投資家のお金論

借金はタイムマシーンみたいなものなんだよ。

さて、いよいよこの人は頭がおかしくなったのかな?と思っているみなさま。おはようございます!!まりもでございます!!

さて、私が「借金大王である」ということはブログを読んでいるみなさまであれば、ご存知かと思います。「ああ、あいつ借金まみれなんだ〜うける〜」と思っていただければ大層嬉しく思います。

変顔をしているまりも

ということで私は今月も元気にやっておるわけですが、みんなはどうですか?元気に借金生活を送っていますか?いやぁ、99%の人はね、借金なんて大嫌いだと思っているだろうし、意味がわからないと思っているだろうし、怖いものだと思っているでしょうね。

でもですね????

借金ってのは「タイムマシーン」でもあるのよ?というお知らせです。これね、最初は聞いていても意味がわからないと思うけど、ちょっとまあ落ち着いて読んでいってくださいな。

何でも現金で買おうとする私たち

あなたの好きなものは何ですか?」と聞かれれば、私は「ハンバーグ」と答えるでしょう。でも、みんなは?みんながもしも同じようなことを聞かれたら何と答えるだろうか。

きっとこう……こう……答えるんですよ。

現金

と。おっとっと、何の話だ?って感じですけど……

私たちはとにかく現金が大好き。例えば、私の場合だと「不動産投資」をやっているので周りの人から「投資ってどうすれば良いの?」と聞かれた時には「お金を借りてやるんだけど……」という話をします。

でも、その途端、「いや、俺はちょっと……」みたいな感じになるんですよ。ここで私、実はいつも「はぁぁぁぁぁ……」とテンションダウン&シャットダウンさせていただいております。

なぜかものすごく嫌がるんですよね、借金というものを。現金で買っておいた方が良い。借金というものは危険であって、何の利益もない。それくらいに思っている人がいたりするわけです。

まあね、良いですよ。個人レベルでやっている人が不動産投資の場合は多い。だから、「それは私のポリシーだから」という人に対して、「いやいやいや!!」と重たい扉をこじ開けるようなマネはしない。笑

リアル世界での友達であれば、「いや!!!まじで借金して投資しな!!!」とか言ってもさ、それで何か予期せぬことが起こってしまって借金を返済できなくなったらそれこそ友達としての縁が切れちゃうもんね。それは嫌だから進めない。

でもね、ウェブ上は私の本音を言う場所だから言ってしまえば「借金した方が良いじゃんか」だよね。

一般の人が抵抗なくする借金ってのは主に「住宅ローン」や「カーローン」だよね。この2つであれば、「まあみんなローンで買っているし、借金するのは当然だ」という感じに不思議と飲み込んでくれる。

けど、私からすればそっちの方が怖い。だって、住宅も車も「お金を生まない資産」なんだもん。返済は「自分の労働力のみ」でしょ?そっちの方が怖いですよw

アパートへの投資で借金をしたら、君が働かなくともアパートが稼いでくれる。でも、住宅ローンの場合は君が働かないと誰も返済してくれない。それって結構なリスクじゃんね?

住宅や車はローンで買おうとするのに、純粋な「投資」には現金を払ってしまう。それこそに問題があると思っています。

関連記事:駅前1等地の築古投資用区分マンションを買ってみたから諸々を話すね。

借金は未来のお金の先取り

はい。ここからが本番です。本番です……??

変なことを考えてしまいました。えっと、借金ってのはですね「未来のお金」なんですよ。例えば、年間100万円の貯金をすることができる人だったとしよう。

働いて働いて、頑張って100万円を貯金することができる。今買いたい物件は「地方の3000万円の1棟アパート」です。利回りは15%。これ、「実際に存在する物件」を参考にしています。

3000万円のアパートを購入するためには、現金の場合だとお金が貯まるまでに30年かかるわけ。つまり、あなたが30歳だったら60歳になった時に購入できる。そこから、1年間に「3000万円×0.15=450万円」が入ってくる計算。

70歳になった時に4500万円が単純計算で資産として入ってくることになる。

でも、これだと70歳のおじいちゃんになった時にしかお金が手に入らないわけですよ。でも、どうだろう?30歳の時に3000万円を借りるとどうなる?

30歳で3000万円のお金を銀行から借りる。10年間で返済するとすると利息が1%だと計算して年間に300万円(概算)の返済がある。で、年間に入ってくるお金が450万円。

150万円が年間の利益になり、40歳の時には1500万円の利益が出る。さらに元本も返済。40歳の時で手元に1500万円。

で、そこからは1年間に家賃である450万円がそのまま入ってくる。40歳から70歳までの間に「1億3500万円」が入ってくる。さっきの1500万円を足すと「1億5000万円」になるわけですよ。

借金ってのは未来のお金を手に入れる手段なんですよ。未来のお金を銀行から借りてくれば、「他人のお金」で資産を築くことができる。こんなに良い方法はないですよ……。

ここまでで理解できない人は下の動画あたりを見てもらえるとわかりやすくて良いと思います。

未来のお金を先取りすることで私たちはより早くお金を運用することができるようになる。私たちは最速でお金を手に入れることができるということです。

いやぁ、銀行って素晴らしいよね。借金って最高だよね。

関連記事:築古物件のリスクについて投資家が語っていきます。

お金に対する先入観を変えていこう

私は父親が経営者であり、不動産投資家でした。なので、小さい頃から「お金とは何か?」みたいな教育をめちゃくちゃされてきたわけです。笑

子供の頃は楽しくなかったけど、今となっては有難かったな、と思っています。まあ、もう死んじゃったんだけどさ……

みんなはまだまだ「お金に対する先入観」を持っていると思います。例えば、「無借金経営」という言葉を聞くと、「良い会社だ」と思うでしょ?

でも、そんなこともないのよね。無借金であるということは、レバレッジがきいていないということであって……

もうね……ここらへんの先入観は「金持ち父さん貧乏父さん」あたりの世界的なベストセラーを読んでください。私が説明するよりも本を読んでもらった方が早いです。

私たちは知らないうちに、気がつかないうちにお金に対して先入観を持ってしまっている。特に「借金」というものに対しては悪いイメージがしかないw

借金地獄に陥って自殺した」みたいな感じのニュースばかりやっているからだと思う。でも、借金って大事よ。借金があるということは、未来のお金を使っているということであり、他人の資産を使って自分の資産を積み上げていくということ。

そこらへんの考え方から変えていくと、「生活に必要なお金」くらいは普通にサラリーマンをしている人であれば、投資から得られるはずです。

私の場合、「投資オンラインサロン!!!必ず稼げるぜっ!!うっほ!」みたいなのはやっていないので、私が直接「この物件を買うべきだ!」みたいな指南はしないけど、

借金して、自分の資産を増やしていくのは全然ありだと思うんですよねぇ。特に5年、10年と同じ会社で働いているサラリーマンであれば、ある程度の信用もありますし……。

ドラえもんは日本にいませんが、タイムマシーンはありますよっていうお知らせでした。笑

まあ人にちょって考え方は違うと思いますが、私は「借金ってタイムマシーンだよ」と思っています。ではでは、まりもでした。

関連記事:不動産投資で最も優れた出口戦略は自分で住む事。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。