人生に悩む君へ

努力ができない!だって好きじゃないことはやりたくないよ。

なんか何やっても続かないなぁ、とか

人よりも努力できないなぁ、とか

そうやって自分のダメな部分ばかりに悩んでる人いると思うんですよ。

私も特に学生の頃は「努力なんてだいっきらーい」って思ってました笑

 

でも努力ができないのって、好きじゃないからだと思うんですよ。

好きなことって気づいたらやってるものだから。

やりたくないと思ってるものをやれないのは当たり前なんじゃないの?って私は思うわけです。

 

好きなことは気づいたら努力してる

 

このブログとかもそうなんですけどね、もう5年くらいだっけな?毎日更新が続いています。

誰かにやれって言われたわけじゃなくて、好きだからやってることです。

 

多分他人から見ると「毎日更新して偉い」とか「努力してる」って見えるんだと思う。

でも自分的には「書きたいから書いてる」ただそれだけなんですよね。

ブログを書くことでストレス発散してる部分もあります。こんなこと悩んでる、こう思う、って気持ちをブログに綴ることによって自分の頭の中が整理できるし、嫌なことを吐き出せるんですよ。

それでその記事を誰かが読んでくれて「自分も同じ気持ちだ、同じように悩んでる人がいるんだ」って思ってもらえたら嬉しいよね。

今はSNSとかもあるから、たまにそういう感想とかを頂けて、やっていてよかったなとものすごく嬉しく感じる時があります。

 

こんな感じで、他人から見ると努力に見えることも、本人からすると好きでやってることだから努力とは思ってないことがあります。

好きなことだと「努力」って言葉とは結び付けられないこともあるかもしれない。

例えばゲームを毎日何時間もやってることは努力とは言わないかもしれない。

でもそれを毎日配信してたら?プロゲーマーとして活躍する人だったら?

毎日ゲームしてることも立派な努力に見えますよね。

要は捉え方なんですよ。

 

努力してる、って本人が思わなくても自然と手が伸びてしまうことこそが、自分が一番努力できることなんだと思う。

関連記事:楽して稼げる!と言う人は努力を努力だと思わないだけ。それだけの話

 

やりたくないことは本当にやらなきゃいけないのか?

 

なぜかやりたくないことでも我慢してやる人がえらい、それが努力と言われるもの、と思ってる節があるような気がするんですが、

もっと根本的に考えてみて、「それって本当にやる意味あるのかな?」なんて思うようになりました。

例えば受験勉強の時すごくこれは思ってたことで、なんで将来役立つかもわからない勉強をしてランク付けされなきゃいけないんだろう、って思ってなかなか勉強に身が入らなかったんですよね笑

受験勉強に関しては、結局その時はわからなかったけど、それなりに良い学校に行くことによって、素敵な人たちと巡り会える機会が増えたり、まだまだ学歴社会である日本で、学歴だけで信頼してもらえる部分があることを考えると、これはやってよかった努力だなと、今は思うことができます。

そうやって納得のできる「やりたくない努力」ならいいんだけど、中には納得のできないやらなきゃいけない努力もある気がするんですよね。

 

「嫌いな仕事でもとりあえず3年は我慢してみるべき」「置かれた場所で咲きなさい」とか、ここら辺に対して私は疑問を感じます。

自分の持っているスキルが、あるところでは全然重宝されないし、そのコミュニティに置いてはハズレの扱いを受けるけれど、

別のコミュニティに行ったらものすごく重宝がられて、神様扱いになる、なんてことがあると思ってるんですよ。

だってそのコミュニティで必要とされるものってコミュニティによって違うじゃないですか。

 

その会社でしかCMSのエキスパートは、その会社ではすごく重宝されるし褒めそやされるだろうけど、

所詮その会社でしか使わないものなので、他の会社に行ったらまたゼロから学び直さなきゃいけません。

 

それと同じだと思うんですよね。

だから「世間一般では良しとされる努力」も本当に必要なものではない、ってこともあると思うんです。

辛い時はさっさと転職したらいいし、置かれた場所が自分に全く合ってない、自分の才能を活かせる場所じゃないってことは往々にしてあるんですよ。

「置かれた場所で咲きなさい」って言葉の「臨機応変って大事よ」っていうメッセージはわかるんですけどね、これが必ずしも全てのケースで正しいとは思わないわけ。

やらなくていい努力もある。だから努力ができないって嘆くのは、むしろ間違ってる。

自分がやりたくなくて、さらにやらなくていい努力の場合もあるんじゃないかな、と思うんです。

関連記事:仕事をそこまで頑張りたくないって気持ち、わかるな。

 

努力って思わずにできるものが自分の勝てるもの

 

他人から見ると努力に見えるけど、自分にとっては努力とは思わない、ただただ楽しくって続けられるもの。

そういうものがきっと自分にとって武器になるもので、他人よりも簡単に自分が勝っていけるものなんじゃないかなって私は思います。

 

だからね、「努力できない」って感じるものに関しては根本的に好きじゃないんだと思う。

本当に好きでやりたいことだったら「努力できない」とか思わないもん。

もしかしたら「好きになろうと努力しているもの」なのかもしれないよね。

 

受験勉強みたいに、確かに嫌々ながらも努力したほうがいいものもあるかもしれない。

でもやらなくていい努力もあるんじゃないかなと思うので、なぜか最初っから何も考えずに「これはやるべきこと」って思っちゃってるものは、「いやまてよ?本当にこれはやらなきゃいけない努力なのか?」って一度考えてみるのもいいかもしれません。

関連記事:社会人で「なんのために生きてるのか」って思っちゃう人は多い気がする

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。