人生に悩む君へ

芸能人になりたいなら、そのリスクも考える必要がある

芸能人になりたいって人って意外といるんですよね。

歌手になりたいって人もいるでしょうし、俳優になりたいって人ももちろんいるでしょう。

かくいう私も昔は歌手になりたい!って思って、芸能事務所に履歴書を送ったりとか、そのために写真を撮ったりとか色んな事をやっていたんです。

 

結局、私は芸能界に進む事はなかったのですが、

やはり、周りを見ていても芸能界に進もうとしている人、進んでいる人ってのはやっぱり多いんですよ。

大学の学科がそもそもそういう感じの学科だったので、当然なんですけど…

 

でも、芸能人になりたい!って感情は時に危険だと思うんですよね。

芸能人になりたいって感情を素直に応援する事って出来なかったりするんです。

なぜでしょうか?

 

食事の時でも絡まれる

 

友人と食事をしている時って誰にも邪魔されずに話していたいものですよね。

でも、これって芸能人だとなかなか厳しかったりするんです。

特に有名な人になってくると、見ず知らずの他人から話し掛けられるんですよね。

 

「◯◯さんですよね?」って。

 

最初はこういうものが嬉しかったりもするんです。

特に目立ちたがりの人なんかにはこれが嬉しくてしょうがないですよね。

でも、これってある程度の月日が経ってしまうと、面倒になってきてしまうんですよね。

プライベートな時間って人間にはとても大切です。

 

皆さんにんも一人になって落ち着く瞬間ってものがあると思います。

でも、芸能人はそうもいかないんですね。

 

芸能人には落ち着く場所ってのがあんまりないんですよ。

歩いているだけでも写真を撮られてSNSに載っけられてしまうくらいですからね。

 

もちろん、芸能人になりたい!って理由に相当の理由があるのであれば、良いと思います。

歌手になって、闇を抱えている人を助けたいとかそういう人だっていますからね。

私自身も「誰かを感動させるような歌手になりたい!」って思っていましたから笑

 

 

あなたの芸能人になりたい欲が誰かを救う事だってあるんです。

 

ただ、常に監視されているような状況下って芸能人にとっては辛いものがあるんですよ。

慣れているよ!って人もいるかもしれません。

 

 

でも、それって芸能界に入ってからだいぶ時間が経った時ですよね?

芸能界に慣れていったその先の話なんです。

 

私なんかも歌手になろうと思っていたのは中学生くらいからでしたよ。

 

でも、いまになって思うんです。

 

「有名にならなくて良かった」って。

ビジネスでなら話は別ですけど、

そういうエンタメ業界で知名度を上げるのはイヤだったんですね。

 

芸能人になりたいって感情は大切にしてください。でも、その一方でそのリスクについても考えてみてください。

芸能人になりたいといって、辛くて、リスクが大き過ぎて辞めていってしまった人って実はたくさんいるんですよ。

関連記事:人生を楽しんでいる人の特徴って何かね?とブロガーが考えてみた。

 

有名人は勝手なイメージを作られる

 

芸能界にいる方とお話する機会もあるのですが、

見ていると、有名人でも、プライベートは違うんだなって思うんですね。

でも、テレビの視聴者はどうしても、勝手に良いイメージを自分の中で作ってしまうんですね。

 

あの子は元気で明るいとか、男勝りだとか!そうやって決めつけられてしまうんですよ。

 

ただ、そういった印象と芸能人の実際の姿ってやっぱり違うんです。

にも関わらず、芸能人はお客さんの印象に自分を合わせなければいけないんですよ。

これってかなり疲れる事だと思います。

 

例えば、アイドルってビールを飲んでいるところをブログにアップするのはあまり好ましくないと思われていますよね。

 

これって清純なイメージでいてほしいとかそういう男性の束縛だと思うんですけど。

こんな中で生きていかなければいけないんですよ?

アイドルだってお酒は飲むし、男性と付き合う事だってあるでしょう。

 

アイドルは恋愛をしない?そんなことないんですよ。

芸能人になりたいから我慢する?そんなことしません。

 

だからこそ、芸能人になりたいという感情だけでなってしまうのってリスクだと思うんです。

関連記事:転職診断なんて当たるの?と疑問に思っているみなさんへ、私の結果を公開。

 

誹謗中傷に耐えなければいけない

 

 

芸能人になりたい!って最初はキラキラした目で思っていても、

実際になってみると、思っていた以上に世間の目が厳しい事に気がつく事でしょう。

世間の人って芸能人は傷つかないものだと思っているんですよね。

 

人間扱いしていないんですよ。どこか別の世界の人のようなそんな錯覚を起こしてしまっている人って多いんです。

でも、芸能人だって普通の人間ですから

誹謗中傷されたらその分傷ついてしまものだと思うし、

病んでしまう人だっているでしょう。

 

そういったリスクもあるという事は認識していなければいけないんですよ。

 

どんなに素晴らしい人格の持ち主でも、全ての人に好かれる事なんて出来ないんです。

自分の事を嫌いな人ってのはこの世の中に一定数いるんですよ。

 

私なんかだと、おそらく8割くらいの人間とは馬があわないでしょう。笑

 

芸能人になりたいと思う気持ちってとても大切だし、夢があって良いと思います。

でも、そのリスクも同時に考える事が出来なければいけないと思いますよ。

関連記事:向いてる仕事を診断した上で転職をする大切さ

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。