私の仕事論

仕事を辞めたい人は仕事ができる人な理由

「仕事を辞めたい」という人が周りに多いんですが、そういう人って仕事ができる人だったりするんです。

優秀な人が多いのですよ。
実は仕事ができる人ほど就職して企業で働くという事に向いていない場合もありますし、仕事が出来る人ほど、今の環境に不満を持ってしまう事が多いのです。

仕事を辞めたいという気持ちがあるのであれば、私としては環境を変えてしまった方が良いと思うんですよね。

仕事を辞めたいと思う事は悪い事である、と思っている人もいるかと思いますが、仕事を辞めたい人ほど、実は仕事を出来る人だったりするのです。

ダメな上司に耐えられない

 

退職理由の1位は「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」というもの。

仕事ができる人にとって仕事ができない上司って最悪なんですよ。

 

日本の社会では年功序列が当たり前で決して能力がポジションに比例するわけではありません。

そうすると、どうしてもダメな上司の下につかなくてはいけないことが出てくるわけですよ。

 

仕事ができる人なのに上司が仕事ができないダメな上司では毎日の仕事が憂鬱になって当たり前です。

 

そういう仕事ができないダメな上司ほど、イライラしていたり、プライドが高かったり、自分のミスを人のせいにしたりする人ですからね。

そうすると、仕事を辞めたいと思ってしまうのは当然の事だと思うんですよね。

 

私も悩んだことがあります。
絶対的に非効率な仕事の仕方をしている先輩がいて、でも先輩だから言ってはいけない、みたいな状況。

先輩だったとしても、ダメな上司なんていくらでもいるわけです。会社という組織においては会社内での地位が非常に重要になってくるんですよね。

新卒だったら、いくら優秀でも、リーダーとして力を発揮していく事が出来ないのが当たり前の事ですし、そういった人が、

仕事を辞めたいと思うのは当然の事なのです。

 

「なんでこんな会社にいるんだろう、仕事を辞めたい。」

一緒に働く上司は自分より尊敬できて、仕事のできる人がいいですよね。
なかなかいないんですけど。

関連記事:転職先の選び方で絶対に失敗しない方法

 

 

仕事が楽しくないと思う事が出来る

 

仕事を辞めたいと感じるのはなぜか?仕事が楽しくないと思うのはなぜか?

 

それは新しいことに挑戦できない仕事だからです。

私も経験があるのですが、

 

研修を終えてしまって、いざ仕事に入ってみると最初はできないことがたくさんあって間違えながらも様々な事を覚えていくからまだ仕事を楽しめるんですよ。

でも数ヶ月もして、その仕事に慣れてくると仕事に飽きちゃうんです。

 

特に会社って決まり事がものすごく多いですよね?

毎日同じ時間に行かなきゃいけないし
同じくらいの時間にお昼休憩だし。

そうすると働く1日がどんどんルーティンワーク化して行ってしまって、新しいことがなくなってしまうんです。

 

新しいことがないって結構苦痛だと思うんですね。

もちろん決められたことをコツコツやるのが得意な人もいると思います。
でもそんな仕事をしていたらそろそろロボットに仕事を取られてしまいますよ。(:その仕事ロボットがやってもいいんじゃない?

 

仕事を楽しくやりたいという気概のある人は、自分が成長できる場所を求めているんです。

仕事を辞めたいと思っている時こそチャンスかもしれないんですよね。仕事を辞めたいと思うという事、何かを改善したいと思っているという事ですから。

 

失敗しても新しいことをやってみたい!という人が多いですね。
また、全体的にそういう風に考えられるような人が多い会社は成功しやすい気がします。

関連記事:失敗を許せる会社が成功する

 

 

競合との比較が出来るから営業したくない

 

会社にいるとどうしても営業的なお仕事をしなくてはいけない時があると思います。

それがもちろん自分が本当に良いと思えるものでぜひ人におすすめしたいものなのであれば楽しく出来る場合もあると思うんです。

 

でも仕事ができる人って「競合他社との比較」ができる人が多いのです。そうなってくると、仕事を辞めたいと思ってしまうわけなんですよね。

なぜか?
似たような商品や内容でもっとよりよいものが他の会社のものだったら?

全然自分で良いと思えないものだったら?

 

私もそういった営業の仕事をしてたからわかるんですが
自分が良いと思えない商品を売る時って本当に何も良い案が浮かばないんですよ。

だって自分で論破できちゃう論理を展開して売らなきゃいけないんですもの。

 

「自分が買わない商品を相手に売る事」って仕事ができる人にとってはかなり苦痛だと思います。

競合と自社の商品やサービスを比較する事が出来るというスキルを持っている事が原因で仕事を辞めたいと思ってしまう事だってあると思っているのです。

関連記事:転職で聞かれる希望年収、適正金額はいくら?

 

 

会社の決まりに耐えられない

 

会社って結局他人が作ったものなので「なんで?」って思うような非効率的なルールがたくさんあるんです。

他人が作ったルールの上で生きていくという事に疲れ、仕事を辞めたいと思う人だっているわけです。

 

私もそうです。

先輩に「どうしてこんな面倒なこといちいちやるんですか?」と聞いたら
「自分もよくわからないけど会社の決まりなんだよー。」と返ってきたことが私にもありました。

 

それは社長に文句を言いました。
その時勤めていた会社はとても小さい会社で、アットホームなところだったので。

社長とコミュニケーションのとりやすい会社ならそんなこともできるかもしれませんが、
会社が大きくなれば大きくなるほど、社長って出社しなくなるものですよね。

 

その会社が大きくなっていくにつれて後輩は「社長と会ったことがない」という子が増えて行って、
ついに営業不振に、
そして倒産…なんて経験もありました。

 

会社の決まりは時代と共に変えていくべきものです。昔からの決まりの中だけで生きていく事になってしまったら、

仕事を辞めたいと思うのも仕方がない事だと思いますし、

関連記事:会社が倒産したよ

 

 

やりたい事がある人が多い

 

これも仕事を辞めたいという人が仕事が出来る理由だと思うんですよね。仕事を辞めたいと思っている人って、

基本的には、「自分にやりたい事がある」という人である場合が多いわけなんですよね。しかし、周りが普通に就職するから仕方なく、

 

就職するという選択肢を選んでしまったという事でだってあるわけなんです。これって難しい問題で、確かに就職をするという事は、

 

「安定的な収入を得る」という事とイコールの関係だと教えられてきたと思うんですよね。

 

今の親世代は「就職すればその会社に一生勤める」という事が当たり前だった世代ですし、その時代ではそれが可能だったと思うんですよね。

 

しかし、それも今は変わってきているのです。大企業だってリストラをする事が多いわけですし、本質的には安定はしていないのです。

 

仕事を辞めたいと思っている人の中にはやりたい事がある人って多いんですよね。やりたい事があるという事は、

 

やりたい事を仕事にすれば、仕事が出来るという事でもあるのです。だからこそ、私はやりたい事で起業なり、転職なりしてしまっても良いと思うんですよね。

 

そうする事によって、結果的には今よりも高いパフォーマンスが出せるようになると思いますし、たとえ、労働時間が長いとしても、

 

好きな事をやっていれば、精神衛生的には良い状態で仕事が出来ると思うんですよね。仕事を辞めたいと思うのであれば、

 

辞めてしまっても良いのです。

関連記事:転職において、ヘッドハンティングが存在する理由。

 

好きなように生きれば良い

 

いかがでしたか?

 

仕事ができる人ほど、他人が作ったものには疑問を感じるところが出てきやすい、つまり何も考えないで仕事をする、ということが出来ないんですよね。

だからこそ、仕事を辞めたいと思ってしまうのです。

起業してしまった方がいいのかもしれません。

リスクは全部自分で背負わなくてはいけませんが、不満なことは全部自分で決められるわけですから。

 

仕事を辞めたいと思う人は仕事が出来る人なのです。仕事や職場というものをあらゆる視点から達観する事が出来るのです。

これは非常に有用性のあるスキルではありますが、見えてしまうからこそ、

仕事を辞めたいと思ってしまう人が多いのです。

 

見えてしまうからこそ、「なんだこの会社・・・」なんて思ってしまう事があったり、仕事の出来ない上司が目についてしまったり、と働く事自体が難しくなってきてしまうので、

辛い側面もあると思います。

でも、見えてしまう事で仕事を辞めたいと思うのであれば、別にそれでも良いと思うのです。辞めたいと思われる会社側に原因があるのですから。

では今日はこのあたりで。

関連記事:転職時に言える自分の強みとは何だろう?

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。