人生に悩む君へ

才能がある人が売れない理由

才能がある人が売れない理由

 

私の周りに才能がある人なのに全然その方面で有名にならない人がたくさんいます。

なぜなのか。

 

名前が売れていかない才能のある人にはある共通点があったんです。

 

マーケティング能力がない

 

才能がある人ってみんなマーケティング能力がない!これに尽きると思うんです。

 

マーケティング能力とは

ビジネスの場において消費者のニーズと欲求を明らかにし、適切な製品開発、価格決定、流通、効果的な販売促進などマーケター(マーケティングの担当者)としての職務を遂行するための基礎的な能力をいいます。

http://www.saga-ed.jp/kenkyu/kenkyu_chousa/h17/syougyou/bisinesskiso/marke-noryoku.htmlより引用

 

才能がある人って要はそのジャンルにおいてオタクな人だと思うんです。

オタクってそのジャンルまっしぐらで他のことが考えられなくなっちゃうんですよね。

 

ビジネスとして考えられない

 

マーケティングとはつまりビジネスを引き合いに出してくることですね。

どうやったら自分の能力が売れるか、お金になるのか、ということがそもそも考えられていない人が多いんです。

 

私の周りには才能がある人がたくさんいます。

演出家、脚本家、俳優、映画を撮る監督、ゲーマー、料理人…

 

でもその人たちって基本的に好きなことでは食べていけないって思っている人がほとんどなんです。

だから趣味でいいから好きなことをしてたい、っていう謙虚な人が多いんです。

 

でも好きなことって簡単に誰よりも努力できることですよね?(:やりたい仕事こそ天職

なんだって仕事にできるはずなんです。

 

好きなことをお金にしていく、という考えが足りないだけなんですよ。

自分の得意なことがどうにかしてお金にならないか?って真剣にたくさん時間をかけて考えたことありますか?

そんなの無理だって最初から思って諦めてしまっていませんか?

 

でも遊戯王カードを転売して生計立てている子もいるし、
ゲーム好きすぎてゲームの実況動画で稼いでいる子もいるし、
旅が好きでその旅を動画にしてDVD販売している人もいます。

 

メディアが発達した今では自己表現ってある種のビジネツツールになるんですよ。

 

宣伝できない

 

マーケティング能力がない中には宣伝する能力がないということも含まれます。

こんなにSNSが発達している世界で全国に向けてアピールできる場があるのにそれができない人が多いんですね。

 

例えば今読んでいただいているこのテトラエトラというメディアもネットでのマーケティングなんです。

どの時間帯が読んでもらいやすいかなぁ?とか
どういうことに興味がある人が多いのかなぁ?とか
たくさん考えて日々更新しています。

そう、毎日更新しています。
めげずに。笑

 

twitterもやってます。

記事更新したら呟くし、編集部の日常も呟いたりします。

くだらないこと言ってる笑

 

お仕事をもらうにはまず自分がどういう人間なのか、ということをわかってもらう必要がありますよね?

それをたくさんの人に知ってもらえたら、同じ方面でのマーケティングを考えている人や、仕事を外注したいと思っている人に気づいてもらえるわけです。

 

そう、才能があっても、その才能に気づいてもらえなかったらそれは宝の持ち腐れ、才能の無駄遣いなんですよ。

 

才能がないと勘違いしている

 

好きなことを一度でもやってみよう!と思ったことのある人は、それがうまく行かなくって「やっぱり自分には才能がないんだ」と思ってしまった経験があるかもしれません。

でもよく考えてください。

それってちゃんとマーケティングできていましたか?

自分の得意を宣伝して、拡散できていましたか?

 

もしそれが出来ていないで「自分には才能がない」と思っていたらそれは間違いです!

才能があるんですよ、みんな。

人の数だけ人の好きなことがあって、好きなことの数だけ仕事が生まれるって私は思っています。

 

好きなことがない、という人はきっとまだ見つかってないだけだし見つける努力をしていないんじゃないかな?

好きなことを見つけるのは難しいかもしれないけれど、嫌いなことから消去していってもいいと思うんですよ。

やりたくないことは、やらない。って。笑

 

好きなことを小さなフィールドでやって失敗したからってそれは才能がないことと同義にはなりません。

もう一度、大きなフィールドでやるためにぜひ、「自分という情報を拡散する」ということをやってみてください。

関連記事:私はずっと、汚い街で育ってきたんじゃない?と思った。

 

マーケティングで大切なこと

 

偉そうなことを言ってきましたが私も全国へ向けたマーケティング、つまりインターネットでのマーケティングは、このメディアをやり始めて学んだことです。

学び始めてまだ4ヶ月も経ってないです。笑

 

でも大切なことはだんだんわかってきました。

 

中でも一番大切だなって思うことは相手が求めるものかどうかということを考えることです。

 

私が日々更新している記事は、ほとんどが友人の恋の悩みだったり、仕事の悩みです。

実際に身近で起きている辛いことに対して、何か解決策はないかな?と考えながら書いています。

 

この記事だって、「なんで売れないんだと思う?」って話を以前友人とした時に思ったことを書いています。

 

身近で起こっていることって結構範囲を広げても起こっていることなんですね。

だからリアルを書いています。

そして辛いな、って思う人たちがもっとハッピーになれたらいいなって思って書いてます。

 

これってなんでも同じだと思うんです。

遊戯王カード売るにしたってそのカードがどのタイミングで一番高く売れるか考えるんですよ。

つまりそのカードがどんな流れでどんなタイミングで人に必要とされるか考えるんです。

 

動画ひとつ作るのだって、その動画を作って誰かに見てほしいから作るんですよね?

そうしたら「どんな動画ならずっと見てたいと思うか」ということを考えて作ればいいんです。

 

自分一人が面白い!と思ってそれを続けていてもそれは自己完結の世界になってしまいます。

関連記事:自分の価値なんてないと思っているから私は生きやすいんです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?
考え方ひとつで、好きなことは必ず仕事にすることができます。

 

才能がないっていうのはまずやめませんか。

才能があってでもやっぱりマーケティング能力がよくわからないって思う人はそれをやってくれるマーケティング方面に強い人に頼んでみてもいいと思うんですよ。

全部一人でやらなくていいんです。(:上手に他人に仕事を任せる方法

 

「明日も仕事、嫌だなぁ」って思う仕事じゃなくて、帰ってからもずーっと仕事のことを考えてしまうような楽しくて仕方がない仕事にみんなが就けたらいいなぁって思っています。

 

では今日はこの辺りで。

関連記事:それでも人生は続くと知ったあの日から情熱だけで生きてきた。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。