仕事の悩み

機嫌が悪い人が職場にいるとすぐに仕事を辞めたくなるよね

職場で一緒に働く人の機嫌の良し悪しに悩まされてるっていう人結構いませんか?

私はそれがもう本当に辛くて、職場に行くたびに「今日はこの人の機嫌はどうだろう…」と顔色をうかがってしまうような日々を過ごしていました。

こういう職場で働くのって本当大変ですよね。

 

機嫌があるのは仕方ない、けど…

 

人間だからね、機嫌があるのは仕方ないことだと思います。

忙しい時、余裕がない時は機嫌が悪くなるのは当たり前だし私だってめちゃくちゃ機嫌が悪くなります笑

でもそれを他人にぶつけるかどうか、っていうのはその人次第ですよね。

イライラするのは仕方ないけど、それを他人にぶつけて解消してはいけないと思うんですよ。だって機嫌が悪いのって伝播するからさ。

 

私も女子なのでわかるけど、特に女性の場合はホルモンバランスの関係もあって、機嫌が悪い時があるのは仕方ないと思います。しんどい時あるよね…

私なんか気象病もあるので天気が悪いだけでしんどいですもん笑

 

でもそういうのって出していいのは本当に親しい相手かな、って思うんです。

辛い時に「辛い」って言える相手がいることは大切なことだと思う。じゃないとどこにも弱音を吐けないから。

 

ただ職場の同僚ってそんなに親しい人ってわけじゃないですよね。

一緒に働く人は一緒に働く上で気持ちよく過ごせるように気を遣う必要があると思うんです。

機嫌があるのはある程度仕方ないって思うけど、それを職場で出すのはやっぱだめでしょ、って思っちゃう。

関連記事:同じ職場の女性からのいじめ。これが一番悩んでる人多いと思う

 

当たられやすい人っている

 

悲しいことだけど、いい人ほど損します。いつもニコニコしている人、怒らない人ほど「当たっても大丈夫」って思われちゃいがちなんですよね。

きっとこの記事を読んでくれている人はそういう人が多いと思う。でも決して、自分が悪いわけではありません。

それは機嫌が悪くて他人にすぐに当たっちゃう人が一番いけないのです。

 

仕事のキャリアが長くなってきて、人から信頼されるようになったり、きちんとスキルがついてくるときっと下手に当たられることもなくなるとは思うんだけど、

新人だったり、いつもニコニコ優しい、みたいなタイプな人はどうしても当たられやすくなっちゃうんだよね。

 

それでも自分が機嫌を悪くして他の人に当たってしまったら、同じ人種になってしまうからね。

自分は自分のスタイルを貫くっていうことを大切にして欲しいと思います。

関連記事:いい人って損する。

 

人の機嫌に影響されやすいHSP

 

ハイリー・センシティブ・パーソンの略で、人よりもいろいろなことを敏感に感じ取りやすい気質であるHSPというものがあります。

ハイリー・センシティブ・パーソン(英: Highly sensitive person, HSP)とは、高度な感覚処理感受性を、気質(生得的な特性)として持つとされる人のこと

ウィキペディアより

「視覚や聴覚などの感覚が敏感で、非常に感受性が豊かといった特徴を生得的に持っている人」と言われているHSP。

日本人の場合、約5人に1人が持っている気質だと言われているんですが、これ私も当てはまると思ってるんですよね。

具体的に言うと、以下のような項目が多く当てはまる人がHSPだと言われています。

  • 大きな音や雑然とした光景などの強い刺激が不快
  • 忙しい日々が続くと暗い部屋やベッドなどプライバシーが守られる場所に逃げたくなる
  • 目の前で人が怒られていると自分が怒られているわけじゃないのに辛い気持ちになる
  • 人の気分に左右されやすい
  • 短時間にやらなければならないことが多いと気が動転する
  • 音楽や美術といった芸術に深く感動する

などなど。

こういう気質がある人は職場に機嫌が悪い人がいると疲れちゃうと思います。

だって怒られてる人を見るだけで辛い気持ちになるわけだし、私の場合は辛そうに働いてる人を見てるのも辛いですね。

機嫌が悪い人がいたらもちろん自分もマイナスな影響を受けます。

 

HSPとか言っちゃうとあんだか病気みたいだけどさ、要は感受性が豊かってことなのよね。

少なからず周りの人に影響を受けながら人間は生活しているわけだけど、やっぱり周りの人が良い人なら自分も良い影響受けるし、周りの人が嫌な人なら自分も嫌な人の方に転んでいっちゃうところがあると思います。

 

だから毎日通う場所に、自分が嫌だなと思う人がいるとものすごく辛くなっちゃうと思う。

関連記事:職場に変な人がいたら疲れるのよね。

 

私は人と働かなくて済む働き方を模索した

 

結果、私は人と働くのがしんどすぎて人と働かなくても済む働き方を模索しました。

自分が職場の環境に適応していく、っていうのが普通はやらなきゃいけないことなんだろうけど、自分はどうしても自分を変えることはできなかったし、

そういう環境のまま働き続けたら鬱になるな、って思ったんです。

だからブログを書いて、一人でも働けるような働き方をしています。

会社員に比べると保証も少ないし、不安定な部分もあるけど、それでも職場の機嫌が悪い人に心を不安定にさせられるよりは全然今の方が気持ちが安定しているんですよね笑

今の働き方に悩んでいる人は、職場の合う合わないよりも、根本的に「働き方が自分に合っているかどうか」ということを改めて考え直してみるのも良いのではないでしょうか。

関連記事:仕事をそこまで頑張りたくないって気持ち、わかるな。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。