恋愛と私

ワンオペ育児を客観的な視点で観た感想。

はーい!まりもです!!

どーもどもども。大人になってから公園に行く機会なんてまあなかったけどさ……(あ、あったわ……1人で滑り台に……)

 

懐かしい思い出だ。笑

まあ、基本はさ、やっぱり私も公園には行かないわけですよ。でも、今日ですね、私の従姉妹(アラフォー)が子供と一緒に遊びに来まして、

で、その従姉妹がまあ「ワンオペ」だったりもするんですよね。その時の感想をちょっと書いてみようかな?と。

 

当事者目線の記事はたくさんあるけど、第三者目線って意外となかったからさ。

 

シンプルに「鉄人かよ」と思ったよね

 

いやぁ、これはすごいな、と思った。だってさ、私の従姉妹さ、「4時30分」に起きているらしいんだもんw

あ、従姉妹夫婦は共働きのフルタイムですよ。子供の年齢は1歳くらいだったかな。それくらいの子供がいて、ワンオペ育児。

そして、4時半起床。その時間に起きて、その日1日の食事(朝から夜まで)を作るらしいんですよね。これ、すごすぎませんか……????

この動画を思い出したもんwww

 

シンプルに鉄人だよね。売れっ子お笑い芸人よりも忙しいんじゃないかな?くらいの勢いで毎日生きている感じがしました。笑

 

この日はですね、たまたま従姉妹が遊びに来ていて、一緒に遊んだんですよ。で、その時に従姉妹が「○○(夫)さんは公園に遊びに連れて行ってくれたことが1度もないよ」とw

 

そう言っていたんですよ。まあ私は別に「従姉妹の味方」でも「旦那さんの敵」でもなくて、単純に「第三者」なのだけど、それでも「ああああ、これちょっと大変すぎんなあ」と思っちゃった。

 

だってさ、この日も朝4時に起きて、旦那さんの分の食事とかで夜まで全部手作りして、何なら「パンは手作りでお願いね」と言われ、パンの生地自体を作る工程からやっていて……。

 

で、朝の10時くらいに私のところに来たのだから、こりゃすごいよな。笑

もうアラフォーなのにまあよく頑張る。(ちなみに私は従姉妹たちの中で一番下でございますw)

ワンオペ育児が大変だよ、ってのはまあ知識としては知っていたけど、まさかこんな感じだとは思わなかったというか。笑

すっげええええ……」となった。そもそもさ、会社に行って働くだけでもすごいじゃんか。それだけで病んじゃう人もたくさんいる。

それなのに、プラスで子供、そして「旦那」まで養っているのがすごいと思っちゃった。笑

関連記事:稼ぐ女を結婚相手にしたい、と思う時代になってきたんじゃないかな

 

公園の様子は私の想像と違いました

 

私、まあもう28歳なんで、「キャハハ〜〜〜〜〜」とか言いながら砂団子とか作らないんですよね……。ああ、あの頃楽しかったなあ。

つまり、公園なんかにあまり行かないのよ。だから、従姉妹が「子供と一緒に公園に遊びにいきたい〜」と言ってきた時に想像した公園は……

こんな感じだったんですよ。いやぁ、でも違ったんですよね……自分が「固定観念の塊のおじいちゃん」だと気づかされる光景が広がっていました。

 

実際には……

 

これだったんですよ。いや、女性もいますよ。ママさんもいますよ?でも、男性がめちゃくちゃ多かったんです。

私、自分では「差別のない人間だな」なんて思っていたわけですが、そんなことはない。偏見と先入観と固定観念の塊でございました。笑

今の時代、パパさんがすごく公園には多いんですねぇ。やっぱりね、この光景を見ると、「やっぱり男性に育児に参加する時代だし、男性だからどうこうとか言える時代ではないよなぁ」なんて思ってしまった。

 

で、まあ私は「ちょっと挑戦しよう」なんて思って、従姉妹の赤ちゃんを乗せて、ブランコを漕いでみたんですよ。

そしたらですね……

 

そう。泣いちゃったのよね。笑

まあ、そんなこんなで「男性に適性はあるのか?」というと、ちょっと疑問符がつきますが、でも、まあ公園を見る限り、やっぱり「ワンオペ育児」ってのは選択肢としては厳しいのかな、と思いました。笑

あれは、今の10代、20代の男性に見せたい光景でしたね。ぜひ公園に行ってみて欲しいわ。だって、「えええ?こんなにパパが育児しとるの!?」と思うもん。

関連記事:離婚は悪いことじゃないって伝えたい。両親が2度離婚した娘が語る

 

ワンオペ育児はどこかで破綻すると思う

 

いやぁ、超個人的な感想なんだけどさ、やっぱりワンオペ育児ってもう厳しいと思うんよね。

よくさ、ママさん目線で「もう無理。離婚したいんだけど。」みたいなツイートであったりとか、ブログの記事みたいなのがあるじゃんか???

ワンオペ育児、半年で限界。もう無理です。」みたいな記事とかね、よくあるじゃんか。でも、第三者的なのは意外とないよね?

でね、そんな私、独身まりもがですね、「やっぱりこれは無理だろ……」と思ったくらいですから、世の男性はもっとこう……頑張って育児をするべきだと思うな、と。笑

 

まあもちろんそれぞれの家庭がある。夫がめちゃくちゃ稼いで、主婦として女性が子育てする的な形もある。ただ、フルタイムだったとしたら、やっぱり基本は厳しいと思うなぁ。

朝の4時30分に起きるみたいなブラック企業状態を続けていたら、死ぬぞ。笑

 

そんなことを私は従姉妹に言わず、従姉妹も私と同じで頑固者なので放っておくしかないけど、でも、ちょっと心配になったよね。

世間では、「数字」でしか中々語られない。「世帯年収」がどうとか、「シングルマザーの数」とか。

 

でも、大変なのは「メンタル部分」でもあるんじゃないかな、と思いました。子供の遊びってさ、大人が楽しいわけじゃないし、疲れちゃう部分もあると思うんよね。

 

だからといって、手を抜くわけにも行かなかったりして、「あああああ、もう無理だぁああああ!」となってしまう人がいるのもわかるというか。笑

 

ワンオペ育児について、もう少しメディアが取り上げても良いんじゃないかな、と思いました。ワンオペしている人はYouTubeでも始めてみて、情報発信すれば、「わかります!支えになります〜!」的な人も結構出てくるんじゃないかな、と思う。

 

はい。ワンオペ育児って大変やね。従姉妹も身体を壊さないようにして欲しいな。

ではでは、まりもでした。

関連記事:結婚を付き合って1年でするのはどうなのか問題について。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。