます。

これって本当に誰にでもできることです。
会話しなくてもいい、って思えたら、人見知りの人でも他人に話しかけることってできると思うんです。

 

相手にいい印象を与えることができたら、こちらから話に行かなくても相手が話しかけてくれることはたくさんあります。

まずは話しかけられやすい人でいる努力をしましょう。

この本は奥手な男性向けにモテテクニックが書かれた本なんですが、それ以上の人との接し方について新しい観点が書かれているので参考にいいと思います。

 

相手に興味を持つこと

 

何を話したらいいかわからない、会話が続かない…と思ってしまうとどうしても話題を探すのに一生懸命になってしまって疲れてしまうと思うんです。

 

でも会話の糸口って相手に興味を持てるかどうかでずいぶん変わってくるんです。

 

洋服・アクセサリー

 

相手の洋服をよく見てみてください。

変わった服着ていたり、どこかにお金がかかったりしていませんか?

 

時計だとか靴だとか。
どこかしらにお金かかってそうな人いますよね。

どこで買ったんですか?とかいい色ですね、とか。
褒められるのは誰だって嬉しいですからね。

 

あとは自分自身も個性的な服を着ることで話題になりやすいです。
向こうから話しかけてもらえる頻度もあがります。

 

好きな食べ物

 

好きな食べ物を聞いてみましょう。
好きな食べ物がある人はかなりの頻度でその食べ物が美味しく食べられるお店を知っている場合が多いです。

いいお店教えてください!」って言ってみて、もし親密になれそうなら「今度一緒に行きたいです」というのも手ですね。

 

休日の過ごし方

 

休日の過ごし方を聞いてみてください。

どんな趣味があるのか、何をしているのが好きなのか。

 

趣味についてはよりつっこんだ話ができるといいです。
普段おとなしい人でも趣味について話をする時だけものすごく喋る、みたいな人結構いるんですよ。

そうすると話しが盛り上がりやすいです。

 

人見知りって
悪いことじゃない

 

人見知りを克服したいという人が多いと思うんですが、でも人見知りって実際悪いことじゃないと思うんですね。

人見知りなのはそれはそれでチャーミングだと思える人もいると思うんです。

 

でもそれは人見知りだというキャラクターを周りの人に知ってもらえるかどうかにかかっているんですね。

人見知りだから…という言い訳を自分の中でつぶやいていませんか?

人見知りだから話しかけられない
人見知りだから話すのが苦手

そう心の中でつぶやいて自己完結してしまっていることってありませんか?

 

人見知りであることを相手に伝えてみるとだいぶ変わってくると思うんです。

第一印象がいい人ってたとえ人見知りでも周りの人がかまってくれるんものなんです。

 

お笑い芸人さんでもボケのピン芸人とかいますよね。

あれって彼だけでは成り立たないと思うんです。
誰かがたくさんツッコんでくれるから面白い。

だから人見知りが自己完結はしないほうがいい。

 

誰かにかまってもらえる人見知りになりましょう。

 

一人でできる仕事は少ない

 

一人でできる仕事ってとても少ないですし、その孤独に耐えられる人はもっと少ないでしょう。

 

 

そんな中で人見知りを言い訳に一人になってしまっている人ってものすごく生きづらいと思うんです。

自分一人だけでできることってたかが知れています。
他人と何かをすることでしか生まれないもののほうが比率ってとんでもなく大きい。

 

だからこそ、人見知り自体は克服する必要はないけれど、忘れられてしまうような人になっては生きていけないんです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

人見知りである自分に悩みを持っている人ってたくさんいると思うんです。
ストレスに感じるようなら会話なんてしなくていい!

でも挨拶だけはやってみてください。

硬い表情でもいいからちゃんと目を見て、笑顔がつくと最高です。

 

他人って結構それを指標にしてその人の人間性を判断するものです。

 

難しく考えることは何もありません。

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。