恋愛と私

この人となら不幸になっても良い。そう思えたらずっと一緒にいられるんじゃね?

いやぁ、春夏秋冬。いつでもどんな時でも「結婚」の2文字。

どーも!アラサーのまりもでございます!

みんな元気?結婚しとるか?


あのねぇ、アラサーになるとねぇ、「結婚」の話題がまあ出るわけですよ。「今日何食べたい?」みたいな質問レベルで、よう出る質問なんよね。

でさ、みんなよく言うじゃない?

この人となら幸せになれそうだなと思った」って。まあそうなんだろうよ。幸せな未来が透けて見えたんだろうな。透けて…

なんかこれだけでピンクな雰囲気を感じてしまうのは私が「男子校」だからだろうか。

おっとおっと……。

でもさ、幸せになれる人と一緒になるんじゃなくて、「不幸になっても良い人と一緒にいるのが正しい」と思うんよね。

 

幸せにしてくれる人なんてたくさんいる

 

いやあ、これ残念でドライな話なんですけど、君を幸せにしてくれる人ってのは世の中にまあたくさんいるわけですよ。

年収が高ければやっぱり良い暮らしができるわけであってさ、「フェラーリを買える男」なんて世の中にいっぱいいるしさ、「優しい男」なんてのはめっちゃいるわけよ。

浮気しない男だって……おっと……希少種だけどいるべ。笑

まあ1番わかりやすいのは「お金」ですよね。1000万円の年収がある人と結婚したら、まあ割と幸せな結婚生活になるんじゃないかな?と思うのよ。

1000万円あったらそうだな。まあ手取りでいったら月に60万円くらいかしら。そしたら、まあ月に1回くらいは普通に高いレストランとかでも食事することができると思うしさ。

ミシュラン3つ星巡りしましょ」みたいなこともできるかもしれん。

そしたらさ、みんなが奥さんだったら嬉しくないですか?周りからしても、自分からしても「幸せ」だよね。

 

年収1000万円の人なんていないじゃんというご批判が来るかもしれませぬ。でも、待て待てと。

日本の男性の7%くらいは年収1000万円なわけですよ。そう考えると、まあ探せば普通にいるのよ。「私は田舎から離れたくないわ〜」という希望があったりしたら厳しいかもしれないけど、特に東京で勤めるサラリーマンの年収は高いから、

そこを狙っていけば、「玉の輿」的なことも夢じゃない。だからね、結婚する時に「この人だけが私を幸せにしてくれるのよっ!オホホ♡」とかって思うかもしれんけど、それは夢の中の話であって、実際には違う。

実際には、「結構いるべ」という。笑

関連記事:結婚を諦める年齢なんてないと思う。

 

不幸になっても良い人はそうはいない

 

君を幸せにしてくれる人はたーくさんいるのよな。いやあ、なんか「奇跡の出会い」と思っているかもしれないけど、実は多いのよ。

でもさ、「この人とだったら、別に不幸になっても良いや」と思える人ってのは実は少なかったりする。

 

結婚してからずっと幸せだったらそれは良いことだと思うよ。けど、そういう場合だけじゃない。例えば、うちの家庭なんて悲惨なもんで、私が生まれた頃のうちの家庭はまあ貧乏でした。

 

父親が起業したてで、銀行からの返済も多くて本当に大変そうでした。子供時代とかさ、親と遊びたいじゃん?

でも、私が母親に「あそぼーよー」と言っても、「今は猫の手も借りたいくらいだよ!!!」と怒られた。悲しい〜。笑

まあ今はうちに猫がいるんですけどねw(画質悪くてすまそ。拾ったやつじゃないよw)

実際、父は早くに死んでしまったりとか、まあ母親は父親関連で割と苦労している人間なんですよね。「ある時期」に区切ってみると、「不幸な状態」にあったわけですw

 

だからさ、結婚してから「ずっと幸せである」とは限らないのですよ。そうなってきた時に大事なのが「不幸になっても一緒にいたいの?」という点だよね。

幸せな時なんて誰とでもいられると思うんよ。自分のメンタル的にも良いだろうし。相手に対する不満とかもまあ少ないだろうね。

 

でも、不幸な時ってのはもう何でもかんでも相手のせいにしたくなっちゃうし、不満たらたらになるものなんだよね。

そんな時に、「まあこの人とだったら不幸だけど、一緒にいたいな」と思えたら、ずっと一緒にいられると思うのよ。

 

みんな「プラス」ばかりを見て相手を選ぶ。けど、結婚に関してはさ、「マイナスをどう処理できるのか?」って部分が意外と重要じゃないかな?と思う。

関連記事:上司に仕返ししてから退職しよう、なんて馬鹿なことは考えるな。

 

人生は良いことばかりではないのだ

 

すごいネガティブな見出しになっちゃって、なんか自分で書いていても、「オエオエ!」って感じがするけど、仕方ないw

だって、そうなんだもん。人生は良いことばかりじゃないんだもん。

 

特に私のちいとやなんて、まあ負の遺産をめちゃくちゃ残して死んでいったタイプの人間ですからね。借金が辛いと思う時には「どうにでもなれ」という気持ちが大切。でも書いたけど、借金だって置き土産として置いて行ったしさw

うん。まあクレイジーでファンキーな父親だったわけよ。私の母親も随分と苦労したろうね。労ってあげないと。笑

 

人生ってのは、本当に酸いも甘いも味わざるを得ないのよね。そんな時に一緒にいられる、不幸になっても許せる人と一緒にいるべきですよ。

 

みんなを「幸せにしてくれる素敵な人」ってのは、その……とても言いにくいことですけど、目の前の人じゃなくてもたくさんいるわけですよ。

もちろん、幸せでいることも大事にしたいけど、不幸も許容できるくらいの人と一緒にいたいよね。

 

そんな人と一緒にいられたら、幸せじゃないかなあ?と思う。幸せだから幸せ。不幸だけど幸せ。

そのどちらの状態でも幸せな相手と一緒にいたら、オールオッケーじゃないのん?と。

 

そう思うわけです。ちょっと下世話でしたね。はい。

まあ良い人と、素敵な人と一緒にいてね。遠くの方から応援しておりまする。

ではでは、まりもでした。

関連記事:職場の既婚男性に惚れても99%不幸になるよ。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)ワーキングホリデービザでウィーン在住(2022年〜)の29歳。中高6年間男子校で生活。海外をふらふらしながらなんだかんだ生きています。応援は「アマゾン欲しいものリスト」からお願いします。