人生

3という数字が好きな日本人

3という数字がとても好きなのが日本人というのをご存知ですか?

何事も3年はやってみないとわからない。でもそれって本当なんでしょうか?私はそうは思いませんでした。

 

3年は仕事を続けなさい

 

 

これはよくきくやつですよね。

 

どんなにあわないと思っても3年は頑張りなさいってやつ。確かに3年いたことによって次の就職に有利に働くといったことはあるかもしれません。

 

でも3年って人間が生きる事の出来る時間を考えると凄く長いとおもいませんか?

少なくとも私は思います。

 

新人のときって何事もわかりませんよね?仕事が楽しいかどうかも実際には最初のころはわかりません。

 

でもあまりに3年という時間は長いです。そもそも3年もたてば自分のやってる事を認めようと思いますよ誰でも。

人間は自分のやっていることが間違っているとはあまり思いたくないもの。だってそうじゃないですか?

自分がやっていることやっていくことが何も価値のないモノだと思いながら生きていくことほど辛いことってないですから。

 

だから自然と「これは自分のやりたかったことだったんだ!」って思おうとしてくるんです。それに必要な時間が3年という時間なんでしょう。

関連記事:営業の仕事が嫌いな理由って何?

 

 

3回だけはいってみる

 

 

例えば趣味でもサークルでもそうですけど1回目からやめるひとってなかなかいません。

 

でも3回いった時点でやめるひとってやっぱり多いんですよ。

 

1回目ではまだ初回だからと思ってそこまで多くを期待しません。そんでもって2回目になると「ん?やっぱり楽しくないぞ?」ってなるわけです。

 

3回目の頃には「本当にあってないんだな!」ってわかるわけです。人間が本質を見極めるには少しの時間がやはり必要ということですね。

 

でもこの3回ですら必要なのか?って私には思えてしまいます。

人生は思っているよりもずっと短いです。自分のやりたいことってものは実は自分のなかではきちんと固まっているもの。

やりたいことをやっているときは楽しいしやりたくないことをやっているときはなんか憂鬱な気分になる。これって実は当たり前のことなんですよね。

 

 

だから3回も無駄な時間を過ごそうと思っているひとは自分の心を信じて早く決断してすれば良いと思います。

関連記事:これから仕事がどんどんなくなる中でどう生きるのか

 

 

仏の顔も3度まで

 

もはや仏ですら3度は待つわけですよね。3という数字まで我慢する日本人のルーツというのは実はこの言葉からきているような気がしてなりません。

 

例えば新人で仕事がよくわからずに既に教わった事を3度きいてみてください!きっとその上司は怒るでしょう。不思議なほどに日本人は3という数字が好きなんです。

 

例えば皆さんが テレビショッピングで買いたいものがあって電話をするとしましょう。

そこで3回も名前を聴き間違えられたら「イラっ」っときますよね。

 

なぜだかわかりませんが、日本人の脳は3回がなんでも限度になってくるみたいです、面白いですよね。

というわけで今回は3という数字について書いてみました。

関連記事:転職を決断する時に考えるべきこと

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。