人生に悩む君へ

自分の幸せを自分で定義することができたら、幸せよね。

みんなにとって、幸せな状態って何だろうか。まあ色々あると思うんですよ。家族がちゃんといたり、収入がしっかりとあったり。

どこで幸せを感じるのか?なんてのは人のよって違うと思うから、私が感じる「幸せ」とあなたが感じる「シアワセ」は同じようだけど違う。

そんな幸せをさ、自分で定義することができたら、幸せだよね?と思うんですよね。自分の幸せを自分で定義することは難しいのかもしれないけど、

大事だよ。みんなはどんな時に幸せを感じますか?みんなの心は何で笑う?

 

どこかの幸せにあなたは殺される

 

どこかの幸せにあなたは殺されるわけですよ。例えば、あなたの収入が低かったとしよう。別に普通に生きることができて、病気をしているわけでもないから、幸せ。

でも、周りの人の年収が高い。良いホテルに宿泊していて、良い時計を持っていて、良い車に乗っていて、幸せそうだ、と。

 

で、そんな人をみて、病む。「俺は幸せじゃないんだ」と誤認するわけです。どこかの幸せは「どこか」に保存したままにしておけば別に問題はない。でも、それが「自分との比較」になってしまうと変わってきてしまう。

自分で自分の幸せを決めることができず、他人との相対的な幸せを考えるようになると、一気に話は変わってくるのです。

 

自分の幸せを自分で定義することのできる人は強い。一方で、「誰かとの比較」の中でしか自分の幸せを定義することができない人は幸せを感じにくいということです。

どれだけお金があっても、どれだけ時間があっても、結局は自分の幸せの「」みたいなものがゆらゆらと動いてしまっていると、幸せにはなれないのですよ。

 

お金がない人は「お金があれば幸せになれるに違いない」と思うし、好きな仕事につけていない人は「あの仕事をしていれば、俺は幸せだったかもしれない」と思う。

でも、本当にそうかな?

自分の幸せを他人と比較している時点で、もうそれは「不幸」の片足を突っ込んでしまっているようなものです。

どこかの誰かの幸せに殺されてしまう。

関連記事:考えが甘いと言われる人生は幸せよ?

 

自分の幸せを自分で決めることができたら良い

 

別にさ、お金なんてなくても、良い仕事についていなくても、綺麗な家なんてなくても幸せそうな人ってたくさんいるわけですよ。

で、その人たちはなんで幸せなの?っていうと、その人たちなりの「幸せ」というものがあるからです。

例えばね、超くだらないんですけど、私の場合は「アイスカフェラテ」があれば、もう何でも良いわけですよ。笑

食事なんて別にそこまで何もとらなくても、カフェラテだけあれば、割と幸福度は高いです。もう、友達に嫌われていても、仕事で失敗しても、ファミマでアイスカフェラテを飲めばだいたい忘れます。笑

 

だから、まあ私もだいたい幸せよ。

自分の幸せを自分で決めることができない人は「どうすれば幸せになれるのだろうか?これかな?これかな?」とずっと模索するわけですよ。

高い時計を買ってみたり、高い家に住んでみたり。でも、高いものを買ってもまだまだ上がいて別に楽しくもない。

 

世間的には「幸せ者」なはずなのに、どこか寂しくなってきて、虚しくなってきて……。

だからね、結局は自分の幸せの定義なんてものは自分で決めるべきなのですよ。「私はこれがあれば幸せだ〜!」と思えるものがあれば、その人は結構幸せな人生を歩いていけると思うんだよなあ。

 

別に何でも良いんですよ。やよい軒で1人で飲むのが好きならそれでも良いし、幸せの定義なんて人それぞれあると思うから。

でも、自分なりに「これがあれば幸せだな」と思えるものがはっきりしていると、割と人生って楽しくやっていけるような気がするんですよね。

自分の幸せくらいさ、自分で理解しておいて欲しい。「こうすれば私の幸福度は高まるよ」という幸福論でも聞かせてよね、と思う。

関連記事:無駄なことをする時間が好きなんだ的な幸福論。

 

極論、生きているだけでも幸せかもしれないな

 

私、思ったんですけど、極論を言ってしまえば「生きているだけで幸せ」だと思うんですよ。私の場合は、ですけどね。笑

夜の22時くらいに家に帰ってくる。で、そこから24時を超えて、深夜の1時とか2時とかまで起きちゃう。

深夜のコンビニに行ってアイスの1つでも買ってきて食べる。何ならちょっと散歩でもしちゃって夜を楽しむ。「この時間には誰もいないなあ」なんて小声で呟きながら街を歩く。

それだけでもね、私は幸せなような気がするよ。生きていて、地球を感じることができて、お金はなくても、良い職業じゃなくて、何かこう、酸素を吸えて楽しく過ごしている。

 

それだけでもうね、私の幸せ満腹中枢は満たされるような気がしました。

みんなにとってはどんなことが幸せでしょうか。みんなにとってはどんな状態が幸せでしょう?旅を年に何回もできている状態?それとも仕事が楽しい状況?

幸せって人それぞれ違うけれど、自分なりに「何かしらの基準」があったら、それだけで幸せじゃないですか。

 

私はね、借金やら何やら色々あった時に「どーせもうすぐ死ぬんだろうな」とか「もう普通の生活なんてできないんだろうな」と思っていたから、今は何でも幸せです。

不幸せになることなんてもうないと思う。そう断言できちゃうくらい、私の幸せは私にとってだけ明確なのだと思う。

幸せの基準くらいね、自分で決めなよ、ってことです。そうじゃないと、どれだけ稼いでも、どれだけ素敵な人に出会っても、幸せを感じないんじゃない?

関連記事:「普通の幸せ」が何だかんだいって超幸せだったりもするよ

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。