コラム

ボランティアって案外大変なんです。

ボランティアって基本的に自分を認めてほしいとか必要とされていると感じたいからやっていると思われていることって多いのではないかと思います。

 

そして、そういう側面って確かにあります。私自身もボランティア団体に所属していたことがあるのでわかるのですが、かなり自己中心的なボランティアだなーって思っていました。

 

結局恋愛するためにはいっているひとばっかなのかな?とかも思いました。

でも実際結構大変なんです。

 

ボランティアの現場って何が起こるかわからない

 

障害を持った方のお手伝いをしたことがあるんですが、想像よりも大変でした。それは障害を持った方になにが起こるか?ということがまったくわからないからです。

 

マニュアルみたいなものって当然あるんですけど、それが通じないことだってたくさんありました。だから世の中で思われている以上に実は大変なんです。

 

その状況のもとで自分がどう動くのか?そしてそのほかのひとたちをどう動かせば良いのか?って普通に考えてもわかると思いますがとっても難しいです。

 

でも、世間では偽善者だとか色んな事言われていますよね!確かにそういう側面を凄く感じるのはあるのですが、一度くらいはやってみると良いと思います。

お金で動いていないひとたちと何かをやるってことは想像以上に難しいです。

 

ボランティアって結局無責任なひともいるから辛い

 

お金をもらってなくてやってるということは基本的に

「やってあげている」

という意識がでてきてしまうということとイコールなんですよ。そうするとどうしても無責任になってしまうんです。

 

明確な上下関係みたいなものもないですしね。そうなってくると突然こないひととかもいますし、上から目線になってしまうひともいます。

 

でも、全員が相互に補完しあってひとつのボランティアイベントでもなんでも成立するのでそこでうまくやっていくということはある意味もう仕事をする以上に大変ですね。

 

会社であれば明確な上下関係のもとで強制力のなかでやりますからねみんな。

普段だったら

 

「上下関係とか….」って思ってしまうタイプなんですけど、それが有効に働いてくるケースというのもまた存在することを理解していなければならないでしょう。

 

ボランティアはお金が好きな人程やるべき!

 

お金をだしたりすることってお金さえあれば意外と簡単なんですよ。チケット代金とかとってそのなかから多少でもお金を払う事によってある種の契約が生じます。

 

そして、労働者はその契約に基づいて働きますからね。

 

だからこそ、お金に重きを置いているひとにこそボランティアってやってみて欲しいと思います。

ボランティアという完全無料の世界で何を考えるのか?そして自分だったらどうしていくのか?そんなことを考えながら参加すると

起業したい!ってひととかにも充分に役立つ機会なのではないでしょうか。

 

ぜひ、いってみてください!

 

今回はこの辺で

 

 

 

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。